国際ブランドとは?それぞれの違いやクレジットカードの国際ブランド選び方

最終更新日:

クレジットカードには国際ブランドと言うものがあります。ブランドはサービスを区別する意味があり、VISAやマスターカード、JCBなど、いくつか種類があり違いがあります。日本でクレジットカードを作る際はこの国際ブランドの選択もポイントの1つです。

ここでは、国際ブランドがどのようなものか詳しく解説したり、クレジットカード選ぶ際、それぞれの違いや自分の用途や利用環境に合った選び方のコツなどについて紹介したいと思います。

スポンサードリンク

国際ブランドとは?

クレジットカードの国際ブランドとは?

クレジットカードの表面には、上のような「VISA」「MasterCard」「JCB」といったロゴマークが入っていると思います。これがいわゆる国際ブランドを表しています。

国際ブランドの「ブランド」はクレジットカードの決済サービスを提供している会社を区別するもので、加盟店ではどの国際ブランドが利用できるか表示されており、対応したクレジットカードで支払ができます。

クレジットカードの国際ブランドには主要な5つのブランドと、新たに2つのブランドが国際ブランドとして広まっています。

主要5大国際ブランド VISA(ビザ)
MasterCard(マスターカード)
AMERICAN Express(アメリカン・エキスプレス)
JCB(ジェーシービー)
Diners Club(ダイナースクラブ)
新たに登場 DISCOVER(ディスカバー)
中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)

VISAやマスターカード、JCBなどは5大国際ブランドと呼ばれています。最近ではアメリカのDISCOVERと中国の銀聯が加わり、7大国際ブランドとも呼ばれています。

国際ブランドの役割

国際ブランドは主に2つの役割を担っています。

  • 現金を必要としない決済機関のような役割で、24時間いつでも世界的に安全・確実に決済ができるネットワークを提供及び拡大
  • 国際的に決済のルールを策定し安定的に決済の仕組みが機能するようにする

まず一つ目は、国際ブランドは世界の多くの国で決済出来る仕組みを構築しています。日本国内だけしか使えないならそれは国際ブランドとは呼べません。世界中の金融機関などにライセンスを与えたりし、役割を分担をしながら自社の決済ネットワークを常に世界中へ拡大しています。

例えば、VISAなら世界中に加盟店があり、多くの金融機関などがVISAブランドのカードを発行しています。そしてVISA NET(ビザネット)と呼ばれるVISAの決済ネットワークは、1日あたり平均約1億5千万件の取引があり、1秒あたり約6万5千件以上の取引処理能力があります。また、175の通貨に対応しており、世界中で安定的にクレジットカードによる決済ができるように役割を果たしています。

もう一つは、国際ブランドとしてのルールや規範を取り決めています。クレジットカードを利用する人、加盟店が安心して利用できるような環境作りなども行っています。社会にルールがあるように、国際ブランドとしてもトラブルや無法的に勝手な事をされては困ります。

しっかりとルール策定をし、必要に応じてルールを改訂したりしながら国際ブランドというものを運営しています。

国際ブランドの種類や違い

国際ブランドはそれぞれ特徴があり違いもありますが、大きく2つに分類する事が出来ます。一つ目は純粋に現金を必要としない決済に力を入れている国際ブランドと、もう一つは、旅行やエンタテイメントなどT&E(Travel & Entertainment)に力をいれている国際ブランドに分ける事ができます。

VISA、MasterCard 主に決済に力を入れており、決済ネットワークや決済機能などに力を入れている
アメリカン・エキスプレス、JCB、Diners 主に旅行やエンタテイメント、その他付帯サービスに力を入れている

クレジットカードが使える加盟店は、VISAやMasterCardの方がアメックスやJCBなどよりも多くあります。一方で、アメックスやJCBなどはVISAなどと比較すると加盟店数では劣りますが、エンタテイメントや旅行関連の優待やサービスなどを充実させている特徴があります。

とは言え、近年ではVISAやMasterCardでもエンタテイメントや旅行などの付帯サービスにも力をいれていますので、単に決済だけという訳ではありません。

VISA(ビザ)

VISA(ビザ)ブランド ロゴ

VISAは、アメリカのカリフォルニア・サンフランシスコに本社を置くVISA Inc.が展開している国際ブランドです。VISAは世界200以上の国や地域で消費者や加盟店、金融機関や企業、パートナー、政府機関などを迅速かつ安全で信頼性の高い電子決済に結びつける世界的な決済技術を提供する企業です。

VISAのクレジットカードの世界シェアは約59%で取扱高は約730兆円を誇ります。また、VISAブランドの会員数約24億人以上、加盟店数は公表されていませんがおおよそ3,000万店以上あるといわれており、知名度も含めて世界1位の国際ブランドとなっています。

VISA自体はクレジットカードを直接発行しておらず、基本的に金融機関や銀行系カード会社等へVISAのライセンスを供与し世界展開をしています。加盟店開拓や管理に関しても同様です。

日本でVISAブランドのクレジットカードを発行しているカード会社や金融機関

日本では1968年に当時の住友クレジットサービス(現在の三井住友カード)と、バンクオブアメリカが提携して海外決済専用の当時のBANK AMERICARD(現在のVISAブランド)を発行しています。

日本においてはVISAと直接契約をしてライセンス権を得て発行しているカード会社や金融機関と、それらの企業と提携してライセンスを借りて発行している企業があります。主にライセンスを受けている企業は以下のような会社があります。

  • 三井住友カード
  • 三菱UFJニコス
  • クレディセゾン
  • イオンクレジットサービス
  • りそな銀行
  • セディナ
  • 楽天カード
  • トヨタファイナンス

VISA JAPANは、日本におけるVISAの日本法人。VJAは、日本でVISAカードを発行する主な銀行など金融機関や企業で作る協会です。

MasterCard(マスターカード)

MasterCard(マスターカード)ブランド ロゴ

MasterCard(マスターカード)は、アメリカのニューヨークに本社を置くMasterCard Incorporatedが展開する国際ブランドです。VISAと同じくらい認知度のあるブランドで、同様に直接クレジットカードは発行しておらずライセンスを与えて世界展開をしています。ただ、VISAとは異なり銀行系以外のカード会社にもライセンスを与える事があります。

加盟店に関してはVISAと同じ規模を誇り、VISAが使えればMasterCardも使える場合が多いです。取扱高や発行枚数に関してはVISAの半分程度となっています。ヨーロッパで強いブランドといわれていましたが、VISAと合わせて加盟店開拓が行われる場合がほとんどなのでそれほど違いはありません。

日本でマスターカードブランドのクレジットカードを発行しているカード会社や金融機関

基本的に日本では、VISAと同様にMasterCardも取扱っているクレジットカード会社が多いです。三井住友カードではVISAとマスターカードのデュアル発行も行っていますし、三菱UFJニコスなどいくつものカード会社が発行しています。

また、VISAは基本的には金融機関にライセンスを与えていますが、マスターカードは日本で初の消費者金融であるアコムに対して1998年にライセンスを与えています。

Priceless Japan(プライスレス・ジャパン)

MasterCardでは、priceless(プライスレス)というキーワードで世界的に展開をしており、日本でもテレビCMなどで耳にすると思います。プライスレス・ジャパンではMasterCardのプロモーション活動や限定特典などを提供しています。

MasterCard Japanは、マスターカードの日本法人。プライスレス・ジャパンは、マスターカードの日本におけるPR及び特典関連のサイト。

American Express(アメリカン・エキスプレス)

American Express(アメリカン・エキスプレス) ブランド ロゴ

アメリカン・エキスプレス(American Express)は、ニューヨークに本社を置く国際ブランドです。アメックスの略称で呼ばれています。アメリカン・エキスプレスは元々宅配事業などを行っており、その後、金融事業や旅行関連の事業やトラベラーズチェック(旅行小切手)などの事業を展開しています。

アメリカン・エキスプレスの加盟店数は公表されていませんが、日本ではJCBと加盟店解放を行っていますので、基本的にはJCBが使えるお店ではアメックスブランドのクレジットカードも使う事ができます。

主要株主は著名な投資家のウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイで、サラダオイル事件でアメックスの株価が半値近くになった時に購入してから一部売却したものの、バフェットはその後もずっとアメックス株を保有し続けています。また、バフェット自身もアメックスグリーン(一般カード)を保有しています。

日本においては、アメックスが直接発行しているプロパーカードと、クレディセゾンや三菱UFJニコスなどがアメックスと提携しライセンスを得て発行しているカードがあります。

高いブランド力を誇るアメックス

アメリカン・エキスプレスは、クレジットカードの国際ブランドとしては高いブランドイメージがあり、ダイナーズクラブと並ぶブランド力があります。

また、VISAやMasterCardブランドは決済を中心とした国際ブランドですが、アメックスは旅行やエンタテイメントなどの付帯サービスにも力を入れていたり、充実したサポート体制などもあります。そして、アメックスでは自社でもクレジットカードの発行も行っています。

ブランドイメージとしては高いですが、とは言っても普通に会社員の方でも審査に通る可能性もありますし、主婦の方でもアメックスゴールドを保有されている方もおられます。

Diners Club(ダイナースクラブ)

Diners Club(ダイナースクラブ)ブランド ロゴ

Diners Club(ダイナースクラブ)は、アメリカのニューヨークに本社を置く国際ブランドで、Diners Club Internationalによって展開されています。Diners Club以前にもクレジットカードに似た仕組みのサービスは色々とありましたが、現在のようなクレジットカードの先駆けの会社とされています。

2000年にはシティに買収されましたが、シティグループの経営悪化により現在は、後で紹介するディスカバー・フィナンシャル・サービシスの傘下に入っています。日本では三井住友信託銀行傘下の三井住友トラストクラブ株式会社が事業を行っています。

Diners Clubは、アメリカン・エキスプレスと並ぶ高いブランドイメージがあり、また会員は富裕層の会員が多く居ます。日本でも同様に富裕層をターゲットとしており、現在でも一般カードであってもゴールドカードやプラチナカードと変わらないような内容となっており、入会資格もある程度の条件があります。年会費もそれなりにします。

また、銀座ダイナースクラブカードというカードも発行されており、銀座にダイナースクラブラウンジがあります。もちろん優待なども高いレベルのものが用意されています。

日本においては、当時の日本交通公社(現在のJTB)と富士銀行(現在のみずほ銀行)が日本ダイナースクラブを設立したのが始まりで、日本で初めてのクレジットカードとも言われていますが、発行開始時期はJCBとほぼ変わりありません。また、JCBと加盟店の相互開放を行っていますので、基本的にはJCBが利用出来るお店ならダイナースクラブも利用する事が可能な場合があります。

JCB(ジェーシービー)

JCB(ジェーシービー)ロゴ

JCB(ジェイシービー)は、日本で唯一の国際ブランドで日本ではダイナーズクラブとほぼ同時期にクレジットカード発行を開始しています。会員数は約9,000万人以上で、日本はもちろん日本人に人気の観光地などを中心に加盟店があり、世界で約3,000万店以上の加盟店があり、さらにアメリカン・エキスプレスやダイナーズクラブと加盟店開放を行っています。

自社でもクレジットカードを発行

JCBでは、国際ブランドとしての業務はもちろん自社でもJCBオリジナルシリーズなどのプロパーカードを発行しています。JCBの場合も決済カードというよりは、トラベル&エンタテイメントカードとしての特徴があります。加盟店開拓でもアメックスやダイナーズの加盟店開拓も合わせて行われています。

また、JCBは東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーとなっており、スターツアーズやニモ&フレンズ・シーライダーのスポンサーでもあります。クレジットカードでも提携があり、「ディズニー★JCBカード」というJCBブランドでディズニーデザインのクレジットカードも発行しています。(東京ディズニーリゾートでは他の国際ブランドも利用出来ます)

JCBブランドは海外に弱い?

JCBブランドのクレジットカードは海外では加盟店が少なく弱いイメージがあります。事実VISAなどと比較すると海外で使えるお店は少ないです。JCBってナニ?くらいの感じですし、場合によってはメージャーブランドではなく地域ブランドとして扱われている場合もあります。それくらい海外では認知度が高いとは言えません。

しかし、全く利用出来ないかというとそういう訳ではありません。日本人に人気の観光地、特にアジアやハワイなどでは比較的使えますし、何といっても世界の主要都市にはJCBプラザなどがあり海外旅行の際に現地言語が分からない場合など意外と役に立ちます。

Discover(ディスカバー)

Discover(ディスカバー)ブランド ロゴ

Discover(ディスカバー)は、アメリカのイリノイ州に本社を置くディスカバー・ファイナンシャル・サービシズが展開する比較的新しい国際ブランドで、アメリカを中心にクレジットカード事業やローン事業などを行っています。

アメリカを中心に会員数は約5,000万人ほど居るといわれており、Diners Club Internationalを2008年にシティグループから買収して傘下に収めています。また、加盟店の開放をJCBと中国銀聯と行っており、アメリカでもJCB取扱店が増えてきています。ただ、Discoverブランドのクレジットカードは日本では発行されていません。

日本では、2020年東京オリンピックの関係で利用できる店舗が増えてきています。

ディスカバー(公式サイト:英語)

中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)

中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)ブランド ロゴ

中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)は、またの名をUnion Payや、China Union Payと呼ばれています。中国銀聯は、中国上海に本社を置く国際ブランドで、中国本土はじめ日本やアメリカ、アジア、ヨーロッパなどで加盟店が拡大しています。

設立は2002年で、中国の中央銀行に当たる中国人民銀行主導の元、設立され展開されています。発行枚数や取扱高はVISAをしのぐものがあり、急成長していますが中国の場合、発行・利用の多くは銀行預金口座と紐付いたデビットカードで信用を必要とするクレジットカードではありません。

中国銀聯が広く普及しているのは前述の通り多くがデビットカードで審査を必要とせず、貧富の差が激しい中国でも対象の銀行口座さえ作れば中国銀聯ブランドのデビットカードを持つ事ができる為です。

日本では三井住友VISAカード及び三菱UFJニコスが中国銀聯のクレジットカードを発行しています。いずれも、ショッピング専用で1回払いとなっており、キャッシング機能などは付帯していません。

中国銀聯(公式サイト)

国際ブランドの選び方のコツ

国際ブランドの選び方のコツは?

日本においてクレジットカードを作る場合には、主にVISA、MasterCard、AMEX、JCB、Dinersの5つの国際ブランドの中から選択することができます。ただし、発行するクレジットカード会社やそのカードの種類によって、国際ブランドが選択できる場合と出来ない場合もあります。

この様にクレジットカードを作る際に国際ブランドを選択できる場合にどのブランドを選択すれば良いか分からない場合や迷う場合があると思います。そんな国際ブランドの選び方のコツなんかを紹介したいと思います。

国際ブランドの選び方のポイント

日本では主に5つの国際ブランドが選択できますが、国際ブランドの選び方のポイントとしては、自分の利用用途や環境を整理して選択するのがポイントとなってきます。何気なしに選んだりすると後で後悔する事もあります。

  • 初めてクレジットカード
  • 2枚目のクレジットカード
  • 日本で日常生活での利用
  • 海外旅行や海外出張などで利用

この様に、国際ブランドを選ぶ時には、自分の利用用途や利用環境などがあると思います。それらに当てはめて、それぞれの国際ブランドの特徴やサービス、普及度合いなどを考えて選ぶのがポイントとなります。

尚、国際ブランドとしてはクレジットカード発行の際の審査は行いません。イシュアーと呼ばれる発行会社が審査を行い発行しています。

国際ブランドは途中で変更したりは出来ません。不可能ではありませんが、結局の所1から申込みをした方が早いと思います。

初めての持つ場合や海外旅行ではVISAブランドの方が無難

もしも、初めてクレジットカードを作るという場合は、VISAブランドのクレジットカードを作っておくのが無難です。VISAは決済に強いブランドですので日本はもちろん世界で加盟店数が多く、困ることは少ないと思います

  • VISAブランドの決済力はやはり世界で最も高く便利

日本ではJCBというイメージもあるかも知れませんが、今となってはVISAもJCB同様に使えるお店は多いですし、通販でカード払いができる場合はVISAブランドはほぼ利用できます。また、海外では日本人に人気の観光地ならJCBも使える場合がありますが、圧倒的にVISAのほうが利用できます。

ですので、まずはVISAブランドのクレジットカードが1枚あるとカードが使えるお店では困る事は少ないと思います。同様にMasterCardブランドも、VISAと合わせて加盟店開拓が行われている場合があるのでVISAが使えればMasterCardブランドも使うことができる場合が多いです。

意外と使えるJCBブランド

さて、決済力で考えると圧倒的にVISAやMasterCardブランドのクレジットカードが強いです。海外旅行の際にもVISAブランドのクレジットカードは1枚は持っていった方が良いでしょう。しかし、意外とJCBブランドのクレジットカードも海外旅行では役に立ちます。

  • 日本では加盟店数はVISAよりも多い
  • 世界主要都市9ヶ所に日本語対応のJCBプラザラウンジがある
  • 世界60ヶ所で海外旅行をサポートするJCBプラザがある

JCBでは世界主要都市9ヶ所にJCBプラザラウンジを設けています。また、世界60ヶ所で海外旅行のサポートをする窓口であるJCBプラザを用意しています。それぞれJCB会員であれば利用でき、スタッフが日本語で対応してくれます。

サービスの内容も、共通してJCB加盟店情報や観光情報、各種ホテルやレストラン、ツアー、チケットの予約、無料Wi-Fiサービスが提供されており、主要都市にあるJCBプラザラウンジならさらに、日本語新聞や雑誌、レンタル傘、インターネット、プリントアウト、マッサージ機、当日中の荷物一時預かりなどのサービスが提供されています。

この様に日本語しか分からず、海外で困った時などにはJCB会員ならこれらのサービスを受ける事ができます。VISAブランドとJCBブランドのクレジットカードの組み合わせで海外旅行をすると困る事は少なくなります。

また、日本ではJCBは東京ディズニーランドやディズニーシーのオフィシャルスポンサーとなっており、ディズニー関連の優待などが色々と用意されています。また、Apple Payでもディズニー★JCBカードが使えるようになり、クリスタルミッキーなどの画面が表示されたりします。

アメックスやダイナーズブランドは使えない?

アメックスやダイナーズブランドは、加盟店が少なく使いにくいイメージがあるかも知れませんが、JCBと加盟店開放を行っていますので、日本でもJCBブランドが使えるお店ならアメックスやダイナーズのクレジットカードは基本的に使う事ができますので、使えるお店が少なくて困るという事はあまり無いと思います。

ただ、やはりVISAやMasterCardと比較すると加盟店数などで差がありますので、初めてクレジットカードを作るという場合にはあまり向いていない場合もあります。また、ダイナースクラブは年会費や入会資格なども普通のクレジットカードからするとハードルは高いです。

  • アメックスやダイナーズは高いブランド力や手厚いサービスなどが魅力
  • アメリカなど海外ではステータス性は高い

日本ではクレジットカードにはステータス性を求めていないという方もそれなりにおられますし、確かに昔ほど敷居が高いというイメージもありません。

しかし、アメックスにしてもダイナースにしても上位クラスのカードは社会的地位が無いと持つ事は出来ませんし、日本とは異なりアメリカなどでは信用履歴やクレジットスコアなどが重視され様々な影響があり、ステータス性のあるカードを持っているとやはり信用は高いです。

2枚目は違うブランドを作って使い分けると便利

もし既に1枚クレジットカードを持っている場合で、もう1枚クレジットカードを持とうと思った場合は、今持っている国際ブランドとは別のブランドを作るのがおすすめです。

もちろん2枚ともVISAでも良いのですが、VISAを持っていて次はJCBブランドを作ると、海外旅行などで利便性が高まる場合があります。

例えば、JCBカードで旅行代金の支払をして、現地ではVISAカードで支払をする。そして、分からない事があればJCBのサービスであるJCBプラザなどを利用する。といった活用が出来ます。

いずれにしても、使える場所の多いVISAブランドを1枚は持っておいて、2枚目はJCBやアメックスなどのブランドを持ち使い分けるというのが便利だと思います。

中国旅行や出張には中国銀聯が便利

中国へ旅行や出張を考えておられる場合は、国際ブランドとしては中国銀聯が便利です。中国での決済力は圧倒的にあります。中国銀聯ブランドのクレジットカードは日本では、三井住友カードや三菱UFJニコスから発行されています。

いずれも、追加カードとして家族カード感覚で発行ができるようになっていて、本会員の口座からの引落しという形になります。また、キャッシング枠は無く、ショッピング専用の中国銀聯カードとなります。

いずれにしてもVISAブランドは1枚は持っておくと便利です。日本国内だけの利用を想定しているならJCBブランドでも良いと思います。

国際ブランドの比較

国際ブランドの比較では、会員数や加盟店数などの比較です。国際ブランドによってオープンにされている情報もあれば非公開となっている情報などもあります。

国際ブランド 拠点 会員数 加盟店数 世界シェア 取扱高 自社発行
VISA アメリカ(カリフォルニア) 約31億人以上 4,300万店以上 約59% 約730兆円 無し
MasterCard アメリカ(ニューヨーク) 約21億人以上 3,800万店以上 約26% 約483兆円 無し
American Express アメリカ(ニューヨーク) 非公開(約1億人以上) 非公開(2,600万店以上) 約3% 約110兆円 あり
Diners Club アメリカ(ニューヨーク) 非公開(日本では約70万人) 2,600万店以上 約1% あり
JCB 日本(東京) 約1億人以上 3,000万店以上 約1% 約26兆5千億円 あり
DISCOVER アメリカ(イリノイ) 約5千万人以上 700万店以上 約0.5% 約33兆円 あり
中国銀聯 中国(上海) 約60億以上 1,000万店以上 約12% 約977兆円 あり

会員数

各国際ブランドの会員数では、圧倒的に中国銀聯が圧倒的に多い会員数を誇ります。これは、中国の人口も多く、中国銀聯の項目でも紹介しましたが、発行されている多くは信用を必要としないデビットカードで、中国の銀行口座さえあれば簡単に作る事ができる為です。

もちろんアメリカでもデビットカードは広く利用されていますが、クレジットカードとほぼ同じ比率かデビットカードの方が少し高いくらいの比率となっています。

信用を必要とするクレジットカードで見ると、やはりVISAの方が会員数は多いです。また、アメリカンエキスプレスやダイナースクラブは基本的には非公開となっていますが、それほど会員数が多いわけではありません。日本の国際ブランドJCBと比較すると同じぐらいの会員数となっています。

加盟店数

加盟店数を比較すると、VISAとマスターカードは同じような加盟店数となっています。一方でJCBも加盟店数は着実に増やしてきています。また、JCBやアメリカン・エキスプレス、DISCOVER、ダイナースクラブ、中国銀聯などはそれぞれ提携によって加盟店開放を行っています。

取扱高

取扱高でも中国銀聯がVISAを抜かしてトップとなっています。取扱高に関しても、中国の人口や市場規模などからやはり取扱高は大きくなっています。

VISAやマスターカード、アメックスは2017年から中国での営業許可の申請を行っており、行政などの審査が数年で行われるそうです。今後これらの国際ブランドが中国に進出するとVISAやマスターカードなどの取扱高、シェアなどにも変化があるかも知れません。

ただ、中国は一党独裁の国家であり、中央の意向次第や政治的な問題もありチャイナリスクがある為どのようになるかは現時点では分かりません。

スポンサードリンク

デビットカードやプリペイドカードにも国際ブランドが

日本では近年よくデビットカードという言葉を耳にすると思います。例えば三井住友カードのVISAデビットなどがあります。デビットカードは、金融機関の預金口座と紐付いたカードで、決済をするとすぐに預金口座から利用金額が引落しされるというカードです。

預金口座から即引落しされる為、クレジットカードのように個人の信用を必要とせず、基本的には審査などもありません。海外などではデビットカードは広く普及しています。

国際ブランドは、このデビットカードにも決済ネットワークの利用を提供しており、それぞれのブランドの加盟店でクレジットカードと変わる事なく決済をする事が出来るようになっています。

また、先にカードにチャージして決済が出来るプリペイドカードにも国際ブランド付きのものが発行されており、このタイプのカードも国際ブランドの決済ネットワークを利用して支払が可能です。

日本では、au WALLETプリペイドカードやおさいふPonta、ソフトバンクカードなどが発行されています。

プリペイドカードもクレジットカードのような審査はありません。あらかじめカード内にチャージをしておき、その範囲内でしか決済出来ませんので、個人信用は必要ありません。

国際ブランドの豆知識

最後に国際ブランドに関するちょっとした豆知識などを紹介したいと思います。

イシュアーとアクワイアラ

国際ブランドには、イシュアー(クレジットカード発行会社)と、アクワイアラ(加盟店開拓・管理会社)が大きく関わっています。国際ブランドの決済ネットワークを利用するには、クレジットカードそのものと、使えるお店が必要となります。

イシュアーは、クレジットカードを発行している会社です。国際ブランドとライセンス契約を行い、そのブランドのクレジットカードを発行しています。アメリカなどでは基本的には金融機関がイシュアーとなっています。

もう一方のアクワイアラも、国際ブランドとライセンス契約を行い、そのクレジットカードが使えるお店を増やしたり、カード会員が支払いをしたお金を加盟店へ入金の取次ぎをしたりしています。

日本の割賦販売法ではそれぞれ以下のように定義されています。

イシュアー クレジットカード等あっせん業者
(包括信用購入あっせん業者又は二月払購入あっせん業とする者)
アクワイアラ 立替払取次業者

日本の場合は、イシュアーとアクワイアラーを兼ねている場合が多いです。一般的に日本でクレジットカード会社と呼ばれている三井住友カードや三菱UFJニコス、クレディセゾンなどは、国際ブランドとライセンス契約をしてカードの発行や加盟店開拓・管理などの業務を行っています。

国際ブランドも発行及び加盟店開拓を行う場合もある

VISAやマスターカードは、自社でのクレジットカード発行や加盟店開拓は行っておらず、イシュアー(クレジットカード発行会社)及びアクワイアラー(加盟店管理会社)にライセンスを与えて展開をしています。

一方で、JCBやアメリカン・エキスプレスのように、自社でもクレジットカード(プロパーカード)の発行を行っていたり、加盟店開拓を行っているイシュアーとアクワイアラを兼ねた国際ブランドもあります。

例えば、JCBは自社でJCBオリジナルシリーズを発行しています。一方で、セディナや三菱UFJニコスからもJCBブランドのカードが発行されています。

そして、JCBでは日本でJCBの加盟店開拓も行っていますし、業務提携をしているアメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ、ディスカバーなどの国際ブランドの取次ぎ業務も行っています。

アメックスでも、自社でもアメックスグリーンやゴールド、プラチナ、センチュリオンなどのプロパーカードを発行しつつ、日本ではクレディセゾン、三菱UFJニコスなどへライセンスを与えアメックスブランドのクレジットカード発行を認めています。

プロパーカードは、国際ブランドが直接発行している固有のクレジットカードを意味します。プロパーは「本来の」「正規の」といった意味合いがあります。

国際ブランドの収益源は?

国際ブランドは営利団体ですので、当然収益を上げる必要があります。日本ではクレジットカード会社がカードを発行し、請求が来るわけですが、では国際ブランドはどこで儲けているのか気になると思います。

VISAやマスターカードの場合は自社でクレジットカードの発行を行っていませんが、金融機関などクレジットカード発行会社へのライセンス料や純粋にブランドの決済毎に決済処理の手数料を得たりしています。例えばVISA Inc.の売上高は約1兆6千億円ほどあります。

このように、クレジットカードでの支払いによる1件当たりの手数料は微々たる額かも知れませんが、取引件数は膨大ですので国際ブランドとしては大きな収益となっています。

また、JCBのように国際ブランドを運営しつつ自社でもクレジットカードを発行したり、加盟店開拓などを行っている場合にはそういった手数料も収入源の一つとなっています。

国際ブランドが付いていないクレジットカードは無い?

クレジットカードには、必ず国際ブランドが付いているイメージがあるかも知れませんが、VISAやマスターカードなど国際ブランドが付いていないクレジットカードも世の中にはあります。

これは、いわゆるハウスカードと呼ばれるカードで、クレジットカードの一種です。基本的には1つの会社やグループ企業などが発行しており、それらのお店でしかクレジット払い出来ないカードで、VISAなどの国際ブランドの決済ネットワークは利用出来ません。

日本の主なハウスカードとしては、日産カード、紀ノ国屋メンバーズカード、コスモ・ザ・カード・ハウスなどがあります。

国際ブランドの変更は可能?

国際ブランドを後から変更する事は基本的に出来ません。あるクレジットカード会社でVISAを申込みして発行され、後からJCBブランドにそのカードを変更は難しいです。

一度解約して新たに作りなおすといった方法が一番手っ取り早いやり方ですが、申込手続きから審査などなど1から作り直す事になりますので、特に初めてのクレジットカードという場合には国際ブランドの選択は自分の用途・利用環境などに合ったものを選択する必要があります。

スポンサードリンク

- クレジットカードの基礎知識