クレジットカード選びのしおり

クレジットカード選びの情報

クレジットカードが突然使えなくなった場合の考えられる原因と対処法は?

最終更新日:

買い物やオンライン決済などでクレジットカードを使おうと思ったら何故か突然使えなくなっていた。と言うような状況はとても焦ると思います。さまざまな原因でクレジットカードが突然使えなくなるという事はありますが、その考えられる原因とそれぞれの対処法について紹介したいと思います。

スポンサードリンク

利用枠(限度額)を超えている

クレジットカードには利用枠(限度額)があります。この枠を超える金額の決済はできません。

例えば20万円の利用枠のクレジットカードで、25万円の商品を購入しようとしても5万円枠が足りませんので決済する事はできません。では、分割払いにすれば一回の支払いが利用枠を超えないから大丈夫?という訳でもありません。そもそも商品代金が利用枠を上回る場合には分割払いでも決済はできません。

先程の例なら20万円の利用枠で25万円の商品の分割払いは利用できません。25万円の利用枠のクレジットカードなら分割払いでもリボ払いでも決済できます。

また、利用枠といっても、ショッピング一回払いの枠、分割払いやリボ払いなどそれぞれの支払方法によっても枠が決まっています。ショッピング一回払いの枠と分割払いやリボ払いの枠が同じで無い場合もありますので注意が必要です。

※ 利用枠はカード会社によっては利用可能枠といった表記の場合があります。

利用枠(限度額)を超えている場合の対処法

  • 利用枠の引き上げをする

利用枠(限度額)が足りずに決済ができない場合の対処法としては、クレジットカードの利用枠を引き上げる(増枠)を申込み枠自体を増やすという方法があります。この方法には、「一時的引き上げ」と「継続的引き上げ」の2パターンがあります。

一時的増枠 海外旅行や結婚式、引越しなど短期間に利用枠が足りない場合
継続的増枠 普段から利用枠が足りない場合

一般的に一時的引き上げ(増枠)は、ショッピング一回払いのみが対象となり、継続的引き上げはショッピング一回払いと分割払いやリボ払いも引き上げになり、それぞれの設定はクレジットカード会社側が決める仕組みになっています。

利用可能額が足りない

利用可能額が足りない場合もクレジットカードは使えません。クレジットカードで現時点で決済できる金額は利用枠ではなく利用可能額です。この利用可能額が商品代金に足りていないとクレジットカードでの決済ができません。

利用可能額=利用可能枠-利用残高で計算されます。利用残高とは支払日までに支払っていないカード利用代金で未払分となります。利用枠からこの未払い分を引いた額が今現在使える額となっています。

利用枠は毎月利用できる金額を表している訳ではありません。あくまでもそのカードで決済できる上限であり、実際に現時点で支払いに使える金額は利用可能額です。その利用可能額は支払日に支払った額だけ回復する仕組みになっています。

分割払いやリボ払いを利用している場合は注意が必要で、毎月の支払日に支払った額だけしか回復しません。分割払いの額が次の支払日に全額一気に回復する訳ではありません。

利用可能額が足りない場合の対処法

  • 支払日まで利用可能額が回復するのを待つ
  • 臨時で支払いをして利用可能額を回復させる(繰り上げ返済)

利用可能額が足りない場合、基本的には上記2つの方法があります。一つ目は次の支払日までまって利用可能額が回復するのを待つという方法です。もう一つは、支払日までに臨時で支払をして利用可能額を回復させる方法です。

一般的にクレジットカード会社では、臨時での支払いにも対応している場合があり、臨時支払いの申込みをして指定口座への振込やATMでの振込といった方法で支払日以外に支払ができます。リボ払いなどを利用している場合にお金に余裕がある時などに繰り上げ返済が利用されます。もちろん一回払いの支払いもできます。

※ クレジットカード会社によって方法が異なる場合があるので事前に各カード会社のHPで確認が必要です。

臨時で支払をした場合、支払いが完了した時点で利用可能額が回復する仕組みになっていますので、次の支払日まで待てないという方はこの方法がおすすめです。

尚、現在の利用可能額などの利用状況は各クレジットカード会社のオンライン会員サービスにログインして利用可能額が確認できるようになっています。

スポンサードリンク

暗証番号の入力を複数回間違えた

現在のICチップ搭載のクレジットカードは、カード利用時に暗証番号の入力を求められる場合があります。特にヨーロッパなど海外では本人確認の為にサインでは無くカード会員本人しか知りえない暗証番号の入力を求められます。

ICチップは過去の暗証番号の入力間違いを記録しており、一定回数間違えるとICチップにブロックがかかり、その決済機能が使えなくなります。

暗証暗号の入力を複数回間違えブロックがかかった場合の対処法

  • 店頭ならサインでの決済にしてもらう
  • カード会社へ新しいカードを再発行してもらう

まずクレジットカードはサインでも決済が可能ですので、店頭であればサインでの決済へ切り替えをしてもらえばOKです。

※ 実際に署名したサインと、カード裏面の署名欄のサインが異なれば決済はできず不正使用を疑われますので注意が必要です。

後はクレジットカード会社へ連絡をして、暗証番号の誤入力によりICチップにロックがかかった旨と伝え新しいカードを再発行してもらう形になります。おおよそ1~2週間程度で新しいカードが送られてきます。

一般的には店頭のICカード対応の端末に暗証番号はロックがかかる前にあと1回誤入力するとロックがかかると表示されます。その場合は暗証番号の入力をせずに、クレジットカード会社へ暗証番号を忘れた際の手続きをして正確な暗証番号を把握してから利用する方が良いです。

カードの有効期限が切れている

クレジットカードには有効期限が決まっています。その有効期限を過ぎるとカードは使えなくなります。

とは言っても一般的にクレジットカードの有効期限が近づくと、新しい有効期限のカードが送られてきて古いカードは処分するので実店舗での決済で間違える事はまず無いと思います。

一方、ネットショッピングなどでクレジットカード情報を登録している場合、クレジットカード情報を変更・更新し忘れて決済できないという事がありますので注意が必要です。

有効期限が切れている場合の対処法

新しい有効期限のカードが届いたら、旧カードの処分についても記載されていると思いますのでその通りに確実に処分し、古いカードを間違えて出さないようにしなければなりません。また、ネットショッピングでカード情報を登録している場合には新しいカード情報に更新する必要があります。

支払遅延等が原因でカード利用停止とされている

クレジットカードで決済した利用代金の支払に遅延が発生した場合、遅延が解消するまでカード利用停止措置が取られます。

但し、一般的に支払日に遅れてもすぐに利用停止となるとは限りません。きちっと連絡をし理由の説明やいつまでに支払うかの話ができていれば利用停止とならない場合もあります。

何度も支払遅延をしたり次の支払日でも遅延を起こした場合などは即カード利用停止となる可能性があり、遅延が解消すれば再び利用できるようになるかも知れませんが最悪の場合はそのまま強制解約となる場合もあります。

支払遅延等が原因でカード利用停止となった場合の対処法

  • 早期に遅延分の支払いを行う

とにかく速やかにクレジットカード会社へ連絡をして、遅延の原因の説明といつまでに支払うかの話をしなければなりません。カード会社によっては郵送等の通知があるとは思いますが、何れにしても早めの連絡をして支払う事が大切です。支払遅延は信用情報にも影響する可能性がありますので支払日には送れないように十分注意が必要です。

尚、一般的に支払いが確認できた時点でカード利用停止措置は解除されて再び利用できるようになります。

スポンサードリンク

カード会社に不審な取引と判断された場合

クレジットカード会社は不正使用防止の為に24時間検知システムによって取引をチェックし不正使用が無いか確認しています。もし、過去の不正使用のパターンに該当したり、現金化の疑いがある場合など決済を通しても否認され決済できなくなることがあります。

例えば、普段あまり利用していないのにいきなり高額決済をした場合や、いつも使っている地域と全く離れた場所で利用があった場合、いきなり商品券など金券を大量に購入したなどさまざまな要因で自動的に監視や判定が行われています。

カード会社のシステムにより決済できなかった場合

不正使用検知システムによってお店で決済しようとしても決済できなかった場合、一般的にクレジットカード会社から不正使用防止の観点から利用確認の連絡があります。また、連絡がない場合はこちらからクレジットカード裏面に記載されている電話番号へ連絡をし、決済できない旨を伝え決済できるようにしてもらえます。

海外旅行の前には事前に連絡をした方が良い

海外旅行でクレジットカード決済を利用する場合には、事前にクレジットカード会社へ連絡をして旅行期間などを伝えておくと良いです。何も連絡せずに海外旅行時に決済すると検知システムが不正使用と判断しロックをかける場合があります。

事前に連絡をしておくとこれを回避する事ができます。(完全に回避されるわけでは無く、やはり不審な取引パターンに該当した場合は利用が止まる可能性もあります)

※ いずれの場合にしても不正使用の検知システムが完璧という訳ではありません。

自分でカードを止めているのを忘れている場合

クレジットカードの紛失や盗難、不正使用の疑いがあり自分でカード会社へ連絡をしてクレジットカードを停止し、それを解除する事を忘れていると利用できません。

とは言ってもこの場合はカードが見つかったり不正使用では無かった場合だと思います。通常紛失や盗難で見つからなかった場合や不正使用の被害に遭った場合、新しい番号のクレジットカードが発行されます。

自分でカードを止めていた場合の対処法

自分自身でクレジットカードの利用を停止していた場合は、クレジットカード会社に連絡をしてカードの利用再開を伝えれば、カードが使えるようになります。

スポンサードリンク

ICチップや磁気ストライプ部分の不良

クレジットカードには黒い磁気ストライプか、金色のICチップのいずれかが搭載されています。この部分が汚れたり破損、磁気等の影響によってうまく端末で読み取りができず決済できない場合があります。例えば、指などの油分の付着や財布に入れていて汚れたりといった具合です。

※ 最近ではセキュリティの関係上、磁気ストライプからICチップへ順次切り替えられています。

ICチップや磁気ストライプ部分の不良が原因の場合の対処法

ちょっとした汚れであれば乾いたメガネ拭きのようなマイクロファイバーで拭き取れば良いですが、なかなか取れそうに無い汚れであったり、割れていたり傷が入っていたりする場合はクレジットカード会社に連絡をしてICチップや磁気ストライプの不良で使えないと連絡をする必要があります。そして新しいものと交換をしてもらうことで再びクレジットカードが使えるようになります。

決済端末又は決済システムに問題がある場合

ごく稀にお店のカード決済端末が何らかの故障でクレジットカードの決済ができないという事があります。他にもネットショッピングやネット決済では決済システムに不具合が発生している場合やシステムメンテナンス時などに決済ができないという事があります。

決済端末が故障又は決済システムに不具合がある場合の対処法

決済端末が故障でクレジットカードを読み取れない場合、手書き売上票による手書きで決済も可能です。また、ネットショッピングやオンライン決済などでシステム不具合等によって決済できない場合はそれが解決してからの利用となります。

※ 例えばJCBでは加盟店向けにお店の名称や加盟店番号など必要事項を印字した手書きの売上票を20枚1セットで用意しています。

スポンサードリンク

おわりに

いずれにしても、普段から利用しているクレジットカードが突然使えなくなった場合には、クレジットカード会社へ確認してみるのが一番です。カード会社へ連絡することである程度の原因や理由が分かります。原因が分かればそれに応じた対処法も教えてもらえます。

利用枠を超えて使えなかったり、利用可能額が不足していたり店舗等の決済システムに問題がある場合なら単に使えないだけですが、支払遅延や不正使用の疑い、紛失・盗難の場合には注意して速やかに対応しなければなりません。支払遅延は個人信用を低下させますし、不正使用の疑いや紛失・盗難は対応が遅くなると被害が大きくなってしまう可能性があります。

また、最近のICチップ搭載のクレジットカードは暗証番号の入力が必要な場合がありますので、忘れないようにしなければなりません。また、分からない場合は速やかにクレジットカード会社へ連絡をする事が大切で安易に入力しミスを繰り返すとしばらく使えなくなりとても不便になってしまいますので注意が必要です。

スポンサードリンク

- クレジットカードの基礎知識