クレジットカード選びのしおり

クレジットカード選びの情報

ETCカードを紛失や盗難被害に遭った場合どうすれば良い?その対処法や再発行手続きなど

最終更新日:

ETCカードを紛失や盗難被害に遭った場合どうすれば良い?その対処法や再発行手続きなど

ETCカードはクレジットカードとは異なり高速道路や有料道路のETC対応レーンでわざわざ現金を支払わずに通過できる便利な決済のためのカードです。よく車で移動するのでいつも財布に入れてるという人もいると思いますが、クレジットカード同様に紛失してしまったり、落として盗難に遭ったり、ETCカードを車載器に挿しっぱなしにして盗まれる可能性もあります。

クレジットカードのようにネットショッピングやお店で使えるという訳では無いですが、他人の車載器でもETCカードは関係なく使えるので紛失したりすると大変なことになります。そこで紛失や盗難に遭った場合の対処法や不正使用された場合など、どう対応すればよいかについて紹介します。

スポンサードリンク

ETCカードは他の車でも簡単に使えるので注意が必要

ETCカードはETC車載器とは異なりどの車のETC車載器でも使えます。車載器は登録時に車と紐付いているので別の車では使えませんが、ETCカードは車や車載器に紐付いていません。自分の車のETC以外にもレンタカーや友達の車のETC車載器でも使えます。

さらに、ETCゲートを停止せずにそのまま通過でき決済できているのでいわゆるサインレス決済です。ETCゲートを通らず普通に通行券を取り料金所で通行券とETCカードを渡し後続する知り合いの車だったりの分の支払いもサインレスで行えます。

クレジットカードと違って利用できるのが高速道路などかなり限定されていますが、サインも暗証番号も入力せずに決済できるので、万が一紛失・盗難の被害に遭った場合、やろうと思えば簡単に不正使用ができてしまいます。

ETCカードは紛失・盗難で不正使用される可能性もありますが、きちっと対応していればETCレーンでしか使えませんし、ETCゲートを通過すれば決済情報から位置が分かったり、通過時にナンバーと運転者が見えるように毎回鮮明に撮影されていますので比較的早く解決する場合が多いです。

スポンサードリンク

ETCカードを紛失・盗難した場合の対処法

クレジットカード同様に、ETCカードを紛失してしまった場合や、盗難被害に遭ってしまった場合には気付いた時点で速やかにカード会社へ連絡することが大切です。早く連絡することで不正使用の被害をより抑える事が可能です。

  1. クレジットカード会社へ連絡をしてETCカード紛失又は盗難の届出をしカード利用の停止する
    合わせて再発行手続きを行う。
  2. 必要に応じて最寄りの交番や警察署へ紛失届又は盗難届を提出する

この他に、ETCマイレージサービスに登録している場合にはそちらのサービス利用停止も連絡が必要です。詳しくは下の方のETCマイレージを利用している場合の部分を参考にしてください。

カード会社へ紛失・盗難の届出をする

まずするのは、カード会社への届出です。クレジットカード会社には紛失・盗難の際に連絡する窓口がありますので、そこへ連絡をして紛失・盗難した旨を伝えます。合わせてカード利用の停止措置を取ってもらいます。

ETCカードの再発行手続き

クレジットカード会社へ連絡すると共に、ETCカードの再発行手続きも必要となります。(不要の場合はしなくても良いです)

一般的にETCカードの再発行には2~3週間程度かかります。更に、再発行手数料が必要となりカード会社にもよりますが一般カードは1,000円程度必要となります。手数料に関してはゴールドカードやプラチナカードなど上位クラスのクレジットカードの場合、無料で再発行してもらえる場合が多いです。

警察への届出

必要に応じて警察へ遺失届又は盗難届を提出します。近所の交番でも良いですし、警察署でも対応してもらえます。

遺失届は財布を落としたり、どこかへ置き忘れたりした場合に届ける書類です。提出しておくと、誰かが拾って交番などに届けてくれた時によりスムーズに照会でき連絡が来ます。

一方の盗難届はETCカードを盗まれたり、財布ごと盗まれたりした場合に届け出る書類です。紛失なのか盗難なのかで警察に提出する書類が変わってきます。警察への届出をすることで万が一不正使用の被害に遭った場合、補償を受ける際に警察の受理番号が必要となりますので、警察への届出も忘れずに行う必要があります。

スポンサードリンク

ETCカードの不正使用分も補償される

ETCカードの紛失・盗難による不正使用被害の基本的にはクレジットカード同様の補償があります。一般的にカード会社へ届出た日を含め61日前にさかのぼって、その間に発生した損害については補償してもらえます。

但し、必ず補償されるというわけではありません。ETCカードの不正使用に関しては補償されないケースもありますので注意が必要です。

ETCカードの不正使用で補償されないケース

ETCカードにも規約があり、それに反すると補償の対象外となってしまいます。ほぼクレジットカードの紛失・盗難時に準ずる形になっています。

  • 必要な届出をしていない場合
  • 車載器又は車内にETCカードを置いていた場合
  • 友人など他の第三者へ貸していた場合、家族が勝手に使っていた場合

まず、カード会社や警察へ必要な届出をしていないと補償されません。

この他に、規約に違反していた場合も補償対象外となってしまいます。例えば、一般的に規約ではETCカードの使用・保管・管理を注意しなければならないと規定されており、他人に貸与・譲渡・質入れ等をしてはならず、また如何なる理由であっても他人に使用させたり使用の為に専有移転させてはならないと規定されています。

また、規約には紛失・盗難の規定もあり、基本的にETCカードを車内に放置していて紛失・盗難等について重大な過失があったとみなされ補償されません。

ETCカードの管理がずさんな場合にはいくら補償がついていても対象外となる場合がありますので、管理はクレジットカードと同様にしっかり行う必要があります。

スポンサードリンク

ETCマイレージサービスを利用している場合はそれも停止する必要がある

ETCマイレージサービスは、高速道路会社が提供しているマイレージサービスで、申込みをしたETCカードでの通行料金の支払額に応じてポイントが貯まるものです。貯まったポイントは交換して通行料金の支払いに利用することができる還元サービスの一種です。

もし、紛失・盗難時にこのETCマイレージサービスに登録していた場合はこちらも停止してポイントや還元額を利用できないようにしなければなりません。

ETCマイレージサービスの停止方法

ETCマイレージサービスの停止方法は3種類あり、インターネット、自動音声ダイヤルによる手続き、事務局への電話連絡があります。

インターネット ETCマイレージサービスのWEBページにログインし、
利用停止画面から手続き可能
自動音声ダイヤル 050-2015-1010(自動音声)
マイレージID及びパスワードをプッシュし、ガイダンス
に従って操作(利用停止は6#)
ETCマイレージサービス事務局 0570-010125
045-477-3793(携帯、PHS、IPの場合)
電話にて手続き

ETCマイレージサービスのサイト(外部サイト)

新しいETCカードが届いたら利用停止を解除を忘れずに

もし、新しいETCカードが再発行された場合、停止していたETCマイレージサービスも再開させる必要があります。

通常は利用停止を解除する手続きとなりますが、ETCカードが再発行されるとカード番号が変わっていますので、登録カードの変更手続きをすることで同時に利用停止が解除される仕組みになっています。

必ず登録カードの変更をしておかないと、以前のETCカードと連動したままになってしまいポイントが貯まりませんので注意が必要です。必ず新しいカード番号のカードを登録変更手続きしましょう。

クレジットカードの有効期限が更新された場合も、番号が異なっている場合は変更手続きをしなければなりません。

スポンサードリンク

ETCパーソナルカードやETCコーポレートカードを紛失・盗難した場合

ETCパーソナルカードやETCコーポレートカードはクレジットカードには紐付いておらず、高速道路会社が共同で発行しているETCカードですので、これらのETCカードの場合はそれぞれ連絡先が異なります。

ETCパーソナルカード ETCパーソナルカード事務局
044-870-7333
(土日祝、年末年始除く9:00~17:00)
ETCコーポレートカード ETCコーポレート取扱窓口
(組合員の場合は、各事業協同組合が窓口)

紛失してしまった場合には、パーソナルカード事務局などに連絡して停止してもらい、再発行の手続きを行います。いずれの場合も再発行には、再発行手数料が発生します。

ETCパーソナルカードは、高速道路会社が共同で発行しているクレジットカードを持っていない人でもデポジット(保証金=平均利用月額の4倍)を預託することで持つことができるETCカードです。金融機関からの引落で利用できるので、クレジットカードが嫌いな人や持てない人なんかに向いています。デポジットは高いですが…

ETCコーポレートカードは主に事業者向けで大口・他頻度割引制度の為に発行されるカードです。

スポンサードリンク

- ETCカードの基礎知識