クレジットカード選びのしおり

クレジットカード選びの情報

審査不要のETCパーソナルカードとは?そのメリット・デメリットやクレジットカード追加のETCカードとの違い

最終更新日:

ETCカードといえば、クレジットカードに追加で発行して利用するもので、ETCカードだけを持つことはできず必ずクレジットカードと紐付いているイメージがあるかも知れませんが、ETCカードにも単独で発行され審査も無い、支払いもクレジットカードと一緒では無く口座引落で利用できるETCカードがあります。

それがETCパーソナルカードと呼ばれるETCカードで、高速道路会社各社が共同で発行しているカードになります。ここではETCパーソナルカードについて詳しく紹介すると共にメリット・デメリットやクレジットカードのETCカードとの違いなども紹介します。

スポンサードリンク

ETCパーソナルカードとは?

ETCパーソナルカード

ETCパーソナルカードは、クレジットカードが不要なETCカードで、主要高速道路各社6社が共同で発行しているETCカードです。

6社共同で発行 東日本高速道路株式会社
中日本高速道路株式会社
西日本高速道路株式会社
首都高速道路株式会社
阪神高速株式会社
本州四国連絡高速道路株式会社

今ではクレジットカードが当たり前の広がってきていますので、ETCカードはクレジットカードの追加カードとして発行することが多いと思いますが、中にはクレジットカードを利用していない方もおられるでしょうし、クレジットカードが嫌いと言う方もおられると思います。

そうした中で、高速道路各社が共同で発行しているETCパーソナルカードは名前こそ馴染みは無いかも知れませんが、クレジットカード会社のETCカードと同様に、全国のETCレーンを通過することができます。

スポンサードリンク

ETCパーソナルカードの特徴

  • 口座引落なのでクレジットカード不要
  • 審査不要
  • デポジットが必要
  • マイレージポイント、平日朝夕割引なども普通にある

ETCパーソナルカードは口座引落なのでクレジットカード不要

ETCパーソナルカードは、高速道路各社が共同で発行しており、ETCカード利用代金の支払いは口座引落となっています。このため、クレジットカードを持っている必要はありません。無くても発行されます。

ETCパーソナルカードは審査が無い

ETCパーソナルカードはクレジットカードとは異なり、個人の信用を元に発行しているものではありません。支払いは毎月の口座引落となっています。ですので、例えば自己破産など債務整理をしていたり、支払遅延などでクレジットカードが強制解約となってしまった場合でも、ETCパーソナルカードは持つことが可能です。

デポジットが必要

後でも紹介しますが、ETCパーソナルカードは審査もない代わりに、デポジットと呼ばれるものを預託する必要があります。これは保証金(担保)のようなもので、万が一支払いができなかった場合にはデポジットから振替されます。このデポジットを預けないとETCパーソナルカードは利用できません。

また、利用できる金額もデポジット額によって異なってきます。頻繁にETCを利用している人であればそれなりのデポジットを預けないとすぐに使えなくなってしまいます。

クレジットカードに追加して発行するETCカードの場合、個人信用を元に審査の上発行されているので、このデポジットの仕組みはありません。

ETCマイレージなどや割引に違いはない

ETCマイレージのポイントや還元額などのサービスも、平日朝夕割引も、休日割引や深夜割引も、クレジットカード追加のETCカードと同様にサービスを利用することができます。

スポンサードリンク

ETCカードとETCパーソナルカードの主な違いを比較

クレジットカードと紐付くETCカードと、高速道路会社各社共同で発行しているETCパーソナルカードの主な違いの比較です。

項目 ETCカード ETC
パーソナルカード
年会費 カード会社により異なる 必要
(1,234円/年 税込)
※ 2018年12月時点
デポジット 不要 必要
(平均利用額に応じた額)
クレジットカード 必要 不要
審査 必要
(クレジットカードの審査)
無し*
発行元 各クレジットカード会社 各高速道路会社共同
(ETCパーソナルカード事務局)
ETCマイレージの
ポイント
平日朝夕割引
深夜割引

年会費に関しては、クレジットカード会社発行のETCカードの場合、カード会社によっては年会費無料の場合や、年1回以上の利用実績があれば無料となるものもありますが、ETCパーソナルカードの場合は年会費が必ず発生します。

また、デポジットはETCパーソナルカード特有のもので既に信用情報を元にしたクレジットカードの場合はその信用を元に利用できるのでデポジットは不要となっています。

ETCパーソナルカードはクレジットカードのような審査はありません。与信審査ではないので信用情報を確認されたりもありません。ただ、不正通行をしている又はしたことがある人、月額利用平均額があまりにも高額な人、関連法令に違反した人などの判断審査のようなものはあります。

スポンサードリンク

ETCパーソナルカードのデポジットについて

ETCパーソナルカードにはデポジット(保証金)という仕組みがあります。一般的なクレジットカードは審査を行い信用を元に発行していますが、ETCパーソナルカードの場合は審査の代わりにこのデポジットを預ける事で審査無しに利用できるようになっています。

また、クレジットカードに追加するETCカードは利用可能額はクレジットカードの利用枠や利用残高によって変わりますが、ETCパーソナルカードの場合はデポジット額によって変わってきます。

デポジット(保証金)が必要な理由

ETCパーソナルカードは審査をしないので、その人がきちっと支払能力があるかどうかが分かりません。しかし、最近の高速道路ではETCがとても便利ですのでクレジットカードが無い人でもETCを利用できるようにする必要があり、そこでETCパーソナルカードがあります。

前述の通りその人が支払能力があるかどうか審査しない代わりに、ETCの利用から支払いまでの期間の通行料金の債務を補償してもらうために必要となっています。万が一口座引落できず支払いされなかった場合のために必要となっています。

請求された利用料金が支払われなかった場合にはこのデポジット部分から債務が引かれる仕組みになっています。あくまでも担保的なもので、デポジットをETCでの通行料金の支払いに利用できるものではありません。

デポジット(保証金)の金額は?

デポジットの額は、申込みの際に高速道路等の有料道路の平均利用月額を5千円単位で切り上げた額を申告し、その額の4倍を預託する形になります。5千円単位で切り上げられるので、デポジット額は少なくとも2万円以上となります。(デポジット額は最低20,000円で、20,000円単位で増えていきます)

ETCパーソナルカードのデポジット額

平均利用月額が2万円を超えても、5千円単位で切り上げてデポジットが必要となりますので、25,000円ならデポジット額は100,000円、30,000円なら12,000円となります。とりあえず計算方法としては平均利用月額を5千円単位で切り上げてそれを4倍した額となります。

(例)月額平均利用額 → デポジット額

  • 2,500円 → 20,000円
  • 7,600円 → 40,000円
  • 18,000円 → 80,000円

デポジット額が2万円の場合のみですが、まだ支払っていない残高がデポジットの70%に達した場合、その時点で登録口座から口座振替でデポジットを20,000円さらに増額されます。要は2万円のデポジット額の状態で、まだ口座引落されていない未払額が14,000円に達した場合、口座振替によってデポジット2万円が追加で預託され、デポジット額は4万円になります。

口座振替されるタイミングは、70%に達した日以降の6日又は23日となっています。
※ この口座振替によるデポジット増額はデポジット額が2万円の人に限ります。

支払いがまだの利用額合計がデポジット額の80%を超えると利用停止となる

支払いがまだの利用額合計がデポジット額の80%を超えると利用停止となる

例えば平均利用月額が14,000円で6万円のデポジットを預託していて、その月のまだ支払っていないETCの利用残高がデポジット額の80%である48,000円を超えてしまった場合、ETCパーソナルカードは使えなくなりETCゲートで開閉バーが開かなくなり通過できなくなってしまいます。

これは予防的な措置で、未払いの利用残高がデポジット額の80%を超えてしまう可能性のある場合には事前にETCパーソナルカード事務局からデポジットの増額の依頼連絡があります。デポジットの増額は2万円単位なので、応じる応じないは自由に決められますが、80%を超えたら即利用できなくなりますので注意が必要です。

言い換えるなら、デポジット額によってそのETCパーソナルカードで支払いできる上限額が決まるという風にも言えます。

先程も紹介していますが、2万円のデポジット額の人の場合は、70%に達したら口座振替が行われる仕組みになっています。

スポンサードリンク

ETCパーソナルカードの申込方法や申込みの流れ

ETCパーソナルカードの申込みは郵送でETCパーソナル事務局へ申込みをする形になります。カードが到着するまでどれくらいかかるかは状況にもよりますが、デポジットの入金が確認されてから約2週間程度となっています。

ETCパーソナルカードは、利用代金支払いの為のゆうちょ銀行の通常預金口座又は銀行等の金融機関の口座が必要となります。

申込みの流れ

  1. ETCパーソナルカード利用申込書に必要事項を記入し郵送する
  2. デポジット振込依頼が届くので、郵便局やコンビニでデポジットを振込
  3. デポジットの入金が確認できればカードが郵送される

申込みの流れとしては上記の通りです。とりあえず申込書に必要事項を記入してデポジット払込取扱票を持ってコンビニで支払い手続きをしてその確認が取れたらETCパーソナルカードが送られてくる感じです。まあ郵送なので全体的に時間はかかります。

ETCパーソナルカード利用申込書の入手

ETCパーソナルカードの利用申込書は、全国のSAなどのインフォメーション(9:00~17:00)に用意されています。他にもETCパーソナルカード事務局に電話をして申込書を郵送してもらうことも可能です。

ETCパーソナルカード事務局 044-870-7333
時間は9:00~17:00
(土日祝日、年末年始除く)

設定できる口座について

クレジットカードの利用代金の支払口座は必ず本人名義の金融機関口座である必要がありますが、ETCパーソナルカードの場合は、会員本人又は会員と生計を共にする父母、配偶者、又はその子供名義の決済口座でもOKとなっています。

ETCパーソナルカードの支払日など

ETCパーソナルカードの利用代金は、毎月設定した金融機関口座から引落されます。

利用明細書は毎月中旬に届く

ETCパーソナルカードの利用明細書は「ご利用料金のお知らせ」に同封されて送られてきます。利用明細書の届くのはだいたい毎月中旬頃となっています。

ETCパーソナルカードの支払日

ETCパーソナルカードの支払日は毎月27日となっており、金融機関休業日の場合は翌営業日に引落となります。

尚、請求された利用額が引落できなかった場合にはETCパーソナルカードの利用は即停止となってしまいますので注意が必要です。

スポンサードリンク

ETCパーソナルカードのメリット

  • クレジットカードが不要で審査も無い
  • 他のETCカードとほぼ変わらない

クレジットカード無しで持てるので、カード嫌いな方にはとても向いています。また、信用情報が悪くクレジットカードの審査に通らなかった人でもETCパーソナルカードは個人信用を必要としていませんのでとてもメリットあるETCカードです。

当然クレジットカードの追加で発行するETCカードと機能的にもそれほど違いは無く、割引やETCマイレージのサービスも利用できます。

ETCパーソナルカードのデメリット

  • 年会費がかかる
  • クレジットカードのようなポイントは貯まらない
  • デポジットは平均利用月額の4倍
  • 紛失や盗難によって不正利用されても補償は一切無い

まず、ETCパーソナルカードのデメリットとしては、年会費が毎年確実に必要な点です。クレジットカードに追加するETCカードの場合は年会費無料のものもありますし、利用があれば無料になったりもしますが、パーソナルカードにそんなサービスはありません。

クレジットカードには利用額に応じたポイントが貯まる仕組みがありますが、ETCパーソナルカードにはこのようなポイントプログラムはありません。ETCマイレージサービスはクレジットカードのETCカードでも利用できるので、あまりパーソナルカードにメリットは感じられません。

また、信用を必要としない代わりにそれなりの担保を求めてきます。これは平均利用月額の4倍もの額です。もちろん預けるだけなので解約すれば返ってくるお金です。しかし、ETCパーソナルカードを利用している限りはこのデポジットは預けたままですし、利用状況によってはデポジットを増やして預託しなければならない場合もあります。

他にも、クレジットカードのETCカードの場合はクレジットカード同様の紛失・盗難補償規定があり、補償される可能性もありますが、ETCパーソナルカードにはそういった補償は一切無く、紛失や盗難で発生した損害は自己の責任と負担となります。

正直な所、クレジットカードを持てない人ならこのETCパーソナルカードしか選択肢がありませんが、普通の人であればクレジットカードに追加でETCカードを発行する方がほとんどです。

スポンサードリンク

ETCパーソナルカードを紛失した場合

万が一ETCパーソナルカードを紛失した場合には、速やかにETCパーソナルカード事務局へ連絡をしカードの停止措置と取る必要があります。

これは速やかに行う必要があり、不正使用された場合には何の補償もしてもらえません。全て自己責任で損害についても負担しなければなりません。もし、不正使用された分も請求されたとしても、支払いの義務を負いますので注意が必要です。

ETCパーソナルカードの解約方法

ETCパーソナルカードが不要となった場合には解約することができます。解約の方法は、指定の用紙をETCパーソナルカード事務局へ提出する形になります。

申込みの項目で紹介している電話番号へ連絡をし、解約の書面を郵送してもらいます。用紙が届いたら必要事項を記入して返送することで解約できます。また、預託していたデポジットは決済口座へ返還されます。

デポジットの返還請求権は、他の第三者に譲渡したり質入れすることは禁止されています。

スポンサードリンク

ETCパーソナルカードに関する疑問など

ETCパーソナルカードの入会資格はある?

基本的には以下の場合は作れません。

  • 申込者個人が未成年の場合(16歳以上でも親権者の同意があればOK)
  • 既にカード利用申込みを行っている場合や既に会員の場合
  • 不正通行をしていたり、した過去がある場合
  • 債務履行に応じていない人

ETCパーソナルカードが急に使えなくなった原因は?

  • 利用代金を支払っていない
  • 未払残高が預託したデポジット額の80%を超える場合
  • デポジットの増額に応じなかった場合
  • デポジット2万円の人で口座振替によるデポジット増額ができなかった場合

以上のような理由でETCパーソナルカードの利用停止される場合があります。主に料金関連で、支払日に口座から引落ができなかった場合や、支払日までに未払残高が預けているデポジット額の80%に到達し、デポジットの増額に応じなかった場合などに利用停止措置がとられます。

きちっと支払いをするか、デポジットの預託額を増やす事で利用停止が解除されて使えるようになります。

ETCパーソナルカードはプリペイドカードのようなもの?

プリペイドカードは予めカードに入金(チャージ)して利用しますが、ETCパーソナルカードの利用代金の支払いは口座引落のみです。預け入れるデポジットは万が一の際の担保となっており、このデポジットから通行料の支払いが行われる訳ではありません。

スポンサードリンク

ETCパーソナルカードの利用限度額やデポジット額は調整される場合がある

ETCパーソナルカードのいわゆる利用限度額は、デポジットの額の80%相当となっていますが、必要に応じて発行している高速道路各社はこの利用限度額を増額又は減額できるようになっています。

この辺は利用状況によって変わってきますのでなんとも言えませんが、利用が少なかったりするとデポジットが下がる可能性もありますし、当初よりも利用が多い場合にはデポジットを上げられる可能性もあります。

デポジットがいつ使われる?

ETCパーソナルカードで預託しているデポジットは、会員資格を喪失した場合や取り消された場合などで債務がある場合に一部又は全部が充当される仕組みになっています。また、不正利用となる通行をした場合や高速道路の不正通行などで免がれた料金などに充当されます。

汚れたり破損した場合は再発行される?

ETCパーソナルカードを財布にしまっていて汚れたり擦れたりして破損し読み込めなくなった場合などは、ETCパーソナルカード事務局へ電話をし再発行の手続きができます。送られてくる書面に必要事項を記入して再発行手続きをします。

尚、再発行には再発行手数料が必要となります。

ETCパーソナルカードの会員資格が取り消される場合(強制解約)

  • 申込みの氏名や住所等に虚偽の申告があった場合
  • 日本国内に住所を有しなくなった場合
  • 2ヶ月以内に決済口座の手続きが完了しない場合
  • 規約違反をした場合
  • 料金を支払わない場合又はその可能性が高まった時
  • 高速道路会社の管理する道路において車両制限令に違反した場合
  • 不法に通行料を免れた又は免れようとした場合
  • 会員と連絡が取れなくなった場合

などなど他にもいくつか条件がありますが、こういった事由でETCパーソナルカードの会員資格が取り消され資格喪失となる可能性があります。尚、事前の通知がある場合もありますが、通告なしに会員資格が剥奪される場合もあります。

尚、預託していたデポジットに関しては所定の書面にて返還請求をすることができ、決済口座へ返還されます。(支払いができていない場合などにはその分が引かれます)

※ 返還請求の書面はETCパーソナルカード事務局へ電話をして取り寄せできます。

スポンサードリンク

- ETCカードの基礎知識