クレジットカードの利用枠(限度額)を上げる方法とそのメリットやデメリット

最終更新日:

最近ではクレジットカードで支払えるシーンが多く、日常での買い物での利用やネットショッピング、公共料金や携帯代などの固定費などにもカード決済が利用できてとても便利です。しかし、クレジットカードには利用枠(限度額)が決まっており、人によってはクレジットカード払いをしたいけど利用枠が低いと感じる人も居ると思います。

クレジットカードには利用枠(限度額)を今よりも上げる事もできますので、もし普段遣いでは利用枠が少ないと感じている方は利用枠の引き上げ(増枠)を検討してみても良いかも知れません。ただ、誰でも簡単に上げることができるという訳ではありませんしメリットもあればデメリットも存在します。

スポンサードリンク

クレジットカードの利用枠(限度額)

クレジットカードの利用枠(限度額)は、そのクレジットカードで決済に利用できる上限の額で、20万円の利用枠であれば約20万円まで決済で利用できるようになっています。

※カード会社によって利用可能枠と表記されている場合もあります。

と言っても、毎回20万円までの支払ができるという訳では無く、使った分だけ利用可能額は減っていきます。5万円決済すれば利用可能額は15万円となります。(利用枠-利用額=利用可能額) そして支払日に5万円支払うと利用可能額は20万円に戻ります。

利用枠が少ないと決済できずに困る事もある

利用枠は一般的に初めの入会時の審査によって決まります。利用枠の金額は属性等によって決まりますが、初めはそれほど高くありません。特に新社会人の方や主婦の方であれば5~20万円程の枠しか付かない場合もあります。

利用枠が少ないと、普段からカード払いを利用していると支払日に近づくにつれて利用可能額が足りなくなりカード払いが使えなくなる可能性も出てきます。また、海外旅行、引越し、結婚など一時的に大きな出費がある場合でも利用枠が少ないとカード決済ができないという事態も起こりえます。

また、利用枠が低いと分割払いリボ払いを利用した場合、利用可能額は支払日に支払った額だけ回復しますので、分割回数が多かったりすると利用可能額がなかなか回復せず、普段使いに困る事もあります。

スポンサードリンク

利用枠を引き上げる方法

今の利用枠では足りないという場合には、利用枠の引き上げるという方法があります。利用枠の引き上げには基本的に2種類ありクレジットカード会社へ引き上げの申込み手続きを行う形になります。

  • 一時的に利用枠を引き上げる(1回払いのみ)
  • 継続的に利用枠を引き上げる

これら2種類はカード会員側ができる利用枠の引き上げ方法で、これ以外にクレジットカード会社側が利用実績などに応じて利用枠を引き上げる場合もあります。

一時的に利用枠を引き上げる場合

利用枠 一時的に引き上げ

主なシチュエーション 国内・海外旅行、結婚式、引越しなど
審査期間 即時又は電話で再申込み後

一時的な利用枠の引き上げは、短期間に利用枠が不足する可能性のある場合に利用されています。文字通り一定期間だけ1回払いの利用枠が上がり、また通常の利用枠に戻る仕組みになっています。たいていの場合、必要な1ヶ月~1週間前までの申込みが必要です。

申込みは、一般的にインターネットから手続きができますが、学生や未成年者の方は書類でしか受付けてもらえません。また、前回一時引き上げをして間もないのに再度引き上げを申込む場合、電話でしか受付けをしてもらえなかったり、確認の電話があったりします。

一時的な利用枠の引き上げは、審査後即時引き上げに対応してもらえる場合もあれば、電話で用途・目的などを確認してから審査を経て引き上げとなる場合があります。

一時的な利用枠の引き上げは、一般的に一回払いの枠のみが増枠となり、分割払い、リボ払い、ボーナス払い、キャッシング枠は対象外となります。

継続的に利用枠を引き上げる場合

利用枠 継続的に引き上げ

主なシチュエーション 普段の利用で利用枠が不足を感じる場合
審査期間 即時又は電話で再申込み後

一時的とは異なり、普段から利用枠が足りなくなるといった方は継続的な利用枠の引き上げを申込む事になります。

この場合も申込みはインターネットからでも可能ですが、学生や未成年者の方は書類のみでの受付けが必要になります。また、一般的に入会後半年などまだ間もない場合は継続的な利用枠の引き上げは不可の場合もあります。

審査は1~2周間程度必要で、新規入会時と同じくらいの期間がかかります。

継続的に利用枠を引き上げる場合は、一般的に分割払いやリボ払い、ボーナス払いなどの各枠はクレジットカード会社側が決めます。また、キャッシング枠は対象外で別途申込みとなります。

クレジットカード会社が利用枠を引き上げる場合

先程の2つは利用者の意思で利用枠を引き上げるという方法ですが、これら2つ以外に利用者の意思とは無関係にクレジットカード会社側が利用枠を引き上げる場合があります。

クレジットカード会社としては、優良なカード会員により多くのカード決済をしてもらった方が利益が上がります。ですので、利用実績を踏まえてカード会社が利用枠を増やすという場合があります。知らないうちに利用枠が増えていたという場合はカード会社が引き上げたものです。

どのような条件で引き上げられるかはカード会社次第ですが、何れにしても毎月ある程度の利用実績があったり、信用情報が良好であったりすると更新時などに利用枠が引き上げられる場合があります。

カード会社に利用枠を引き上げられるという事はそれだけ信用が高く評価されているという意味でもあります。もちろん望まない場合は利用枠を引き下げる申請をしても問題有りません。

スポンサードリンク

利用枠引き上げの際の審査について

利用枠の引き上げをクレジットカード会社へ申込みをしても、できなかったという場合もあると思います。クレジットカードは個人の信用を元にしているので、利用枠を上げる際には一般的に審査が行われます。この審査に通らなければ利用枠の引き上げは見送られます。

審査は通常の入会時や更新時の審査同様に、信用情報の確認なども行われます。

利用枠の引き上げの審査で落ちてしまう主な原因

  • 入会して間もない(半年未満など)
  • 信用情報が良くない
  • 支払可能見込額を超える場合

主にこれらの理由で利用枠の引き上げが見送られるという事があります。

入会後半年未満

どのクレジットカード会社でも入会後間もない、特に半年未満の場合には利用枠の引き上げはできません。

入会時に審査が行われ、その結果現在の利用枠が設定されている訳で、すぐにその人の評価が変わる訳ではありません。ですので半年も経たずに利用枠の引き上げを申し込んでも見送られてしまいます。

信用情報が良くない場合

他社のクレジットカードやカードローン、キャッシングなどで支払遅延が発生している場合や他社の債務が多い場合も利用枠の引き上げを見送られる原因となります。最悪の場合、利用停止や強制解約される可能性もあります。

他社での支払遅延があるのに利用枠を増やすという事はカード会社にとってはリスクしか無く、貸倒となる危険性もありますので、信用情報にネガティブな情報がある場合には利用枠の引き上げを拒否されます。

支払可能見込額を超える場合

一時的な引き上げの場合は一回払いのみが対象となりますが、継続的な引き上げの場合分割払いやリボ払いなど割賦枠も利用枠増枠の対象となります。この場合、支払可能見込額の調査が義務付けられており、それにより支払能力が足りない場合には審査には通りません。

支払可能見込額 = 年収 – 生活維持費 – クレジット債務(年間請求予定額)

このような計算式で支払可能見込額を算出し、経済産業大臣が定める割合である90%を乗じた額が包括支払可能見込額となり、その額を超えるようであれば審査に通らなくなります。

尚、法律では利用枠30万円以下のクレジットカードであればカード会社は遅延が無いなどの一定条件でこの支払可能見込額の調査はしなくてもカード発行や更新が可能となっています。

利用枠引き上げの審査に落ちた場合

利用枠の引き上げの審査に落ちてしまった場合、信用情報などに何らかの問題があると考えられますので、再度引き上げを希望する場合はさらに半年から1年以上など期間をしばらく空けてから再度申込む方が良いです。短期間に何度も利用枠引き上げを申し込んでも落とされてしまうだけです。

利用枠を引き上げるメリット

  • より高額な買い物ができるようになる
  • より多くのカード決済ができるようになる

クレジットカードの利用枠を上げるメリットとしては、今よりも高い買い物が可能になります。高額な商品がカード決済できれば現金払いよりもポイントが付与されてよりお得に買い物することもできます。

また、利用枠が上がる事でより多くのカード決済ができるようになります。一部の支払だけしかカード決済できなかったものが、より多くのものをカード決済できるようになります。

また、一時的な引き上げの場合は、海外旅行や引越しなど必要な時に対応できるのもメリットです。

スポンサードリンク

利用枠を引き上げるデメリット

  • 不正使用被害に遭った際の被害額が大きくなる可能性
  • 使いすぎてしまう可能性
  • 利用停止、強制解約になる可能性

利用枠を引き上げるメリットもいろいろとありますが、デメリットもそれなりにあります。

まず利用枠が上がるという事で不正使用の被害に遭った場合にその分、被害額は大きくなる可能性が出てきます。どんなに厳重に管理していたとしてもクレジットカードを持っている以上、不正使用のリスクはゼロでは有りません。単純に5万円の利用枠なら被害に遭ったとしてもその額は5万円以内に収まりますですが、利用枠が50万円あると50万円までの被害に遭う可能性が出てきます。

また、利用枠が上がる事で今よりもさらに多くの決済ができるようになるので、ついつい使いすぎてしまう額が高くなる可能性があります。また、利用枠が上がる事で余計な散財をしてしまうかも知れません。毎月の公共料金や固定費など確実に必要な支払に対応する為に利用枠を引き上げるというのなら良いかも知れませんが、単に利用枠を増やしたいというのなら使いすぎに注意できなければなりません。

この他にも、信用情報に遅延など悪い情報が登録されている状態で利用枠の引き上げを申込みすると、場合によっては利用停止や強制解約になる可能性もあります。

スポンサードリンク

利用枠の引き上げに関する疑問など

最後に利用枠の引き上げに関連した疑問などをまとめてみました。

利用枠は何円まで引き上げられる?

一般的にクレジットカードには、カード会員に関係無くカードの種類毎に所定の利用枠の範囲を決めています。例えば一般カードなら5~100万円、ゴールドカードなら30~300万円といった感じです。このカード毎に決められている利用枠の範囲の上限が利用枠を引き上げができる最大値となります。

従って、持っているクレジットカードの利用枠の所定の範囲が80万円までなら、最大で80万円まで利用枠を引き上げる事が基本的に可能です。また、ゴールドカードやプラチナカードなど上位クラスのクレジットカードの方が利用枠の所定の範囲は高くなっています。

家族カードの利用枠だけ引き上げられる?

家族カードは本会員の信用を元に発行され、本会員の利用枠の範囲内で利用できるものですので、一般的に家族カードの利用枠だけを引き上げるというような仕組みは有りません。本会員の利用枠を引き上げると、自動的に家族カードもその範囲内で利用ができるようになります。

利用枠引き上げの審査で逆に引き下げられる事はある?

利用枠の引き上げを申込み審査で逆に利用枠を引き下げ(減枠)される可能性については、クレジットカード会社によって異なります。

一般的に利用枠の引き上げの申込み(申請)をして、審査によって逆に利用枠が引き下げられるという事は基本的にありません。但し、楽天カードなどでは利用枠の増枠(引き上げ)の申込みで審査によって減枠や利用停止となる場合があると記載されていますので注意が必要です。

何れにしても、信用情報の状況などによって審査で減枠や利用停止、強制解約の可能性はあります。

何度も一時的な引き上げはできる?

一般的に利用枠の一時的な引き上げは6ヶ月以上の間が空いていなければ申込みできません。一時的な引き上げは文字通り一時的でどうしても旅行などでその期間だけ必要という場合のもので、毎月利用枠が足りなくなるというような場合は継続的な引き上げが必要になります。

スポンサードリンク

- クレジットカードの基礎知識