無職でもクレジットカードの審査に通ることはある?その可能性や対策

最終更新日:

無職でもクレジットカードの審査に通ることはある?その可能性や対策

現在無職の方でもクレジットカードを使いたいという方はおられると思います。ただ、無職だと審査に通らないと言うイメージがあると思います。しかし、無職と一言でいっても人それぞれです。

専業主婦(主夫)の方もおられれば、独身で無職という方、ニートの方、学生の方、定年退職された方などなど、無職でもそれぞれ状況が異なります。

スポンサードリンク

無職でもクレジットカードの審査に通る場合

単に無職であっても、配偶者に収入がある専業主婦(主婦)の方や、学生の方は審査に通る可能性がはあります。また、ある程度の預貯金や不動産、有価証券等の資産を持っている方も審査に通る可能性はあります。

専業主婦(主夫)の場合

基本的には配偶者の方が安定継続した収入があることが条件となりますが、その場合世帯収入で判断されますので専業主婦の方でも審査に通る可能性はあります。

配偶者に収入があればOKな場合、規約では配偶者の信用情報も照会されることに同意する形になります。もし、配偶者の方が何枚ものクレジットカードを保有していて収入に対して現状さらにカードを発行すると支払能力が不足すると判断された場合には審査に通りません。

また、配偶者の方の信用情報に遅延など金融事故情報が登録されていた場合には、同様に審査に通る可能性は低くなりますので注意が必要です。

学生の場合

学生さんの場合は、アルバイトをされていれば収入があるとなりますが、基本的にクレジットカード会社は学生さんは収入が無いことを前提に審査が行われます。学生さんOKのクレジットカードは特に収入がなくても審査に通る可能性はあります。

これは扶養している親権者がその支払の代わりをすると考えられます。当然ながら限度額はかなり低い額に設定されます。

ちなみに学生さんの場合は別に親の信用情報が影響するということはありません。一般的に規約には親権者の信用情報を照会するような同意は求められていません。

年金受給者の場合

既に定年退職されて年金を受給されている方は年金を得ているので審査に通る可能性はあります。職業欄に年金受給者という選択肢があるクレジットカード会社もありますので、そちらを選択して審査が行われます。

信用情報に問題がなければクレジットカードが発行される可能性がありますが、利用可能枠の設定はそれほど高く無いかもしれません。

預貯金や資産がある場合

資産がありそこから収入が発生している場合には、申込みで収入があることを記入できますので、無職ですが収入が無いわけではありませんので、不動産収入なり得ている額を書けばOKです。

預貯金がそれなりにある場合も、審査に通る可能性はありますが、基本的にカード会社はそれが本当か分かりません。

よく銀行のクレジットカードなら預金額も分かると言う話もありますが、銀行は直接審査を行っていません。銀行系列のクレジットカード会社が発行や審査を行っているにしても、例え系列であっても顧客の預金額を簡単に伝えたり調べられたりするような銀行やカード会社はありません。むしろそんな事されたら怖いですし信用できません。

従って預貯金があったとしても、収入がなければ審査に通るのは難しくなります。

ただ、アメリカン・エキスプレスやダイナースクラブは紹介で入会できることもありますので、ある程度の預金があり上客の紹介であれば入会できるかも知れません。

無職でクレジットカードの審査に通らない場合

学生さんでも無く、独身の方で無職の場合には審査に通る可能性はかなり低くなります。パートやアルバイトなどをされていればそれでひとまず収入があることにはなりますが、アルバイトなども全くされていない場合には難しいです。

当然ながらクレジットカードで買い物をした代金を支払う必要があり、どの様にして支払うのか?という話になってきます。もちろん親が支払うといった方法もあるかも知れませんが、さすがに学生さんで無い限り親が支払うという確証もありませんので支払能力が無いと判断される可能性が高いです。

まあ信用情報にローン残高の登録があり毎月きちっと支払が行われていれば転職の途中というような判断もできない訳ではありませんが、審査に通るのはかなり厳しいでしょう。

専業主婦や学生でも審査に通らない場合もある

例えば専業主婦の方であれば配偶者の信用情報に悪い情報が登録されていた場合、カードを何枚も持っていて更に追加でカードを発行すると支払能力が不足する場合などは審査に通らない可能性があります。

また、世帯収入が少ない場合も審査では収入から生活に必要な費用を差し引いて生活がギリギリというような場合も審査に通らない可能性があります。

学生さんも同様に信用情報に支払遅延の情報が登録されている場合には審査には通らない可能性があります。例えば携帯端末の分割払いの支払遅延でも審査に影響します。

現在失業中で雇用保険を給付を受けている場合、審査に通るクレジットカードもありますが、次の就職先に就いてから申込みをした方が確実ですしカードの選択肢も増えます。

無職でも審査に通る可能性のあるクレジットカード

無職の方でも審査に通る可能性のあるクレジットカードは、各カードの入会資格をチェックすれば大体分かります。入会資格には年齢などの条件が記載されています。

単に18歳以上の方という風な記載だけであれば無職の方でも審査に通る可能性があるクレジットカードという事になります。また、本人又は配偶者に収入がある場合と書かれていれば、自分に収入が無くても審査に通る可能性があります。

一方で、本人に「収入のある方」や「安定継続した収入のある方」といった収入があることを条件にしている場合には、無職の方は審査に通る可能性はありません。

収入の条件が記載されていない主なクレジットカード

  • イオンカード(WAON一体型)
  • イオンカードセレクト
  • エポスカード
  • セゾンカードインターナショナル
  • セゾン・パール・アメリカン・エキスプレス・カード
  • オリコカード・ザ・ポイント
  • 楽天カード

基本的には広く会員を募っているクレジットカードは入会資格に収入に関する条件が記載されていない事があります。例えばイオンカードは主婦の方もターゲットにしているので専業主婦の方でも審査に通る可能性があります。

本人又は配偶者に収入があることを条件にしている主なクレジットカード

  • 三井住友VISAデビュープラスカード
  • 三井住友VISAクラシックカード
  • JCB CARD W
  • JCB一般カード

日本の大手クレジットカード会社のスタンダードなクレジットカードでは、配偶者に安定継続した収入があれば審査に通る可能性があります。また、アメリカン・エキスプレスも専業主婦で申込みができ、世帯収入で審査が行われるのでアメックス・ゴールドを持っている専業主婦の方もおられます。

学生向けのクレジットカードには収入条件の記載が無い

  • 三井住友VISAデビュープラスカード(学生)
  • 三井住友VISAクラシックカード(学生)
  • JCB CARD EXTAGE
  • JCB CARD W

学生専用のクレジットカードや、学生でも申込み可能なクレジットカードの場合は、収入に関する条件が記載されていません。そもそも学生さんは勉強メインで収入は無いというのがクレジットカード会社の基本的な考え方です。

無職の人がクレジットカードの審査に通る為の対策や審査のポイントなど

対策といっても申込みの際には正確に虚偽の無いように申込むというくらいしかありません。

例えば申込みの際の職業欄は専業主婦や学生、年金受給者など正確に選択するのがポイントです。「その他」など曖昧なものは選択はしない方が良いでしょう。

また、収入に関しては世帯収入となっていれば、配偶者など世帯の収入全部を記載し、本人の収入となっていれば正確な数字を記載します。無ければ「0」と記載します。

専業主婦(主夫)の方はクレジットカードを申込む前にかならず配偶者に話をしてから申込む様にしましょう。勝手に申込むと後々トラブルとなる事もあります。

無職の方の審査のポイント

専業主婦(主夫)の方の場合は、完全に配偶者の方の属性や信用情報が影響します。年収が多い少ないよりもその中から支払い能力がどれくらいあるかがポイントです。また、居住形態なども影響し、持ち家の方が審査では有利となります。固定電話があるのも携帯のみよりかは有利です。

信用情報に関しては配偶者の方が支払の遅延などが登録されていなければ特に問題はありません。

また、学生の方に関しては親権者の収入などは基本的に見られません。あくまでも本人が審査対象であり本人の信用情報に問題が無いかがポイントとなってきます。

親権者の信用情報も照会されることはありませんし、親権者が信用ブラックであっても信用情報は照会されないので特に影響はありません。もし、学生の方でアルバイトをされているなら収入は書いておいた方が良いです。

※ 親権者の信用情報を照会することに同意を求める規約を定めているクレジットカード会社は一般的にはありません。同意なしに勝手に信用情報を照会することはできない決まりになっています。

無職の人が虚偽の内容で申込みをすると審査に通る?

クレジットカードの審査で無職の人が職業や収入など嘘の内容で申込みをした場合どうなるかというと、どうなるかは分かりません。

例えば、クレジットカード会社は必要に応じて在籍確認の電話をしています。虚偽の申告をしていればその時点でバレます。

また、勤務先や年収で虚偽の申告をした場合、クレジットカード会社はある程度勤務先や会社の規模、年齢と照らし合わせて大体の収入は把握できます。明らかに申告した年収額と乖離があれば収入を証明する書類の提出を求めるか、在籍確認が行われます。

いずれにしても、申込みの際は虚偽の内容での申込みは絶対にしない方が良いですし何もメリットはありません。

どうしてもカードが必要な人のための別の方法

無職で独身でクレジットカードの審査に通る可能性の低い方の場合は別の方法もあります。

一つはクレジットカードで家族カードを持つという方法です。後はデビットカードやプリペイドカードを持つという方法もあります。

家族カード

例えば親にお願いをして家族カードを発行してもらいそれを使うと言う方法があります。これは、家族会員としてクレジットカードを利用するもので、家族会員は審査対象とはなりません。本会員の信用を元に発行されます。

ですので、家族カードなら無職の方でも持つことは可能です。もちろん本会員の口座引落になるので利用の際は伝えておかないとトラブルになる可能性もあります。

デビットカード

デビットカードは、クレジットカードのような国際ブランドが搭載されておりVISAやJCBといった加盟店でクレジットカードと同様に決済できます。違いは自分の銀行口座からその場で引落される点で、立替えがありませんので信用を必要としません。

発行元にもよりますが、審査がある場合とない場合があります。審査なしなら申込みをすれば持つことができます。

プリペイドカード

プリペイドカードといっても色々ありますが、国際ブランドを搭載したプリペイドカードならチャージしておけば普通にVISAなどの加盟店でクレジットカードと同様に決済ができます。デビットカードと違って前払いであらかじめチャージして利用する形になります。

家族カードなどは自分の信用情報には何も登録されませんのでクレジットヒストリーを積み重ねる事はできません。また、デビットカードやプリペイドカードも同様に信用情報とは関係ないのでこちらもクレヒスを積み重ねる事ができません。

スポンサードリンク

- 職業・属性別 審査