クレジットカードの家族カード(家族会員)とは?本会員との違いやそのメリットなど

最終更新日:

クレジットカードを作るには審査が必ずあります。しかし、専業主婦の方や学生さんなど審査に通るか不安という方も多いと思います。そんな時に便利なのが家族カード(家族会員)のサービスです。

家族カードは、本会員の追加カードとして発行されるもので、家族会員となる方は原則無審査でクレジットカードを持つ事ができます。ここでは家族カードについて本会員と家族会員の違いや条件など詳しく紹介していきます。

スポンサードリンク

家族カードとは

クレジットカードの家族カードとは

家族カードとは、既に契約している本会員の信用を元にしてその家族のために追加で発行されるクレジットカードの事をいいます。クレジットカード会社によってはファミリーカードというような名称で呼ばれる場合もあります。

家族カードの特徴としては、本会員のクレジットカードとほとんど変わらない機能とサービスが付帯しているとても便利でお得なカードです。収入の無い専業主婦や学生の方にはお勧めのカードです。

家族カードの年齢など条件は?

家族カードといってもクレジットカードですので、年齢などの条件が決まっています。家族なら誰でも持てるというものではありません。

一般的な家族カードの申込条件として以下のようなものがあります。

  • 18歳以上の方(高校生不可)
  • 本会員と生計を共にする配偶者・両親・子供

まず、子供の場合18歳以上である必要があります。また、家族は本会員と生計を共にする方が対象となっており、これは本会員の収入で生活を維持している人を意味します。従って収入がある配偶者や18歳以上の子供さんは対象外となります。他にも本会員が学生の場合は申込ができません。

但し、クレジットカード会社やカードの種類によっては、家族会員の条件で配偶者や同性パートナーを認めているものもあります。

家族カードの限度額

  • 家族カードの限度額は本会員の限度額の範囲内

家族カードの利用限度額は、本会員の利用限度額の範囲内と決まっています。要は本会員と利用限度額を共有しているような形になります。

家族会員は審査を受けていませんので家族カードは個別の限度額がある訳ではありません、利用の際は本会員と相談などしながら利用しないと、家族同士でトラブルとなる場合もありますので注意が必要です。

※ 家族カードの限度額は個別にはありません。本会員の限度額に影響されますので、本会員の利用限度額が少ないのに公共料金など毎月まとまった支払いをしていると大きな買物などができない可能性も出てきます。

家族カードの利用代金は本会員が支払う

家族カードを利用して買物をした利用代金は全て本会員が支払う事になります。家族会員分もまとめて本会員の支払口座から引落しされます。当然ながら、家族カードで買物をした利用明細も全て本会員宛に送られますので、家族カードでどういった利用をしたか、本会員が把握できるようになっています。

※ 後で紹介する利用者支払型家族カードの場合は個別の支払いとなります。

家族カードのポイント

家族カードを使ってクレジット払いをした場合は、本会員と同様にポイントが付与されます。但し、ポイントに関しては一般的に本会員と合算して本会員の方に貯まる仕組みになっていますので、個々でポイントは貯まりません。

これは、先ほど紹介した利用代金の支払いは本会員がまとめて支払っていますので、ポイントが付与されるのは支払いをした本会員という事になります。

家族カードのメリット

家族カードのメリット

クレジットカードの家族カードにはいろいろとメリットがあります。

家族カードは原則審査は無し

家族カードは、審査を受けた本会員の追加カードとして発行されます。従って、本会員の方に安定した収入があれば問題なく家族カードは発行され、家族会員となる方は審査を受ける事なくクレジットカードを持つ事ができます。

例え家族会員となる方に収入が全く無くても問題はありません。全て本会員の信用を元にして発行されますので、本会員が支払いの遅れなど信用が低くない限りは大丈夫です。

※ クレジットカード会社の判断や法的義務により一部審査が行われる場合もあります。

家族カードの年会費は無料又は安い

  • 家族カードの年会費は無料又は本会員よりも安い

家族カードの年会費は無料であったり、本会員よりも安く設定されている場合がほとんどです。また、1枚目は無料で2枚目から年会費が多少かかるというものもあります。いずれにしても、クレジットカードを別々に発行するよりも、家族カードを発行している方が年会費はお得になります。

家族カードの年会費は無料又は安い

例えばJCBゴールドカードの年会費は本会員は10,000円+税ですが、家族会員は1名無料で2人目から1名1,000円+税となっており、本会員がゴールドカードなら家族会員は1人目は無料でゴールドカードを持つ事ができます。

別々に審査を受けて持っていた場合は年会費は20,000円+税かかりますが、1枚を家族カードにすれば合計で11,000円+税となりとてもお得です

本会員と基本的に付帯保険や付帯サービスは同じ

家族カードは年会費も安く、本会員とはサービス内容も異なると思われるかもしれませんが、実は本会員のカードの機能とほとんど変わらない機能や付帯サービスなどが搭載されています。

  • 海外旅行傷害保険
  • 国内旅行傷害保険
  • ショッピング保険
  • ポイントサービス

などなど、基本的な付帯保険や、付帯サービスなどは本会員と同じものとなっていますのでとてもお得です。ただ、一部サービスなどは本会員のみ対象ものもありますので注意が必要です。

スポンサードリンク

家族カードのデメリット

家族カードのデメリット

クレジットカードの家族カードにはいろいろとメリットもありますが、デメリットもあります。あらかじめ把握しておかないと、後々家族でトラブルとなる場合もありますので注意が必要です。

限度額は個別に無く、本会員に影響される

家族カードの利用限度額の設定は個別に設定されません。本会員の限度額が家族カードの限度額となっており、それを本会員と家族会員で分け合っている形になります。

それぞれ別々にクレジットカードを作っている場合とは異なりますので、あらかじめ何に使うかなど相談しておかないと使いたい時に使えなかったり、公共料金や固定費などの支払い分が不足したりする懸念があります。

限度額は個別に無く、本会員に影響される

利用明細は本会員の元に届く

家族カードの利用請求は本会員が支払いを行いますので、利用明細は全て本会員の元へ届きます。利用明細が1つで済み、支払いもまとまりある意味でメリットともいえますが、これがデメリットとなる場合もあります。

家族カードで使った内容は全て本会員が把握可能で、きちっと利用を伝えていれば問題は無いと思いますが、こっそり内緒で購入したりしていると、トラブルになることもあります。

ポイントは本会員に付与される

クレジットカードの魅力の一つにポイントプログラムがあります。家族カードを利用するとポイントはもちろん貯まりますが、付与されるのは本会員に対してです。

支払いをしているのは本会員ですので、家族カード利用でのポイントも家族会員には貯まらず本会員の方へまとめて合算されて貯まる仕組みになっています。家族カードを使って買物をしたのは家族会員ですが、自分のポイントになるという訳ではありません。

家族会員ではクレヒスは積み重ねられない

クレジットヒストリー(クレヒス)は、その人のクレジット利用や支払い状況などが登録されている個人信用情報です。CICなど指定信用情報機関にその情報が登録され、その情報を見ればその人が信用できる人か、遅延などが多く信用できない人か判断できます。

しかし、家族カードの場合は支払いをしているのは本会員ですので、家族会員はクレヒスは積み重ねられません。全て本会員の信用情報として登録されます。

将来的にも家族カードで十分という方なら特にクレヒスは気にしなくても良いですが、いずれは自分のカードを持ちたいという方などは、専業主婦の方や学生の方でも審査に通る可能性のあるクレジットカードに申込をして自分のクレヒスを積み重ねていく方が良いです。

本会員が解約又は契約解除となると家族カードは使えなくなる

本会員の追加カードとして発行されている家族カードは、本会員がクレジットカードを解約した場合や、支払遅延などが原因で契約解除となった場合は、家族カードも同時に利用ができなくなり使えなくなってしまいます。

利用者支払型家族カードについて

利用者支払型家族カードについて

クレジットカードの家族カードには、「利用者支払型家族カード」又は「パーソナルアカウントタイプ」と呼ばれるものがあります。これも家族カードの1種ですが、これは本会員、家族会員それぞれが個別にクレジットカードの利用代金を支払うタイプの家族カードです。

支払口座は別々

利用者支払型家族カードの場合、支払いをする口座は本会員とは別の口座となります。それぞれの利用代金がそれぞれの口座から引落しされます。利用明細の送付も、家族会員名義の利用明細が発行されるようになっています。

ポイントも個別に付与される

支払いが別々になっていますので、利用者支払型家族カードで利用し付与されるポイントは、家族会員へ付与される仕組みになっており、本会員とポイントが合算される事はありません。

利用者支払型家族カードがある主なクレジットカード

三井住友カード
(パーソナルアカウントタイプ)
三井住友プラチナカード(VISA・MasterCard)
三井住友ゴールドカード(VISA・MasterCard)
ジェーシービー
(利用者支払型家族カード)
JCBゴールド

三井住友カードは、パーソナルアカウントタイプという名称で提供しています。いずれもゴールドカード以上のクラスのカードで本会員と別口座にする事ができるようになっています。JCBカードもゴールドカードで利用者支払型家族カードという形で別口座にできるようになっています。

クレジットカードの家族カードを持たせるか、デビットカードのどちらが良い?

家族カードもデビットカードもどちらも国際ブランドの決済ネットワークを利用したものですので、利用できる加盟店に変わりはありません。

家族カードは本会員の限度に影響されたり、本会員が支払いをしたりするのでなかなか自由に利用できないといったデメリットがありますので、そういう場合はデビットカードを持つという方法もありです。

クレジットカードとデビットカードの違いを比較はこちらの記事で詳しく紹介しています

家族カードとデビットカードの比較

クレジットカードの家族カードとデビットカードでは年齢などの条件や支払のタイミング、支払方法の種類、限度額、引落口座などに違いがあります。

比較項目 クレジットカード
家族カード
デビットカード
年齢条件等 原則18歳から(高校生不可)
生計を共にする配偶者、両親、子供など
15歳~*会社によって異なる
(中学生除く)
主な国際ブランド VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners Club、Discover、中国銀聯 VISA、MasterCard、JCB、中国銀聯、(J-Debit)
審査の有無 原則不要 審査不要の場合が比較的多い
支払方法の種類 1回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い など 1回払い
支払いのタイミング 後払い 即時支払い
限度額 本会員の限度額の範囲 口座残高による
引落口座・利用明細 本会員の口座
利用明細はまとめて本会員へ
紐付く自分の口座
利用明細は本人宛
ポイントプログラム 原則本会員へ付与 あり
海外利用 可能 可能
海外ATM 利用可能 利用可能
保険・補償・その他 盗難補償、不正利用補償
(カードによって旅行保険やショッピング保険あり)
盗難補償、不正利用補償、取引通知
(カードによってショッピング保険等ある場合あり)

例えば、支払いは家族自身で行わせたい場合、高校生など18歳に満たない場合などはデビットカードという選択肢になると思います。一方で、支払いやポイントをまとめて貯めたいという場合などは家族カードの方が良いでしょう。

家族カードに関する豆知識

ここからは、家族カードに関連する豆知識などを紹介したいと思います。

家族カードの限度額を引き下げる事はできる?(個別に限度額の設定)

例えば、家族カードを利用している配偶者や子供がクレジットカードを利用しすぎて困っているという場合など、家族カードの限度額だけを個別に下げて制限をかけたいという人もおられると思います。

しかし、多くの家族カードは本会員の限度額の範囲内で利用が可能となっており、家族カードの限度額を調節して引き下げるというような事ができないようになっています。

家族カードでキャッシング利用はできる?

一般的なクレジットカードの家族カードであれば、本会員のキャッシング枠の範囲内で家族カードであってもキャッシングを利用する事ができるようになっています。本会員にキャッシング枠が無い場合は利用できません。

また、家族カードでキャッシングを利用する場合は、事前にきちっと本会員に対して何に利用するかなど説明をしておかないと勝手にキャッシングするとトラブルの原因となりますので十分注意が必要です。

家族カードは即日発行できる?

今すぐに家族カードが必要といっても、一般的には家族カード含め即日発行は難しいです。

クレディセゾンやエポスカードなどは、それぞれセゾンカウンターやエポスカードセンターなど店頭窓口がありますが、家族カードに関しては即日発行は対応していません。たいていの場合、家族カードの発行には1週間以上はかかってしまいます。

家族カードを申込するのに必要書類は?

基本的に家族カードの申込の際には書類は必要ありません。例えば結婚している事を証明する書類や、実の子供であるかどうかなど戸籍謄本が必要といった事もありません。まれに名字が異なっている場合には電話で確認などがある事もあります。

もちろん家族会員となる人の本人確認も基本的にありません。本会員の追加カードとして本会員の信用を元にして発行され支払うのも全て本会員ですので、そこまで厳格という訳ではありません。

但し、虚偽の関係であった場合など何らかの形で虚偽が発覚した場合は家族カードの停止はもちろん、本会員の契約も解除となる可能性があります。

事実婚や内縁、別性、同性パートナー(LGBT)、兄弟の場合、家族カードは作れる?

クレジットカード会社によっては、事実婚や内縁、別性であっても家族カードの発行がOKな会社もあります。

アメリカン・エキスプレスでは、事実婚や内縁関係、別性や同性パートナー、兄弟であっても家族カードの申込が可能となっています。楽天カードも同性パートナーでも生計を共にしていればOKとなっています。

その他にもクレジットカード会社の判断によって事実婚や内縁関係であってもOKという会社もありますので一度確認をしてから申込するのが確実です。

但し、家族カードの条件に「同性の」といった文言がある場合は家族カードを作るのは難しいです。また、多くの場合は本会員と生計を共にしている事を求められます。

家族カードのサインや暗証番号は?

家族カードは本会員の追加カードですが、家族カードの表面には家族会員の氏名となっています。従って、家族カードが届いたら裏面の書名欄には家族会員の署名をして、伝票にも同様に家族会員のサインをする事になります。

暗証番号も家族カードは本会員とは別の暗証番号を設定する事になります。

離婚した場合、家族カードは使えなくなる?

もしも配偶者と離婚をした場合、家族カードは使えなくなります。

クレジットカード会社へ連絡して家族カードを解約する必要があります。生計を共にしていないという事で、今まで家族カードを利用していた場合は新しく自分自身で申込をしてクレジットカードを作るなどの対応が必要です。

もちろんクレジットカード会社に伝えず、本会員がきちっと支払いを続けていれば分かりませんが、離婚して相手がどういう利用をするかも分からないので普通は家族カードを解約する事になると思います。

スポンサードリンク

- クレジットカードの基礎知識