クレジットカード選びのしおり

クレジットカード選びの情報

クレジットカードの支払口座の残高不足の場合どうなる?その対処法や防ぐ方法、再引落としはある?

最終更新日:

クレジットカードの利用代金は一般的には口座引落ですが、ついうっかり口座残高が不足していてカード利用代金の引落ができなかったなんて経験はありませんか?

しっかりと口座残高を把握していればこういった事は起きませんが、色々と出費がかさんだり、他の引落しがいつもより多く口座残高をしっかり把握しきれていなかったり、毎月の給料とは口座が別といった場合、支払口座の残高不足でカード代金が引落しできないという事が起こります。

カード利用代金が引落口座の残高不足で引き落とせなかった場合にどうなるかや、その対処法、最後に主なクレジットカード会社の再引落としがあるかどうかについてです。

スポンサードリンク

クレジットカード利用代金の引落口座が残高不足だった場合どうなる?

クレジットカードのカード利用代金は支払日に事前に請求のあった額が引落されていきます。しかし、口座残高が請求に1円でも足りていなければ残高不足で引落できないので、支払遅延となってしまいます。口座にある残高をまず引落しされるなんてことはありません。きっちり全額口座になければ引落できません。

残高不足だった場合は以下のような方法で支払う形になります。

  • 再引き落としが実行される
  • カード会社指定の口座へ振込
  • 振込用紙による振込

対応はクレジットカード会社によって異なりますが、とにかくまずは連絡することが大切です。放置しておいても、再引き落としがかかるか、振込用紙が送られて来たりしますが良くはありません。

再度引落される場合もある

クレジットカード会社によっては、金融機関口座によりますが再引き落としが行われる場合があります。大手都市銀行を引落口座にしている場合一定期間毎営業日再引き落としが実行される場合もあります。

但し、金融機関口座によって毎営業日の場合もあれば再引き落とし日が1日だけという場合もありますので注意が必要です。

指定口座への振込

カード会社へ連絡をして指定された口座へ振込をする形で、再引き落としに対応していないクレジットカード会社や期間が過ぎた場合などは指定口座へ振込となります。再引き落としに対応していない場合も結構ありますので、この方法もよく利用されています。

振込用紙による振込

再引落としがさらにできなかった場合などに振込用紙が送られてくる場合もあります。この場合、振込用紙を持って金融機関窓口やコンビニ店頭で支払をすることになります。

ただ、振込用紙は送られてくるまでに時間がかかったり、カード会社から案内と共に送られてくるのでそれでは遅いと思います。それまでに電話をして振込をするなり、なるべく早く支払うようにした方が良いです。

ATMでの支払い

クレディセゾンやエポスカードなど一部クレジットカード会社ではセゾンATM、エポスATMといったATMから入金することができます。

スポンサードリンク

支払口座が残高不足だった場合の対処法

支払口座の残高不足だった場合の対処法を間違えてしまうと大変なことになっていまいます。最悪の場合利用停止や遅延損害金が発生してしまい思わぬ損失を被る可能性があります。

気付いたら速やかにカード会社へ連絡をする

とにかく口座の残高不足に気付いたら、速やかにカード会社へ連絡することが大切です。連絡もせずにカード会社から連絡が来るだろうとか、再度引落されるのでは?なんて放置しているのは良くないです。

支払日の前日でも支払日当日でも気付いたらその時点ですぐに電話をしてどのように支払えば良いのか指示を仰ぐようにしましょう。また、請求額がすぐに用意できない場合にはいつに支払ができるようになるのか伝える事が大切です。

また、完全に失念していてカード会社から引落できなかった案内が届いた場合でも速やかにカード会社へ連絡をしておいた方が良いです。

なるべく早急にカード利用代金を準備し指定の方法で支払うようにする

カード会社への連絡が済んだら速やかにカード利用代金を準備して指定の方法で支払うようにします。カード会社によって指定の方法が異なる場合もありますが、例えば振込用紙で振込む場合は、用紙が届いたらすぐに振込をし、再引落としの場合は引き落とされるタイミングまでに口座へ入金を済ませておく必要があります。これらも怠ってしまうと支払能力を疑われてしまいます。

スポンサードリンク

支払口座の残高不足を防ぐ方法

クレジットカードの利用代金の支払口座の残高不足を防ぐ方法としては忘れないように常に気を付けておくのが大切ですが、防ぐ方法としてはいくつかあります。

  • カード会社のお知らせメールに登録し通知してもらう
  • 毎日チェックするカレンダーや携帯のスケジュール機能の利用

カード会社のお知らせメールに登録してメールで知らせてもらう

クレジットカード会社各社は利用明細が確定するとその旨をメールにて通知してくれるお知らせメール通知配信が提供されている場合が多いです。

クレジットカード会社からは色々なメールや案内が届くから煩わしいと、色々な通知を切っている方もおられるかも知れませんが、こういった便利な通知はオンにしておくことで、支払日に口座残高不足により引落ができないという事を回避することが可能になります。

一般的にこれらのサービスは、WEB会員サービスに登録しWEB明細サービスを利用していると利用明細が確定した時点でメール配信されます。

三井住友カード 請求額確定通知メール
(Vpass及びWEB明細書サービス利用で届く)
ジェーシービー
(JCB)
振替内容確定の案内メール
(MyJCB登録+おしらせメール配信希望で可能)
※ 毎月振替月の前月25日前後
イオンカード 請求額案内メール
(WEB明細に登録した場合)

※ この他にも多くのクレジットカード会社で明細の確定した時点で案内メールが届くサービスがあります。

カレンダーや携帯のスケジュール帳に記録しておく

最近では携帯やスマホをほとんどの方が持っておられるので、その中のスケジュール帳に支払日を登録しておくのも方法です。さらに通知ができるのであれば通知をONにしておくことで忘れないようにすることができます。初めからカレンダーが入っていると思いますが、別の自分の使い勝手の良いカレンダーアプリを入れても良いと思います。

また、カレンダーを目につく所においている場合には、支払日にチェックをしておくことで同じように支払日を忘れないようにすることが可能です。

スポンサードリンク

支払遅延が続くと利用停止などの措置が取られる

クレジットカード会社からの支払に関する連絡などが届いているにも関わらず、請求されているカード利用代金を支払わないでいると利用停止などの措置がとられます。当然ながら個人信用にも影響してきます。

  • クレジットカードの利用停止
  • 遅延損害金の発生
  • 利用枠の減少
  • 信用情報の悪化

クレジットカードの利用停止

一般的には口座残高が不足していて引落できなかってもすぐにカードの利用停止となることは有りませんが、クレジットカード会社によっては早いうちにカードの利用停止措置が取られる場合もあります。

カードが利用停止となると、クレジットカードの機能が利用できなくなり、決済ができなくなってしまいます。

遅延損害金の発生

クレジットカードは支払日に遅れる事なく請求された利用代金を支払わなくてはなりません。これを怠ると債務不履行となり、賠償金を支払う必要があります。それが遅延損害金と言われるものです。

利息のようなものに思えるかも知れませんが、利息は元本利用対価として認められているもので遅延損害金は単なる債務不履行に伴うカード会社への損害を賠償するためのものです。

遅延損害金は、元金×利率÷365日×支払い期日後経過日数で計算されます。

元金は請求されている金額で、利率に関しては一般的には各カード会社の会員規約に記載されている通りですが、14.6%といった数値が記載されています。

利用枠の減少

支払遅延が続くと個人信用が低下し、支払能力が無いのでは?という判断をされてしまいます。クレジットカード会社としては利用した分はきちっと支払ってもらわなければ困りますし、そういう決まりになっています。

もし、支払遅延が続いたり何度か遅れるとクレジットカード会社としても予防措置として現在の利用枠を引き下げて万が一の損害を抑えようとする可能性もあります。

利用枠を下げられる額にもよりますが、極端に利用枠が下がってしまうと今まで継続払いをしていた支払が利用枠の不足によってできなくなってしまう可能性も出てきます。

信用情報の悪化

口座残高不足にすぐに気づき、カード会社へ電話をしてきちっと支払に関して話をし、早急に支払った場合は信用情報にはそれほど影響はありません。しかし、支払遅延が続くと信用情報に影響が出てきます。

クレジットカード会社が加盟する信用情報機関のCICでは支払遅延は毎月の入金状況に記号で登録されたり、61日以上又は2ヶ月以上遅延が発生すると異動情報が登録される仕組みになっています。

入金状況に遅延を示す「A」が多かったり、異動情報が登録されていると新たにクレジットカードやローンが組めなくなったり、分割払いのクレジット契約において審査に通らずできない状況になってしまいます。

スポンサードリンク

主なクレジットカード会社の再引落としについて

主なクレジットカード会社の再引き落としの対応状況などについてですが、再引き落としに対応していたとしても、必ずしも自分の指定口座がその対象とは限りません。必ず自分の金融機関口座が再引き落としに対応しているかどうか各クレジットカード会社へ確認をしてください。HPに記載されている場合もありますし問い合わせが必要な場合もあります。また、再引き落としがある場合は営業日に行われますので、休日など営業日では無い日の場合はズレるので注意が必要です。

振込用紙や案内が送られてくるにしても必ず電話はしておいた方が良いです。

三井住友カードの再引落とし

三井住友カードの場合、支払日によって再引き落としの日程がことなります。三井住友銀行なら基本的に毎営業日再引き落としが実行されます。

三井住友銀行以外を引落口座に設定している場合、支払日が10日なら原則20日が再引き落としの日となり、26日が支払日なら原則翌月5日が再引き落としの日となります。再引き落としの日が指定されている場合はその日までに入金しておかなければ、指定された振込口座へ振込む方法になります。

支払日が10日 三井住友銀行なら月末まで毎営業日再引落とし
それ以外の金融機関は原則20日に再引落としが多い
支払日が26日 三井住友銀行とりそな銀行は翌月15日まで毎営業日再引落とし
それ以外の金融機関は原則翌月5日に再引き落とし

MUFGカード(UFJカード含む)の再引落とし

UFJカードを含むMUFGカードの場合、7金融機関口座が支払日の翌営業日から請求月末日までの間、毎日口座引落がかけられます。また、じぶん銀行の場合は最大で4回まで引落が実行されます。

それ以外の金融機関口座に関しては支払日のみしか引落されませんので、支払日の翌営業日以降は指定された口座へ振込をする必要があります。

三菱UFJ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行
りそな銀行
埼玉りそな銀行
横浜銀行
京都中央信用金庫
支払日の翌営業日から請求月末日までの毎営業日再引き落とし
じぶん銀行 支払日の翌営業日から請求月末日までの間に最大4回再引き落とし

NICOSカードの再引落とし

NICOSカードの場合、以下の対象金融機関の場合、支払日の翌営業日から翌月15日までの毎営業日再引き落としが実施され、それ以外は振込用紙が送られてくる。

対象金融機関 三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、みずほ銀行
足利銀行、熊本銀行、千葉銀行、南都銀行、八十二銀行、百五銀行、肥後銀行、広島銀行、福岡銀行、北海道銀行、北洋銀行、武蔵野銀行、横浜銀行

DCカードの再引き落とし

DCカードの場合以下の対象金融機関の場合、支払日の翌営業日から翌月10日までの毎営業日再引き落としが実施され、それ以外は振込用紙が送られてくる。

対象金融機関 三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、みずほ銀行
青森銀行、池田泉州銀行、伊予銀行、岩手銀行、紀陽銀行、滋賀銀行、親和銀行、富山第一銀行、南都銀行、八十二銀行、百五銀行、広島銀行、福井銀行、北洋銀行、みなと銀行、山形銀行、山口銀行、山梨中央銀行、横浜銀行

ジェーシービー(JCB)の再引き落とし

ジェーシービーの場合、一部都市銀行であれば月末まで毎営業日引落しが実施されます。但し、みずほ銀行は25日が再引き落とし実行日となっています。その他は金融機関によって23、24、25日が再引き落とし日に指定されていたりもします。

設定している金融機関口座によって違っていますので、JCBのサイト等で確認が必要になります。また、JCBの場合国際ブランドがJCBであっても、発行会社元がジェーシービーでは無い場合、再引き落とし日が異なったりもしますので注意が必要です。

三井住友銀行
三菱UFJ銀行
りそな銀行
埼玉りそな銀行
月末まで毎営業日再引き落とし

アメリカン・エキスプレスの再引き落とし

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードの場合は、口座振替金融機関によって数日間再引き落としが行われていますが対象金融機関に関してはカード裏面の番号へ問い合わせが必要です。

ダイナースクラブの再引き落とし

ダイナースクラブの場合、口座振替ができていなかった場合は専用窓口へ連絡が必要。

スポンサードリンク

イオンカードの再引き落とし

イオン銀行を引落口座にしている場合、平日のみ3~5日に再引き落としが行われます。但し、この期間が土・日・祝日の場合は再引き落としが行われず、イオンクレジットサービスから連絡があります。

※ イオン銀行口座なら当日23:59までに口座にあれば引落されます。

イオン銀行以外の場合は、再引き落としが有りません。従ってイオン銀行又はイオンクレジットサービスからの連絡を待つか、暮らしのマネーサイトのMyPageかテレホンアンサーで振込先を確認して振込する必要があります。

クレディセゾン(セゾンカード)の再引き落とし

クレディセゾンでは再引き落としは行われないので、指定口座への振込、セゾンATMでの支払い、コンビニでの支払いを選択して支払う形になります。

エポスカードの再引き落とし

エポスカードでも再引き落としは行われません。指定口座への振込、インターネット入金(ペイジー)での支払い、エポスATMでの支払い、ローソン・ミニストップでの支払いの何れかで支払う形になります。

オリコカードの再引き落とし

オリコカードでは、振替できなかった場合には振込用紙付きの案内が送られてきますのでそちらで支払う形になります。再引き落としは12日に再引き落としがありますが、この時点で遅延損害金、催告手数料が発生してしまいますので注意が必要です。

Yahoo!Japanカード(ワイジェイカード)の再引き落とし

Yahoo!Japanカードの再引き落としは有りません。従って指定口座への振込で支払う必要がありますのでコンタクトセンターへ連絡をして指定振込口座を確認する必要があります。

楽天カードの再引き落とし

楽天カードでは以下の対象金融機関口座であれば再振替サービスが実施されています。振替サービスの対象日に関しては楽天カードのページに記載されています。

対象金融機関 楽天銀行、
三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、みずほ銀行、
北海道銀行、北陸銀行、横浜銀行、千葉銀行、広島銀行、福岡銀行、熊本銀行、親和銀行、常陽銀行、肥後銀行、八十二銀行
ゆうちょ銀行

再引き落とし対象日を過ぎた場合や対象金融機関口座以外の場合は楽天e-naviや専用ダイヤルにて振込先を確認して振込む形になります。

ジャックスカードの再引き落とし

ジャックスカードでは再引き落としはありません。ジャックスカスタマーセンターへ連絡をして指定の振込口座へ振込をするか、支払日翌月上旬に届く振込用紙で金融機関やコンビニで支払う形になります。

dカードの再引き落とし

dカードでは一部金融機関口座で再引き落としが実施されています。

三井住友銀行
三菱UFJ銀行
りそな銀行
埼玉りそな銀行
みずほ銀行
横浜銀行
月末まで毎営業日再引き落とし
ゆうちょ銀行 20日に再引き落とし

これらの金融機関以外では電話をして指定口座へ振込が必要となります。

トヨタTS3カードの再引き落とし

トヨタTS3カードの場合、再引き落としが可能な契約の場合と、振込が必要な場合の2パターンになります。再引き落としが可能な場合は案内が送られてきます。

支払日 案内の発送 再引き落とし日
2日払い 毎月10日前後 毎月17日
17日払い 毎月25日前後 毎月2日

※ 再引き落とし日が土日祝日の場合は翌営業日

指定口座への振込の場合はインフォメーションデスクへ連絡をする必要があります。また、振込用紙の場合、発送は2日払いは毎月6日前後、17日払いは21日前後の発送となります。

スポンサードリンク

- 支払に関する基礎知識