携帯料金の滞納はクレジットカード審査に影響する?信用情報との関係について

最終更新日:

 

今では携帯電話は必需品となっており、多くの人が保有していると思います。そんな携帯料金を滞納しているとクレジットカードやキャッシングの審査に影響するという話は聞いた事がある人もいるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

携帯料金の滞納とクレジットカードの審査との関係性

毎月の携帯料金の滞納とクレジットカードの審査は関係が無いように思えますが、携帯料金の中にスマホ本体など携帯端末の分割払いの料金が含まれている場合に滞納していると審査に影響してきます。

携帯端末を一括払いで購入している場合や既に支払終わっている場合であれば問題はありません。まだ分割払いの途中で携帯料金を滞納している場合には注意が必要です。

携帯端末の分割払いは信用情報に登録される

スマホ本体など携帯端末を分割払いで購入する場合には、ドコモやauやソフトバンクなど携帯電話会社と「個別信用購入あっせん契約(割賦販売契約)」を結びます。

そして、携帯電話会社は割賦販売法に基づいて経済産業省指定の信用情報機関にその人個人の信用情報を照会・登録する義務を負っています。従って携帯端末を分割する場合には必ず信用情報機関に情報が登録されます。

この事は分割払いの際にショップなどで説明があり、必ず同意を求められます。

(以下引用)

「個別信用購入あっせん契約(ドコモの分割払い)」のお申込みをされた場合、割賦販売法の規定により、お客様の個人信用情報を経済産業省の指定する「指定信用情報機関」に登録いたします。登録する情報は、お客様のお名前や住所などの属性情報、当社と締結された「個別信用購入あっせん契約」の内容、ならびにお客様のお支払状況などです。
またお客様がお支払を遅延した場合は、その事実も登録いたします。ご契約者が未成年で支払名義人の親権者がお支払いを遅延された場合も、未成年のご契約者の支払遅延情報となりますのでご注意ください。
なお、登録されたお客様の個人情報は、指定信用情報機関の他の会員により利用され、お支払いを遅延した情報がある場合は、クレジットやローンの申込等が断られる場合があります。

NTTドコモ「分割払い購入について」より

(以下引用)

割賦販売法の規定により、個別信用購入あっせん契約のお申し込み時および契約後に、ご契約者の個人情報(お支払い状況等を含む)を、経済産業省の指定する信用情報機関に照会・登録します。

(以下引用)

ソフトバンクは、割賦販売・個別信用購入あっせん等(以下「対象契約」)の契約者(申込者含む)に関する個人情報をソフトバンクが加入する指定信用情報機関(以下「加入指定信用情報機関」)およびソフトバンクが加入する個人信用情報機関(以下あわせて「加入指定/個人信用情報機関」)ならびに、与信業務に関して提携する企業(以下「提携企業」といい、加入指定/個人信用情報機関と提携企業をあわせて「加入指定/個人信用情報機関等」)に提供することにより照会を行います。その際、個人情報が登録されている場合には、契約者の支払能力・返済能力の調査のために、ソフトバンクはそれを利用します。
ソフトバンクは、対象契約の契約者(申込者含む)に関する個人情報、客観的な取引事実を加入指定/個人信用情報機関に提供し、下表に定める期間登録します。提供・登録された情報は、加入指定/個人信用情報機関の加盟会員により、契約者の支払い能力・返済能力に関する調査のために利用されます。

ソフトバンク「割賦契約に関する同意事項」より

もし、信用情報機関へ個人信用情報を登録されるのが嫌な場合は分割払いは利用できません。これは法律で決まっている事なのでどうすることもできません。

携帯電話会社が加盟する信用情報機関は?

CIC 信用情報機関

NTTドコモ、au、ソフトバンクの大手3社が加盟している信用情報機関はCICとなっています。

CICは割賦販売法と貸金業法に基づく指定信用情報機関となっており、これら携帯電話会社の他に、クレジットカード会社などが加盟しています。

クレジットカード会社も割賦販売法や貸金業法に基づいてCICなどの信用情報機関に照会をかけますので、もし携帯端末の分割払いの滞納をしていればその情報も把握されることになります。

スポンサードリンク

どのくらい滞納していると信用情報に登録される?

 

信用情報 クレジット情報

CICの信用情報には、毎月の支払いを記号で示す入金状況と、割賦契約の情報が登録されます。もし、携帯料金(端末の分割代が含まれている場合)を1ヶ月でも滞納すると、入金状況に「A」のマークが付きます。

これはその人の事情で支払日に入金が無かった事を示しています。

また、割賦契約の項目では61日以上又は3ヶ月以上の滞納がある場合には、異動情報として個別に日付などが登録されてしまいます。これはいわゆるブラック状態で、この異動情報が登録されるとクレジットカードやローン、キャッシングなどの審査に通らなくなります。

もちろんAのマークが多い場合も印象は良くありませんので、Aが多いと審査に通るのは厳しくなってきます。

どのくらいの期間で異動情報は消える?

異動情報は基本的に契約中はずっと登録され続けます。そして契約終了後5年間登録保管されます。

注意したいのは、契約中はずっと登録されっぱなしになります。要は分割払いの契約が残っている限り異動情報は消えません。ずっとブラック状態という訳です。

また、異動情報が5年で消えると言うのは異動発生日からではありません。契約終了後5年間保管されるので、そもそも契約が切れなければ5年以上登録されたままということもありえますので注意が必要です。

まとめ

単に通話料やデータ通信量だけの携帯料金を滞納している場合にはクレジットカードの審査には影響しませんが、携帯端末の分割払いをしている場合は携帯料金に含まれているので、延滞していると審査に影響します。

また、逆パターンもあります。クレジットカードの支払遅延があり異動情報として登録されていた場合には、携帯端末を分割払いで購入する際、審査に通らず分割払いができないという事もあります。

スポンサードリンク

- 信用情報の基礎知識