クレジットカードを解約(退会)手続きする前に確認する事と注意点

最終更新日:

クレジットカードを使わなくなったという場合や、何枚も持っていて使ってないのがあるので整理したい場合、作ったけどポイントが貯まりにくいから他のカードに変えたいなどに、そのクレジットカードを解約(退会)する事になると思います。

全く使っていなければそれほど心配は無いと思いますが、分割払いやリボ払いが残っていても解約できるのか?などいろいろと分からない事もあると思います。ここでは、クレジットカードの解約(退会)の手続の前に確認しておくポイントや注意点などを詳しく紹介したいと思います。

スポンサードリンク

クレジットカードの解約(退会)は基本的にいつでもできる

クレジットカードを解約(退会)手続きする前に確認する事と注意点

クレジットカードの解約は、カード会社によっては退会と表現されている場合もあります。いずれにしても、クレジットカードの解約はいつでも手続きを行う事ができます。

解約の手続きの方法はクレジットカード会社によりますが、以下の2つの方法で解約手続きを行う事ができます。

  • カード裏面の連絡先に電話をして解約する事を伝える(自動音声対応の場合もあり)
  • WEB会員サイトから手続き又は解約届を印刷・取寄せ等して郵送し手続き

多くの場合は電話による自動音声でボタン操作で解約手続きを行う事ができるようになっています。逆にWEBからの解約手続きや郵送による手続きは一部クレジットカードのみで可能となっています。

※ クレジットカード会社によっては自動音声でも受付時間が決まっている場合があります。

クレジットカードの解約手続きで必要なもの

クレジットカードを解約する方法は、自分の解約したいクレジットカードの会社が定める方法に従い進めます。

解約手続きで必要なものは、解約するクレジットカードがあればOKで、例えば自動音声応答で手続きできる場合は、解約する「カード番号」と「暗証番号」を入力すれば解約手続きができます。他には何も必要ありません。

また、書面で解約手続きを行う必要がある場合は、退会届に必要事項を記入して郵送して手続きが出来ます。

クレジットカード解約までの手順

クレジットカードの解約までの流れとしては、以下のような手順で行う形になります。

  1. 解約したいクレジットカードのポイントを交換・移行する
  2. 公共料金や固定費など継続払いをしている支払いを変更する
  3. 1と2の手続きが完了すればクレジットカード会社へ連絡をして解約手続きを行う
  4. 解約が完了すれば指定の方法でクレジットカードを処分する

※ 一部クレジットカードは、クレジットカードを返却するものもあります。

スポンサードリンク

クレジットカードを解約する前に確認したい注意点

クレジットカードを解約する前に確認したい注意点

クレジットカードを解約する前にはいろいろと気を付けたいポイントがいくつかあります。解約してから「しまった!」と思っても遅いですのでしっかり確認してから解約手続きをする必要があります。

追加カード(家族カード・ETCカード等)がある場合はそれらも利用できなくなる

解約しようとするクレジットカードに、追加で家族カードやETCカードを利用している場合、解約と同時にそれら追加カードも利用ができなくなります。追加カードである家族カードやETCカードはそれ単体で持ち利用する事はできません。

家族カードやETCカードは必ず紐付くクレジットカードが必要となっています。従ってクレジットカードを解約すると、自動的にこれらの追加していたカードも解約となりますのできちっと家族会員に解約の旨を伝えたりしておく必要があります。

電子マネーも注意が必要

クレジットカード 解約 電子マネーも注意が必要

最近ではクレジットカードに電子マネーのiDやQUICPayを搭載できるものもあります。これら後払い方式(ポストペイ)タイプの電子マネーはクレジットカードに紐付いており、クレジットカードの請求と合算して請求されます。

従って、iDやQUICPayを搭載した電子マネーも自動的に利用できなくなってしまいます。

他にも、Apple Payを利用している場合も登録しているクレジットカードを解約すると決済利用はできなくなります。

貯まっているポイントは解約とともに無くなる

クレジットカードで貯めていたポイントは、解約前にできる限り使い切る方がお得です。クレジットカードを解約すると、そのクレジットカードで貯めていたポイントは全て消失し無くなってしまいます

ポイントが貯まっているクレジットカードなら、カタログから景品と交換をしたり、他社ポイントへの移行サービスを利用してポイントを別のポイント等へ交換しておかないとせっかく貯めたポイントが無駄になってしまいます。

尚、景品交換や他社ポイント移行にはそれぞれ交換にかかる期間がありますので、きちっと交換できてから解約の手続きを進めた方が良いです。又は、クレジットカード会社に確認をして、交換手続き中に解約してもきちっと交換されるか確認してから解約手続きをする方が良いです。

一部クレジットカードはポイントが残ったり移動できます。例えば楽天カードはアカウントに紐付いており、カードを解約してもポイントは楽天のアカウントに付いています。また、Yahoo!JAPANカードはTポイントを別のTカードへ移動させられます。

公共料金や固定費の支払いをしている場合はそれらの支払い変更手続きが必要

解約しようと考えているクレジットカードで、電気・ガス・水道、携帯料金、プロバイダ料、家賃等、その他毎月固定で支払いを継続払いしているものがあれば、それらの支払方法の変更手続きが必要です。

新しい別のクレジットカードで支払う場合には、各公共料金や固定費の各社で変更手続きをする必要があります。また、クレジットカード払いではなく、口座振替や払込用紙で支払う場合でもそれぞれ手続きが必要となります。

  • クレジットカード ⇒ 新しいクレジットカード
  • クレジットカード ⇒ 口座振替
  • クレジットカード ⇒ 払込票による現金払い

これらの変更手続きをしないままクレジットカードを解約してしまうと、支払いが滞ってしまう可能性がありますので十分注意が必要です。

年会費は戻ってこないので、解約のタイミングは注意

クレジットカードには年会費無料のものと、年会費が発生するクレジットカードがあります。年会費無料のクレジットカードならいつ解約しても年会費について気にする必要はありませんが、年会費がかかるクレジットカードならタイミングによっては損な場合もあります。

基本的に年会費を支払うと解約しても返金はされません。ですので、次の年会費を支払うまでの間は持っておいた方が得な場合もあります。年会費の金額にもよりますが、気にならないなら問題はありませんが、もったいないというのなら、次の更新まで待つのもありです。

年会費が発生するクレジットカードは、付帯保険があったりさまざまなサービスや優待・特典が付いている場合がありますので、次の年会費の支払い前まで持っておいた方がメリットがあります。

入会後すぐに解約するのは良くないと言われていますが、どうしても不要で解約したいなら問題はありません。ただ、短期間で何度も申込をしたり、解約を繰り返していると印象は良くありません。また、入会特典目当てと判断される可能性もありますので、その点は注意が必要です。

スポンサードリンク

分割払いやリボ払い残高がある場合にクレジットカードを解約するとどうなる?

クレジットカードを利用していて、まだカード会社へ支払いをしていない利用残高がある場合にクレジットカードを解約した場合、どうなるか気になる所です。1回払いなら次の支払日に支払う事になります。

  • 分割払いやリボ払いは今までどおりの支払いが続く

一般的にクレジットカードで分割払いやリボ払いをしていて、まだ支払いきっていない場合にクレジットカードを解約しても、支払いは今まで通りの支払いを続ける事になります解約したら分割やリボ払い分を一括で請求される事は基本的にありません

WEB明細などは解約と同時に利用できなくなりますが、代わりに郵送での明細が送られてくるようになり、今までどおり分割払い・リボ払いを残高が無くなるまで行う事になります。

もちろん解約に合わせて分割やリボ払いの一括返済も可能

クレジットカード会社へ連絡をして、解約するので分割払いやリボ払いの残りの支払いを一括で支払いたいと伝えれば、分割払い手数料やリボ払い手数料を再計算の上一括で返済するように手続きをしてくれます。

スポンサードリンク

不要なクレジットカードを解約(退会)するメリット

不要なクレジットカードを解約するメリットには以下のようなものが挙げられます。

  • クレジットカードの管理が楽になる
  • 不正使用などのリスクが減る

この中でも、クレジットカードの管理が楽になるのと不正使用のリスクが減るのは大きなメリットだと思います。

クレジットカードの管理が楽になる

当然ながらクレジットカードの枚数が多いとその分管理が大変になります。メインで使うクレジットカードはある程度決まっていると思います。それとサブで1枚持っているだけでも十分だと思います。

何枚もクレジットカードがあっても管理が面倒になるだけですし、それぞれ使っていてはポイントも分散しますしあまりメリットはありません。

不正使用などのリスクが減る

クレジットカードの不正使用を完全に防ぐ事は難しいです。クレジットカードを持っている限り不正使用のリスクは伴います。クレジットカードの保有枚数が多いほどこのリスクは高くなります。

使っていない場合、紛失してもすぐに気づかない可能性が高いですし持っていてもあまりメリットはありません。不要なクレジットカードは解約することでこのリスクを減らす事ができます。

スポンサードリンク

クレジットカードの解約に関する疑問など

クレジットカードを解約すると違約金は発生する?

一般的にはクレジットカードを解約しても違約金や解約手数料といった費用は発生しません。

ただ、JCBオリジナルシリーズの若者向けクレジットカードである「JCB CARD EXTAGE」 「JCB GOLD EXTAGE」の2枚に関しては最初の更新(入会から5年後)を迎える前に解約すると発行手数料という形で2,000円+税の費用が発生しますのでこの2枚だけは解約のタイミングは注意が必要です。

クレジットカード解約の際に暗証番号が分からない場合はどうすればいい?

クレジットカードの解約の際には、自動音声による解約手続きが多いです。その場合、カード番号と暗証番号の入力が必要となります。

もし、暗証番号が分からない場合や忘れてしまった場合には各クレジットカード会社へ暗証番号の問い合わせを行い教えてもらう必要があります。カード会員本人が連絡して後日郵送で送られてくる形が多いです。

クレジットカード会社によっては、カード番号や住所など本人確認をしてその場で教えてくれる場合もあります。ただ、暗証番号ですので一般的には電話での回答は避けられており、自宅へ1週間ほどで送られてきます。

クレジットカードの解約は信用情報(クレヒス)に影響する?

クレジットカードを解約したとしても、CICなどに登録される信用情報や自身のクレジットヒストリー(クレヒス)には特に影響はありません。

例えば強制退会させられた場合や、入会と退会を繰り返していたりすると、次の審査に影響する可能性はありますが、単に不要になったからクレジットカードを解約した場合には個人の信用情報には影響は無いので心配は要りません。

クレジットカードは本人以外でも解約できる?

原則クレジットカードの解約はカード会員本人しか行う事ができません。親族であれ他の第三者であれ勝手にカード会員本人以外が解約は行えません。

但し、カード会員が死亡してしまった場合や、カード会員が認知症などを患ってしまった場合などは、カード会社へ親族が連絡をして解約の手続きを進める事ができます。いずれの場合も親族であるかの確認はあります。とはいっても死亡診断書などが必要という訳ではありません。

利用残高がある場合は、どのように支払いをするかなどの話し合いで決まります。

スポンサードリンク

クレジットカードの解約は土日や祝日など休日でもできる?

クレジットカードの解約は、基本的にいつでも電話で行う事ができます。たいていの場合自動音声でボタン操作で解約手続きを行う事ができますので、土日や祝日など休日であっても解約手続きは行えます。

退会届を郵送する場合でもポストに投函しておけばOKです。郵送の場合はどのみにその分時間はかかります。

※ クレジットカード会社によっては自動音声でも受付時間が決まっている場合があります。
※ 12月31日~1月3日は休みの場合が多いです。

解約手続きの電話の時間は決まっている?

この辺の対応はまちまちですが、24時間電話受付をしている場合もあれば9:00~17:00といった具合に時間が決まっている場合もあります。同じクレジットカード会社でもカードの種類によって受付時間が異なる場合もありますので、持っているクレジットカード会社のWEBページなどで確認が必要です。

繋がりにくい時間帯もカード会社によってはあり、一般的には平日の方が比較的繋がりやすいようです。とは言えこれもクレジットカード会社によって繋がりにくい会社もありますので一概には言えません。

解約を引き止められる事は無い?

クレジットカードを解約する場合、しつこく引き止められないか心配という方もおられるかもしれませんが、通常は淡々と解約の手続きを行う事ができます。特に心配する必要もありませんし手続きに時間がかかるということはありません。

ただ、一部のクレジットカードでは自動音声後にオペレーターに繋がり引き止められるというような場合もあります。例えば、アメリカン・エキスプレスではオペレーターに繋いで解約を申し出ると、年会費無料やポイントアップなどの特典を提示され引き止められる場合があります。

やはり年間利用額の多い上客はカード会社としても利用を続けて欲しいという思惑があります。とは言え引き止めるかどうかの判断は向こうの基準次第ですので、それなりに利用していても何事も無く解約という場合もあります。

国際ブランドを変更する為に解約することは可能?

例えばVISAからJCBブランド、JCBからVISAブランドへの変更をしたい場合、一旦解約するしか方法がありません。申込の際の国際ブランド選びはとても重要です。

対応はクレジットカード会社によって異なる場合もありますので、あらかじめ解約前にクレジットカード会社に国際ブランドの変更について相談をしてから手続きを行う方が良いでしょう。一旦解約して再申し込みすると1から審査を受ける必要があります。

解約してすぐに再入会はできる?

クレジットカードを一度解約し、同じクレジットカードに再入会できるかどうかは審査次第です。クレジットカード会社によっては短期間での再入会は審査で落とす場合もあります。

解約する前に本当に必要ないかをしっかりと検討してから解約しなければ同じカードをすぐには作れない場合もありますので注意が必要です。

スポンサードリンク

主なクレジットカード会社の解約方法一覧

最後に主なクレジットカード会社の解約方法の一覧です。ほとんどのクレジットカード会社が電話による解約手続きとなっています。一部クレジットカード会社ではWEB会員サービスにログインして解約手続きが可能です。

クレジットカードの種類によって解約の窓口が異なる場合もありますので注意が必要です。また、電話の場合は受付時間が決まっている場合もあります。

クレジットカード会社 解約手続きの方法
三井住友カード 電話
三菱UFJニコス
(MUFG・NICOS・DC)
電話
クレディセゾン 電話
セゾンカウンター(店頭)
ジェーシービー
(JCB)
WEB(MyJCB)
電話
アメリカン・エキスプレス 電話
イオンカード WEB
電話
退会届郵送
セディナ 電話
エポスカード 電話
オリエントコーポレーション
(オリコ)
解約届郵送
(WEBサイトよりPDFを印刷可)
ジャックス 電話
全日本空輸
(ANAカード)
提携発行元により異なる
日本航空
(JALカード)
電話
退会届郵送
楽天カード 電話
ワイジェイカード
(Yahoo!Japanカード)
電話
ポケットカード 電話
NTTドコモ
(dカード)
電話
ライフカード 電話
リクルートカード 電話
(提携発行元により異なる)
セブンカード 電話
UCSカード 電話
解約届郵送
ビューカード 電話
OPクレジットカード
(小田急電鉄)
提携発行元により異なる
東急カード・TOP&カード 電話
(提携発行元により異なる)
東武カード 電話
カードセンター(店頭)
京急プレミアポイント
(京急カード)
電話
(提携発行元により異なる)
京王パスポート
(京王電鉄)
電話
(提携発行元により異なる)
アプラス 電話
(提携発行元により異なる)
エムアイカード
(M CARD・MICARD)
電話
JFRカード
(大丸・松坂屋カード)
電話
タカシマヤカード
(高島屋)
電話
タカシマヤカードカウンター(店舗)

スポンサードリンク

- クレジットカードの基礎知識