CICの信用情報を開示する方法や料金など

最終更新日:

信用情報機関であるCIC(Credit Information Center)に自分の信用情報の開示請求を行う方法、いくら料金がかかるのかなどを詳しく紹介します。

スポンサードリンク

CICの4つの開示方法と各費用

CICに登録されている自分の信用情報を開示請求する方法は、4つありその中から選択する形になります。料金が安くて住むのは窓口での開示となります。

開示方法 利用可能時間 手数料 支払方法
パソコンで開示 8:00~21:45 1,000円 クレジット決済
スマホで開示 8:00~21:45 1,000円 クレジット決済
郵送で開示 1,000円 定額小為替証書
(ゆうちょ銀行)
窓口で開示 10:00~12:00
13:00~16:00
(月~金)
※ 土日祝・年末年始は休み
500円 現金

※ 電話やメールにていの開示は本人確認が難しくプライバシー保護の観点から開示請求出来ません。

クレジット決済について

パソコン・スマホで開示する場合の支払方法はクレジットカード決済(1回払い)のみとなります。カードは本人名義のもので家族カードは利用出来ません。

定額小為替証書について

定額小為替証書は、ゆうちょ銀行又は郵便局の貯金窓口で、現金を定額小為替証書に一旦変えて送付する支払い方法です。

パソコンでの開示方法

自分のパソコンから開示請求をする方法です。対応OSや対応ブラウザを確認の上、条件を満たしていればこの方法が便利です。

利用できる環境
対応OS Windows 7, Windows 8, Windows 8.1, Windows 10
対応ブラウザ Internet Explorer8、9、10、11、Microsoft Edge

※ 対応OS、対応ブラウザ以外ではエラーが発生します。利用出来ない場合はスマホや郵送、窓口での開示など別の方法で行う必要があります。

  1. CICのサイトにある自分の信用情報を確認の項目でパソコンで開示を選択
  2. 開示の流れを確認し、下部のパソコンでの開示手順へを選択
  3. ご利用前の確認事項を確認し、クレジット契約で利用した電話番号から電話をし受付番号を取得します
  4. 受付番号を取得したら1時間以内にそのページ下部の最終確認を選択し、必要事項を入力していきます
  5. 入力内容を確認して確定ボタンを選択すると開示報告書が表示されます

パソコンでの開示方法は、CICはのサイトでカード契約をした際の登録した電話番号から電話をして受付番号を取得します。そして、1時間以内にその受付番号を元にCICのサイトから手続を行います。

受付番号取得に利用する電話番号について

パソコンからの開示請求では電話で受付番号取得をする必要があります。この番号は、クレジットカード会社に届出ている番号でその番号がCICにも登録されています。

パソコンで開示請求する場合、信用情報は電話番号と運転免許証番号をキーとして自動検索される仕組みになっています。

スマートフォンでの開示方法

スマホで開示請求する場合も、PCでの開示と同じような流れで手続きをする形になります。

利用できる環境
対応OS iPhone(iOS 7.0.6 以降)
Android(4.1 以降)

※ 対応機種であってもシステム相性によっては利用出来ない場合もあります。その場合はPCや郵送、窓口での開示など別の方法で行う必要があります。

  1. CICのサイトにある自分の信用情報を確認の項目でスマートフォンで開示を選択
  2. 開示の流れを確認し、下部のスマートフォンでの開示手順へを選択
  3. ご利用前の確認事項を確認し、クレジット契約で利用した電話番号から電話をし受付番号を取得します
  4. 受付番号を取得したら1時間以内にそのページ下部の最終確認を選択し、必要事項を入力していきます
  5. 入力内容を確認して確定ボタンを選択すると開示報告書が表示されます

パソコン及びスマホでの開示は初回開示から96時間以内であればいつでも再開示が可能です。それを超えると再度手数料が発生します。

スポンサードリンク

郵送での開示方法

郵送での開示請求は、申込書等の必要書類と定額小為替証書を郵送して開示する形になります。尚、郵送では本人以外にも代理人等が開示請求できます。

開示請求者 詳細
本人 本人の開示請求
任意代理人 本人から委任を受けた者
法定代理人 親権者又は後見人が申込む場合
法定相続人 本人が死亡の場合

※ 全く関係の無い他の第三者が開示請求する事は出来ません。

  1. 申込書に必要事項を記入し、本人確認書類2点と定額小為替証書を一緒にCICへ郵送する
  2. 約10日程度で簡易書留・親展にて郵送されてきます。

送付先

〒160-8375 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエスト15階(株)シー・アイ・シー 首都圏開示相談室 宛

申込書について

郵送での申込書は、CICにのサイトからPDF形式のファイルをプリントアウトする事が出来ます。また、プリンタがない場合は電話にて申込書を取り寄せ出来ます。

尚、申込書は開示請求者によって様式が異なります。本人又は代理人、法定相続人とそれぞれ別の申込用紙となるので注意が必要です。

郵送の場合の本人確認書類について

郵送の場合の本人確認書類はいずれか2点が必要となります。(窓口の場合は1点又は2点)

  • 運転免許証又は運転経歴証明書(表裏コピー)
  • マイナンバーカード(写真付表面のみコピー)
  • パスポート(住所欄含むコピー)
  • 各種健康保険証(住所欄含むコピー)
  • 写真付き住民基本台帳カード(表裏コピー)
  • 各種年金手帳(住所欄含むコピー)
  • その他

これ以外にもいくつかの書類が本人確認書類として認められています。

いずれにしても、1点は申込書と同じ現住所が記載されているものが必要です。また、旧姓などの開示を希望する場合には、旧姓が確認できる戸籍謄本等を必ず添付する必要があります。

窓口での開示

全国7ヶ所にあるCICにの開示相談室へ行って開示請求を行う方法です。最も開示費用が安く分かりやすい方法です。こちらも郵送同様に本人以外に代理人等も開示請求を行う事が可能です。

開示請求者 詳細
本人 本人の開示請求
任意代理人 本人から委任を受けた者
法定代理人 親権者又は後見人が申込む場合
法定相続人 本人が死亡の場合

※ 全く関係の無い他の第三者が開示請求する事は出来ません。

  1. 最寄りのCIC開示相談室へ本人確認書類など必要書類を持参する
  2. 窓口設置のセルフ開示端末C-touchを操作して手続きに必要な項目を入力する
  3. 手続きが出来たら受付カウンターにて本人確認書類を提示
  4. 受付カウンターにて開示報告書の受取り

直接窓口で開示請求する場合には、本人ならその場で開示された資料を確認できます。(任意代理人の場合は郵送となりその場では受け取れません)

窓口の場合の本人確認書類について

窓口の場合は顔写真付きのものであればいずれか1点でOKですが、顔写真の無い各種健康保険証などの場合は郵送同様に2点必要となります。

  • 運転免許証又は運転経歴証明書(表裏コピー)
  • マイナンバーカード(写真付表面のみコピー)
  • パスポート(住所欄含むコピー)
  • 各種健康保険証(住所欄含むコピー)
  • 写真付き住民基本台帳カード(表裏コピー)
  • 各種年金手帳(住所欄含むコピー)
  • その他

これ以外にもいくつかの書類が本人確認書類として認められています。

全国の開示相談室の場所

CIC窓口 住所
首都圏開示相談室 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエスト15階
北海道開示相談室 札幌市中央区北3条西3-1-6 札幌小暮ビル8階
東北開示相談室 仙台市青葉区中央4-2-16 仙台中央第一生命ビルディング7階
中部開示相談室 名古屋市中区丸の内2-20-25 丸の内STビル8階
近畿開示相談室 大阪市北区梅田三丁目4番5号 毎日インテシオ 5階
中四国開示相談室 岡山市北区下石井一丁目1番3号 日本生命岡山第二ビル 新館4階
九州開示相談室 福岡市中央区天神1-2-12 メットライフ天神ビル7階

※ 受付は、月~金の10:00~12:00と13:00~16:00までとなっています。土日祝や年末年始はお休みです。

旧姓で信用情報を開示をしたい場合

旧姓の信用情報を開示したい場合には郵送又は窓口での開示手続きができます。

郵送の場合、申込書に旧姓名(漢字とフリガナ)を記入する事で現姓と合わせて旧姓も追加で調査しあれば開示も可能です。また、旧姓のみの開示請求も可能ですので、その場合は申込書に「旧姓のみ」と追記すればOKです。

現姓と旧姓の両方を開示希望の場合はそれぞれ手数料が必要となります。また、本人確認書類の1点は旧姓を確認できる戸籍謄本などが必要となります。窓口での開示請求の場合も同様です。

CICの信用情報を開示する際の注意点

信用情報の開示請求をしても開示されない場合もある

信用情報開示請求をしても開示されない場合には以下のような原因があるようです。

  • 信用情報がそもそも登録されていない
  • 信用情報に登録されている電話番号等と一致しない場合
  • その他

まず、信用情報が登録されているかされていないかは手数料を支払って開示してみなければ分かりません。信用情報が登録されて無ければ回答はありません。

次に、開示は氏名や生年月日、電話番号、運転免許証を持っている場合はその番号と一致した登録情報が開示の対象となります。もし、カード会社等に届出た番号と異なる番号の場合には開示対象外となる可能性がありますので注意が必要です。

これは、パソコンやスマホでの開示請求の場合も同様で、受付番号の取得に利用する電話番号は、クレジットカード会社等に届出てCICに登録されている電話番号と一致しなければ回答情報が正しく表示されないので注意が必要です。

更新のタイミングによっては登録されていない場合もある

CICでは原則月に1度の更新となっていますが、これに関しては加盟会社それぞれの締め日などによって更新されるタイミングが異なります。タイミングによっては最新の情報に更新されていない可能性があります。

信用情報が登録されていなかった場合は手数料は返って来ない

CICに自分の個人信用情報が登録されていなかった場合は、その旨の回答が返って来ます。例え自分の信用情報が登録されていなかっても開示請求の手数料は発生してしまいます。

スポンサードリンク

- 信用情報の基礎知識