クレジットカードの利用可能枠と利用可能額とは?その違いなどを紹介

最終更新日:

クレジットカードは支払の際に現金を必要としない便利な決済方法で、スーパーやコンビ二など日常の利用から通販や公共料金・固定費の支払など様々なシーンで利用できます。しかし、クレジットカードで無制限に支払ができるという訳ではありません。

クレジットカードには利用できる金額が決まっており、利用可能枠と呼ばれる枠=上限と利用可能額が関係しています。クレジットカードではこの利用可能枠または利用可能額を超えて決済することはできません。

クレジットカードの利用可能枠と利用可能額の違い

クレジットカードには利用可能枠と利用可能額があります。まずはこの2つの違いについてです。

利用可能枠  そのクレジットカードで決済利用できる上限(最大)の金額
利用可能額 利用可能枠から利用残高を引いた額で、現在そのクレジットカードで実際に決済ができる金額

利用可能枠から利用残高を引いた額が利用可能額となる

利用可能枠は基本的にクレジットカード申込時や更新時などに行われる審査でクレジットカード会社が決定するそのクレジットカードで決済できる上限の金額(立替えてもらえる上限)で、例えば利用可能枠が50万円なら、最大で50万円までの範囲内で決済利用が可能です。

一方の利用可能額は、利用可能枠からクレジットカードで決済をしてカード会社に立替えてもらっている金額(利用残高)を差し引いた金額で、今実際にそのクレジットカードで決済利用できる金額です。

先ほどの例でいくと50万円の利用可能枠で、20万円のクレジットカード払いをすれば利用可能額は、30万円となり実際にクレジットカード払いできるのは30万円までとなります。これが利用可能な額=利用可能額です。

  • 利用可能額= 利用可能枠 - 利用残高

利用可能枠はそのクレジットカードで決済できる上限金額を示しているだけで、実際にそのクレジットカードで使える金額は利用可能額となります。

利用可能枠について

クレジットカードの利用可能枠は、前項で紹介した通りクレジットカードの利用上限の金額となります。(1ヶ月に決済できる金額を表している訳ではありません。

一般的にクレジットカードには1回払い、分割払い、ボーナス払い、リボ払いなど様々な支払方法があり、さらにお金を借りるキャッシングというものもあります。利用可能枠はそれぞれに設定されています。

利用可能枠の種類と関係

利用可能枠の種類と関係

クレジットカードには、まず総利用可能枠(総枠)と呼ばれるものがあります。この総利用可能枠は、そのクレジットカードの全ての利用の上限を示す値です。その中にショッピング枠、割賦枠、キャッシング枠の3つがあります。

  • ショッピング枠(1回払い)
  • 割賦枠(2回払、分割払い、ボーナス払い、リボ払い)
  • キャッシング枠

通常のクレジットカード決済は、ショッピング枠や割賦枠(ショッピング残高枠)に該当し、現金を借りるのはキャッシング枠になります。

各枠の合計が総利用可能枠では無い

利用可能枠の注意点としては、総利用可能枠はショッピング枠やキャッシング枠の合計額という訳では無いという点です。

まず総利用可能枠があり、その総枠の金額の範囲内でショッピング枠、割賦枠、キャッシング枠が個別に設定されます。

1回払い(ショッピング枠) 80万円
2回払・分割払い・リボ払い利用枠(割賦枠) 50万円
キャッシング枠 50万円
総利用可能枠(総枠) 80万円

例えばこの場合、総利用可能枠80万円の範囲内でショッピング枠、割賦枠、キャッシング枠がそれぞれ個別に設定されています。総利用可能枠が80万円だからといって分割払い(割賦枠内)で80万円まで利用できるかというとそうではありません。割賦枠が50万円に設定されていれば、総枠が80万円でも分割払いやリボ払いは50万円までしか利用できません。キャシング枠も同様に設定されていれば50万円までとなります。

利用可能枠の決まり方

まず利用可能枠はクレジットカード会社がカード毎に利用可能枠の範囲を予め決めています。例えば三井住友VISAクラシックカードなら総利用枠は原則10~80万円となっています。後は申込者を審査して一般的に年収など属性情報と信用情報を元にしてその人の信用度と支払能力に応じて総合的に判断され決定されます。

また、割賦販売法の範囲となる割賦枠(分割払い・リボ払い・ボーナス払い)は、支払可能見込額に経済産業大臣が定める割合(90%)を乗じた額を超えない範囲で決まります。

  • 包括支払可能見込額 × 0.9 ≧ 分割払いなどの利用可能枠 

従って、自分の支払能力以上の枠が設定される事はありませんし、一般的にクレジットカードを初めて持つ方、信用情報の無い方など個人信用がまだ低い場合は初めは低い利用可能枠が設定されます。お金を借りるキャッシング枠に関しても、同様に信用情報や収入調査等に基づいて判断されますし、場合によってはキャッシング枠がゼロの場合もあります。

利用可能枠が増枠される場合

クレジットカード会社ではカードの利用実績に応じて勝手に利用可能枠を増枠する事もあります。元々利用可能枠が低くても支払能力もまだまだあり、支払の遅れも無くきちっとした利用実績があればカード会社としてはもっと利用して欲しいので利用可能枠を増枠する場合があります。

また、海外旅行時など特別な事情がある場合には一時的に利用可能枠を増枠するサービスを行っているクレジットカード会社もあります。この場合は一時増枠の申込をすればカード会社が問題ないと判断すれば一時的に利用可能枠が増えます。

利用可能枠は減額する事も可能

先ほどの利用可能枠の増額とは逆で、クレジットカードの利用可能枠を減額する事も可能です。こちらの場合は希望すれば減らす事ができます。特に自分の普段の利用以上に利用可能枠がありそんなに必要ないという場合などは利用可能枠を減らす手続きをすれば減額も可能です。

利用可能額について

利用可能額は、今現在そのクレジットカードで決済利用できる実際の金額で、利用可能枠から利用残高を引いた残りの額になります。

単純に利用可能枠が50万円あって30万円の利用残高があった場合、利用可能額は50万円-30万円で20万円となります。

総枠と各枠の関係

利用可能額は、総枠と1回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い等の各枠、そして利用残高が関係しています。

例1

50万円の総枠で1回払いで30万円利用してい、分割払いでも10万円、リボ払い5万円のそれぞれ利用残高があった場合、利用可能額は5万円となります。この状態でいずれかの枠で5万円を利用すれば総枠50万円に達するので、利用可能額が0になります。

例2

この場合ボーナス払いで50万円の利用残高があるので、総枠が80万円あったとしてもボーナス払いでショッピング1回払い以外(割賦枠)を50万円全て使っているので分割払いやリボ払いは利用することができません。ショッピング1回払いに関しては枠が80万円のあるので、5万円使っていても25万円まだ利用可能額があることになります。

例3

この場合、ショッピング1回払いは、利用残高が30万円と分割・リボ払いでも30万円使っていますので、1回払いの利用可能額は20万円となります。1回払いの枠は80万円ですが、1回払い以外の割賦枠の利用がり、それが総枠を圧迫している形になり、結果20万円の利用可能額となります。

また、ショッピング1回払い以外(割賦枠)は分割・リボの枠は30万円でそれぞれ20万円、10万円の利用残高があるので、分割払いは10万円、リボ払いは20万円の利用可能額となります。利用していない2回払いやボーナス払いは1回払い同様に20万円の利用可能額となります。

利用可能額は支払をする事で回復する

クレジットカードで決済をすると、利用可能枠は変わりませんが、利用残高は増加し利用可能額が減少します。この減少した利用可能額は、支払日に支払をする事でその分利用残高が減少し、利用可能額が支払をした分だけ回復します

例えば、80万円の利用可能枠で30万円の支払をすると利用可能額は50万円となり、支払日に30万円を支払うと利用可能額は80万円に回復します。

もし、分割払いやリボ払いをしていた場合でも同様に支払日に支払った金額分だけ利用可能額が回復します。まだ支払っていない残りの分割やリボ分は利用残高として残っているのでその分は回復しません。あくまでも支払日に支払っただけです。

※ クレジットカード会社のシステムの都合上、支払から反映に数日かかる場合があります。

利用可能枠と利用可能額の確認方法

クレジットカードの利用可能枠や、利用可能額を確認する方法はいくつかあります。

今実際に使える利用可能額をすぐ知りたい場合には、電話で問い合わせるか、WEB会員サービスにログインして確認する方法が早いです。この他にも、毎月の利用明細書にも利用可能枠は記載されていますし、明細からおおよその利用可能額を把握する事は可能です。

【利用可能枠の確認方法】

  • カードが送られてきた際の台紙に記載
  • 毎月の利用明細書に記載
  • 電話による確認
  • WEB会員サービスより確認

【利用可能額の確認方法】

  • 電話による確認
  • WEB会員サービスより確認

クレジットカード会社によって表現や表示が異なる場合がある

利用可能枠や利用可能額などは、クレジットカード会社によって表現や表示が異なる場合があります。 また、利用限度額や限度額と言う表現は一般的に利用可能枠と同じ意味で利用されており、カード会社によっては合わせて表記されている場合もあります。

三井住友カード

三井住友カード 利用可能枠

三井住友カードの場合、総利用枠、カード利用枠、キャッシング利用枠というような表現となっています。この場合、1回払いの利用可能枠はカード利用枠の50万円という事になり、リボ払いも50万円、分割や2回払い、ボーナス払いも50万円の枠が設定されている事を示しています。

JCBカード

JCBカード 利用可能枠

JCBカードの場合は少し前に紹介したような表現、表示方法となっています。ショッピング残高枠が割賦枠と呼ばれるものになります。

楽天カード

楽天カード 利用可能枠

楽天カードの場合、分割払いやボーナス払いはショッピング残高枠では無く割賦枠として表示されています。

スポンサードリンク

- クレジットカードの基礎知識