クレジットカードのサイン(署名)についてその意味や重要性など

最終更新日:

新しくクレジットカードが送られてきたら、まず初めにやる事があります。それが台紙からカードを外してカード裏面にある署名欄に自分の直筆でサインをするという事です。このサインは必ずしておかなければならず、カードと一緒に送られてきた書類等にも必ず裏面にサインをするようにお願いが書かれています。

ここではクレジットカードのサインの意味やその重要性について紹介したいと思います。

スポンサードリンク

クレジットカードのサインについて

クレジットカードのサインについて

クレジットカードには裏面に書名欄があり、そこに自分の直筆のサインを必ずしなければなりません。また、サインは買物の際にレジにて伝票にサインするように求められる場合もあります。

最近はICチップ搭載のクレジットカードに順次切り替わっており、よりセキュリティ性の高い暗証番号の導入が進んできています。しかし、それでもクレジットカードのサインも重要である事には変わりません。

裏面にサインの無いクレジットカードは利用できない

サインの無いクレジットカードは利用できない

クレジットカードの裏面にサインを書いていないと基本的にはそのクレジットカードを利用する事はできない決まりになっています。

クレジットカード会社では、必ず案内にて本人のサインの無いカードは利用できないと書かれています。また、カード会員規約にも貸与されたカードが届いたら速やかに裏面の書名欄に署名するものとする。というような事が書かれていると思います。

もちろん最近ではICチップ搭載のクレジットカードが順次導入されてきており、サインではなく暗証番号の入力を求められたり、加盟店との契約により一定の条件でサインレスで決済できる場合もあります。

他にもネット通販ではそもそも対面販売ではありませんので、クレジットカードのサインを確認される事はありません。しかし、基本的には規約で定められていますので、裏面にサインの無いクレジットカードは利用できない事になっています。

クレジットカードのサインの意味は?

クレジットカードのサインには以下のような意味合いがあります。

  • カード利用者本人である事を示す
  • 利用内容や金額、支払方法等、伝票内容を認める

まず一つ目に、クレジットカード裏面のサインと買物をした際にレジにて伝票に署名したサインの一致によりカード利用者本人である事を示すという意味合いがあります。もし、裏面のサインと伝票にしたサインが異なれば本人ではないと判断できます。

もう一つは、伝票にサインをする事で買物する内容、金額、支払方法に関して認めるという意味合いがあります。その内容で決済したことを認めるという事になります。

カードのサインは漢字かローマ字かどのようにすればよい?

クレジットカードのサインに関しては、漢字であってローマ字であってもどんなサインでも基本的にはOKです。

漢字の方がサインしやすいという方なら漢字で、ローマ字の方がサインしやすいならローマ字でサインすれば問題有りません。とにかく自分の普段の感覚で書けば良いです。

変にこだわったり、普段の文字の書き方と異なるような書き方をすると、いざ伝票にサインするときに上手くサインできなかったりする可能性もありますので、普段どおり自然な書き方で良いと思います。

もちろんどんなサインでもOKなので、ぐちゃぐちゃの読めないサインでも簡単なサイン、適当なサイン、ひらがなやカタカナのサインでも良いのですが、場合によってはお店の人が違うと判断してしまう可能性もあるので、ある程度認識できるサインの方が無難です。

海外での利用が多いからローマ字の方が良いのでは?と思われるかもしれませんが、海外であってもサインはサインなので漢字であってもカタカナでも基本的に問題ありません。また、欧米ではICチップ搭載のクレジットカードが普及していますので、多くの場合はサインではなく暗証番号の入力を求められます。

どのような場合にサインを求められる?

少し前にも紹介したように、現在クレジットカードはICチップ搭載のものに順次変わってきています。従ってサインよりも暗証番号を求められる事が多くなります。

ではどのような場合に伝票にサインを求められるかというと、まだICチップ搭載のクレジットカードに対応していない端末の場合はサインを求められます。この他にも、暗証番号を忘れた場合にサインでの決済を希望すれば暗証番号ではなくサインで決済する事も可能です。

クレジットカードにサインをしないとどのような問題がある?

クレジットカードにサインをしないとどのような問題がある?

クレジットカードの裏面の書名欄にサインをしていないと、さまざまな問題が発生する事があります。

お店で決済を受付けてもらえない場合がある

基本的にクレジットカードの裏面にサインが無い場合、そのクレジットカードは使えないと決まっています。いくら小額でサインレス決済の契約をしているお店であっても、暗証番号対応のお店であってもカード自体にサインが無いと利用できません。

従ってお店でサインの無いクレジットカードで支払をしようとすると、サインが無いのでクレジット払いできないといわれる場合もありますし、サインを書いてから利用して下さいといわれる事もあります。

中には強引にサイン無しのカードで決済を迫られ仕方なくカードを通してくれる店員さんも居るかも知れませんが、基本的にはサインが無いと本当にその人のカードか疑われたりする場合もあります。

盗難や紛失により不正使用された場合に補償されない可能性がある

万が一、サインをしていないクレジットカードを盗難・紛失してしまって第三者に不正使用された場合にはその損害をクレジットカード会社に補償してもらえない可能性があります。

一般的にクレジットカード会員規約には、カードが届いたら速やかに書名欄に署名しなければならないと記載されていますので、いかなる理由があれサインしていない時点で規約違反を犯している事になります。

従って、不正使用された分の請求額もきちっと支払わなければならない場合もあります。いくら不正使用だと主張してもカード裏面にサインしていない事が分かれば補償してもらえない場合があります。

スポンサードリンク

カード裏面にサインをすると盗難や紛失の際にまねをされて不正使用されない?

クレジットカードの裏面にサインをしない人の中には、サインをカードにすると盗難や紛失した場合に第三者にサインをまねされて不正使用されるからあえてサインをしないという方もおられるようです。

基本的に、不正使用はサインをしていてもしていなくても、クレジットカード自体を持っている限り起こりえる話です。むしろサインが無ければ悪意ある第三者が名義をみて自分の筆跡でサインをカードに書き決済できるようになりかえって危険です。

また、先ほど紹介したようにサインをしていた場合で不正使用が認められるとその損害は補償されますが、サインをしていなかった場合には補償されない可能性があります。

何より、カード会員規約でサインは必ずするように決まっていますので、わざわざ書名欄にサインをしないというデメリットになるような事をする必要は全く無いと思います。

クレジットカードのサインに関する疑問など

最後にクレジットカードのサインに関する疑問などをまとめています。

クレジットカードのサインは本当に何でも良いの?

クレジットカードのサインは本当に何でも良いの?

初めの方でも紹介しましたが、基本的にクレジットカードのサインに決まりはありません。何でも大丈夫です。サインはあだ名やイニシャルでもOKですし、棒線や記号、顔文字やマーク、花押でもOKです。サインはとにかく署名欄と伝票のサインが一致していればそれでOKです。

とは言え無難なのは漢字かローマ字でフルネームのサインのです。店員さんが分かりにくかったり戸惑ったりして余計な時間やトラブルが起こると面倒ですので・・・

署名欄にサインする筆記具は何が良い?

署名欄にサインする筆記具は何が良い?

クレジットカード裏面の署名欄にサインする際の筆記具に関して何で書けば良いのか迷う方もおられると思います。基本的にクレジットカード会社はサインの際の筆記具は指定していません。

良くあるのがボールペンや油性ペンでのサインだと思います。水性など消えてしまうペンや鉛筆などはダメです。

ボールペンは滑って書きにくいと感じる場合もあると思いますが、あまり太いサインペンでサインした場合、実際伝票にサインする際に多くの場合はボールペンを渡されると思います。ですので、ボールペンでのサインが無難な気がします。

また、色に関しても特にカード会社の指定はありませんが、黒が一般的で無難です。

署名欄のサインが汚れて読めなくなった場合そのまま使える?

クレジットカードを使っていて署名欄が汚れてしまったり、ペンでサインを書いて乾かないうちにさわってにじんでしまったりしてサインが読めなくなってしまった場合には、店頭では決済できない場合があります。

ネットショッピングなどクレジットカードを提示しない場合には問題なく決済できますが、やはり店頭でサインが必要な場合に署名が見えなければカードを不正利用していると疑われ決済を受付けてもらえない可能性もあります。

上書きなどはせずにクレジットカード会社に連絡をして事情を説明しクレジットカードを再発行てもらう方が良いでしょう。

署名欄のサインを消して書き直しても大丈夫?

署名欄に書くサインを間違えたり、上手く書けなかったり、気に入らないから書き直したい場合、無理に署名欄のサインを消そうとすると変造し不正使用を疑われる可能性があります。

無理に消そうとしたり、除光液などを使用すると署名欄のサインパネル部分が剥がれたりする可能性があります。この場合もクレジットカード会社に事情を説明して再発行をしてもらう方が良いでしょう。

結婚して姓が変わった場合、サインは新姓?旧姓?

まず結婚などで名前が変わった場合には、速やかにクレジットカード会社へ変更の手続きを行う必要があります。新しい名義のクレジットカードは一般的に1週間~2週間程度で届きます。

サインに関しては、使用するカードの署名欄のサインと同じでなければなりません。新しいカードが届くまでは今のカードが使えますので、そのカードの署名欄は旧姓でしていると思うので例え姓が変わっていても旧姓でサインすればOKです。

そして新しい名義のカードが届いたら、新姓で署名して伝票にも新姓でサインすればOKです。

うっかり新しいカードで旧姓でサインした場合や、名義変更前のカードで新姓でサインした場合には署名が一致しないので店員さんに指摘される場合があります。

また、店員さんが見落としてしまって決済が通っても特に問題はありません。場合によってはカード会社から確認があるかもしれませんが、名義変更中で間違えてたといえば問題ありません。

もちろん、新しい名義のクレジットカードの署名欄に旧姓でのサインをして利用しても問題はありません。ただ、お店側が不正使用と勘違いしたりカード名義とサインの名前が違うのを不審に感じてしまい無用なトラブルが発生するかもしれませんので注意が必要です。

サインを変えたい場合はどうすればいい?

一度署名欄にサインしたものを後から変えたい場合は、基本的にはクレジットカード更新時など新しいカードが届いたときに書き直す方法しかありません。無理にサインを消して書き直すと利用時にサインの変造を疑われる可能性もあります。

一応希望すればクレジットカードの再発行も可能ですが自己都合での再発行の場合には手数料が発生する可能性もあります。この辺はクレジットカード会社によって対応は異なります。

海外旅行ではサインは漢字ではなくローマ字にしなければ決済できない?

日本国内であっても海外であっても、サインはクレジットカード裏面の署名欄にサインしたものと同じものでなければなりません。漢字で署名していて伝票にローマ字でサインをすると決済できません。

漢字なら漢字、ローマ字ならローマ字と必ず署名欄と同じでなければなりません。海外だからといってローマ字に変えてサインをしたら署名欄と伝票のサインが異なるという事で利用者本人が疑われてしまいます。

夫や妻、親のクレジットカードを使って署名欄と同じサインをして買物できる?

親族など名義人の許可を得た上で、そのクレジットカードを使って署名欄と同じサインをすれば買物ができるかというと、男性同士、女性同士であれば利用できる可能性があります。お店側としてはそこまでは分からない可能性が高いです。

しかし、いずれにしてもクレジットカードは例え親族であっても本人以外の利用は認められていませんので、発覚すると規約違反で強制解約させられる場合もあり、トラブルになると不利になります。

クレジットカードの電子サインもある

クレジットカードの電子サインもある

一般的にクレジットカードで買物をしてサインを求められる場合、レシートなど紙の伝票にサインをすると思いますが、加盟店によってはペーパーレス化の為にサインを電子化しているお店もあります。

この場合、WACOMなどのサイン専用のペンタブレットに電子ペンを使ってサインをする事で伝票にサインをした事と同じになります。

スポンサードリンク

- クレジットカードの基礎知識