クレジットヒストリーとは?良いクレヒスは審査でも有利に

最終更新日:

クレジットカードやローン、キャッシングなどの審査においては属性と合わせてクレジットヒストリーも重要な判断要素の一つとなっています。略してクレヒスという風に呼ばれたりもしていますが、このクレヒスが良好であれば審査では有利になります。

スポンサードリンク

クレジットヒストリーとは?

信用情報 クレジット情報

クレジットヒストリー(クレヒス)とは、その名の通り「信用履歴」を意味しています。クレジットカードや個別割賦(分割)、ローンやキャッシングなど、現時点での利用状況(利用残高)や支払状況、返済状況といったものがクレヒスと呼ばれています。

このクレヒスはその人の信用を評価する上で重要なもので、例えばクレジットカードの審査で申込の内容だけではその人が信用できる人なのかできない人なのか判断は難しいですが、クレヒスを確認することで判断することができます。

クレジットヒストリーは信用情報機関に登録されている

クレジットヒストリーは、CICやJICC、全国銀行個人信用情報センターといった個人信用情報機関に登録されています。(クレジットカードの場合は基本的にCICに登録されています)

要するにクレヒスは信用情報という事になるのですが、信用情報は属性などの情報も含まれていますので、厳密には信用情報の中でも利用残高や支払状況・返済状況といった項目がクレヒスに該当します。

包括・個別クレジット契約やその内容(基礎特定信用情報)、貸付などの契約やその内容は割賦販売法又は貸金業法によって登録する義務が企業側に課せられています。

社内クレヒス

社内クレヒスは、個々の会社が契約する顧客の情報で当然顧客情報なので保有していて当然のものです。ただ信用情報とは異なり、単なる顧客情報なので他社に公開されたりすることは無い情報です。

また、社内クレヒスは信用情報とは異なり保有期限など第三者が定める規定はありませんので、債務整理などの異動情報は期間に関係なく保有されている事もあります。

例えばクレジットカードの支払ができず逃げられた場合、カード会社は信用情報期間に貸倒として登録し、契約終了から5年で信用情報から削除されますが、その会社内では貸倒の情報が残ったままになっていたりします。

良いクレジットヒストリーとは?

  • 利用実績がある
  • 支払の遅れが無い

クレジットカードの審査において良いクレジットヒストリーとされるのは、クレジットカードや割賦などの利用が登録されており、かつ毎月の支払に遅れること無くきちっと支払日に支払をしている情報が登録されていることです。

入金状況の「$」マークは遅延無く支払われた事を意味していますので、この記号ばかりだと評価は高いです。

人によって利用状況はさまざまで、毎月クレジットカードで買い物をしている方や、携帯電話の端末の分割払いなど割賦を利用している場合には毎月支払が発生するので$が連続して並ぶ事もあります。

請求が発生し支払をした場合のみ$が付きますので、数ヶ月に1回利用するというような方の場合は記号が飛び飛びになることもありますが、ほとんどの場合、気にする必要は無いでしょう。

一部クレジットカード会社では普段きちっと入金があってもマークを付けず、入金の遅れがあった時だけ分かるようにAなどの記号をつけるという会社もあります。

悪いクレジットヒストリーとは?

  • 支払の遅れが多い
  • 異動情報が登録されている

悪いクレジットヒストリーとしては、支払の遅れが目立つ場合や2ヶ月以上の支払遅延が続いている場合など、きちっと支払ができていない場合、評価は低くクレヒスとしては悪いです。

入金状況の項目に、支払の遅れがあった事を意味する「A」の記号や一部の入金があった事を意味する「P」などの記号が多い場合や連続している場合には信用が低く悪いクレヒスと言えます。また、任意整理や個人再生、自己破産などの債務整理の情報、貸倒れの情報が登録されている場合も同様です。

クレヒスが悪いと、審査では不利になり通らない可能性が高くなってきます。

クレヒスが全く登録されていない場合も場合によっては良くない

クレジットカードや割賦、キャッシング、ローンなどの利用が全く無い場合には信用情報は登録されていませんので、クレヒスも全く真っ白な状態です。いわゆるスーパーホワイトな状態です。

一見良いようにも見えますが、その人の年齢など場合によっては信用できないと判断される可能性があり審査では注意が必要です。

例えば未成年者や20代前半の方であればクレジットカードやローンの利用が無くても不思議ではありませんが、ある程度の年齢になると何らかの信用情報が登録されていないと信用できるのか信用出来ないのか判断が難しくなります。

もしかすると、過去に債務整理などの金融事故を起こしクレジットカードやローンの利用ができなかった人と判断される場合もあります。こうなってくると審査で見送られる可能性が出てきます。

自分のクレヒスを確認する方法

一応収入もありそれほど敷居の高いクレジットカードに申込んだ訳でも無いのに何故か審査に通らない、原因が分からないという場合には一度自分のクレヒスをチェックしてみるのも一つの方法です。

自分のクレヒスは信用情報機関に開示請求して取り寄せる事で確認することができます。

信用情報機関は3つあり、CICは割賦販売法及び貸金業法に基づく指定信用情報機関で、JICCは貸金業法に基づく指定信用情報機関となっています。一般的にクレジットカードや携帯電話の割賦ならCICに登録されており、消費者金融などのキャッシングやカードローンなどはJICCに登録されています。

自分の場合どの信用情報機関に登録されているか分からない場合、自身が契約している会社の規約や申込みページの重要事項に、その会社がどの信用情報機関に加盟し登録するかが記載されています。

クレジットカードと消費者金融のキャッシング、銀行カードローンなど複数の契約がある場合に信用情報を確認したい場合はそれぞれの信用情報機関に開示請求する必要があります。

クレヒスが無い場合の作り方

クレジットカードやローンなどを全く利用してこなかった人は、クレヒスは真っ白な状態です。クレヒスの作り方でよく紹介されている方法が、個品割賦の契約で特に携帯電話の端末の分割払いです。

携帯電話の端末の分割払いは個品割賦に当たり、ドコモなど各携帯会社が信用情報機関へ登録をします。携帯端末の分割払いは毎月の携帯料金と合わせて請求されますので、それを遅れる事なく支払っていればクレヒスを構築していくことができます。

全く信用情報が登録されていない状況よりも、こういった個品割賦で少しずつ良いクレヒスを構築していくことで自身の信用を高め、審査を少しでも有利にすることができます。

悪いクレヒスを良くする方法

支払が遅れてしまい、信用情報の入金状況にAやPのマークが付いてしまっても、入金状況は直近2年間の分しか表示されませんので、表示しきれない部分はところてん方式で押し出され消えていきます。後は毎月の支払に遅れないように注意する他ありません。

異動情報に関しては保有期限がありますので、その期間は絶対に消えることがありません。

いずれにしても、悪いクレヒスを良くする方法は遅れること無く支払いをし、時の経過を待つしかありません。また、クレヒスが無いスーパーホワイトの場合は携帯端末の分割払いなどで信用情報をコツコツと育てていくしかありません。

クレヒスをいきなり良くすることはできない

支払の遅れや異動情報が登録された場合、それをいきなり変えたり消したりすることはほぼ不可能です。登録した会社側の間違いやミスであれば会社側へ申立をして訂正や変更・削除等の対応はしてもらえます。

しかし、自分の都合で支払が遅れたり債務整理をした場合、都合の悪い情報だからといって信用情報を変えたりすることはできません。

解約してもすぐには消えない

例えば、支払遅延が多くクレヒスの状態が悪いからと言って使っているクレジットカードを解約したとしても、すぐに登録されている信用情報が消える訳ではありません。入金状況であれば直近2年間分は解約しても残りますし、異動情報もCICの場合、保有期限(契約期間中又は契約終了後5年間)が切れるまでは解約したとしても残ります。

おわりに

クレヒスは自分自身の信用履歴ですので、適度な利用実績ときちっとした支払の積み重ねが良いクレヒスとなり、審査などでも信用が高く有利に働きます。一方で、うっかり支払の遅れがあったり債務整理などをしていると信用が低く審査では相当不利になります。

20代など若い方はクレヒスを意識して育てているとクレジットカードの審査はもちろん分割払いをしたい場合の審査などで評価されます。

ただ、最近はVISAなどの決済ネットワークを利用したプリペイドカードやデビットカードが増えてきており、一部を除いて審査も不要でクレヒスをそこまで気にする必要がない場合もあります。

しかし、プリペイドカードは事前にチャージが必要ですし、デビットカードは口座からすぐに引落しされ分割払いやリボ払いなど信用を必要とする支払は利用できないというデメリットもあります。

スポンサードリンク

- 信用情報の基礎知識