信用情報の延滞や自己破産など異動情報などの登録期間は何年くらいで消える?

最終更新日:

クレジットカードやローンには必ず支払日というものがあり、その日に請求された額を支払う必要があります。この支払日に1日でも支払いが遅れてしまった場合は遅延(延滞)となってしまいます。

支払遅延の情報は信用情報にも登録されます。他にも分割払いやローンを一定期間以上支払遅延したり、任意整理や民事再生、自己破産など債務整理をすると異動情報(金融事故)として登録されてしまいます。

これら遅延(延滞)や異動情報などはどこくらいの期間信用情報に登録されて何年くらいで消えるのか、信用情報の各情報の保管期限について紹介したいと思います。

スポンサードリンク

CICの遅延・異動情報などの登録期間

CICは主にクレジットカード会社が加盟する信用情報期間です。登録される主な情報には申込情報、契約(クレジット)情報、利用記録の3つがあり、この他に入金状況、本人申告情報や貸金業協会依頼情報などがあります。

情報の種類 登録期間
申込情報 照会日より6ヶ月間
契約情報
(クレジット情報)
契約期間中及び契約終了後5年以内
入金状況 直近2年間分
利用記録 利用日より6ヶ月間
本人申告情報 登録日より5年以内
貸金業協会依頼情報 登録日より5年以内
電話帳掲載情報 最終記録年月より2.5年以内

申込情報

申込情報 登録期間

クレジットカードに申込みをすると、カード会社はCICに信用情報の照会をかけます。この情報が申込情報として照会した事実が登録され、6ヶ月間残るようになります。

この情報は加盟する他のカード会社も確認でき、いつどのようなクレジットカード会社に申込みをしたかが分かるようになっており、多重申込みをしていると6ヶ月以内はバレてしまいます。

契約情報(クレジット情報)

クレジット情報や分割払いやキャッシングなど割賦販売法や貸金業法の契約に関わる情報が登録され、契約中及び契約終了から5年間保管されます。

契約情報(クレジット情報)の中には支払の状況と言う項目があり、異動情報が登録されるのは以下のような場合です。

  • 返済日より61日以上又は3ヶ月以上の支払遅延(延滞)が有った場合
  • 返済が不可能となり保証契約における保証履行が行われた場合
  • 裁判所が破産を宣言(破産手続開始の決定がされた)の場合

いずれかに該当すると、異動情報としてその日付と合わせて表示されます。また、経過状況や補足などもあり、クレジット会社と和解や再契約の情報、遅延(延滞)が解消した場合にはその事実と日付も登録されて残る様になります。

また、割賦販売法と貸金業法に関連する登録内容にも支払遅延の有無の項目があり、分割払いやキャッシングの残債や異動情報も登録されるようになっています。

支払遅延などの異動情報が消えるのは、きちっと支払うか本人以外が弁済するか貸倒として処理されるかして、契約の終了から5年間登録されたままになります。

支払遅延

入金状況

入金状況は、直近2年間の入金された情報が登録されており、分割払い以外でも1回払いの支払いなども含め、単純に毎月の支払日の支払状況が記号で分かるようになっています。

請求通りきちっと支払いをしていれば「$」マークが付き、遅れると「A」などのマークが付きます。利用が無かったりすると空欄であったり「-」マークが付いたりします。入金状況に関しては、毎月更新され古い情報はところてん方式で順番に消えていきます。

利用記録

利用記録は、本人が開示請求し照会したり、カード会社が契約中にその人の信用を確認する途上与信で照会した場合、その他にも貸金業法や割賦販売法など法律に基づいた法定途上与信を行った記録で、これらは利用日から6ヶ月間登録されています。

一番最後にも紹介していますが、契約中は異動情報は削除されることはありませんので、5年で消えると言われていても契約が続いていれば異動発生から5年経っても登録されたままと言う場合があるので注意が必要です。

JICCの遅延・異動情報などの登録期間

JICCは主に消費者金融など貸金業者が加盟していますが、クレジットカード会社も加盟しています。

情報の種類 登録期間
契約内容に関する情報 契約継続中及び完済日から5年を超えない期間
返済に関する情報 契約継続中及び完済日から5年を超えない期間
(延滞継続中及び解消はその発生日から1年を超えない期間)
取引事実に関する情報 当該事実の発生日から5年を超えない期間
(債務譲渡はその発生日から1年を超えない期間)
申込みに関する情報 申込日より6ヶ月間
照会記録情報 申込日より6ヶ月間
本人申告情報 登録日より5年以内
貸金業協会依頼情報 登録日より5年以内
電話帳掲載情報 電話帳に掲載されている期間

契約内容に関する情報

契約に関する情報は、クレジットやローンなどの契約の種類、契約日や貸付日、金額、保証額などの情報で、契約中や完済から5年間保管されます。

この契約内容に関しては、単純にどんな契約をどれくらいの金額をしているかというのが分かる情報です。

返済状況に関する情報

入金日や入金予定日、残高金額、完済日、延滞情報などの情報で、こちらも契約中及び完済から5年間保管されます。

ただ、CICとは異なり支払遅延(延滞)の情報に関しては、延滞継続中、延滞解消の事実発生日から1年で消えるようになっています。

取引事実に関する情報

取引事実の情報は、債権回収や債務整理、保証履行、強制解約、破産申立、債権譲渡など良くない情報です。これも5年間保管されます。

但し、他社へ債権が売却される債権譲渡に関しては、債権譲渡が実行された日から1年で消えます

申込みに関する情報

キャッシングやローンに申込みをすると、その会社が申込みに関する事実が登録され、6ヶ月間保管されます。

照会記録情報

本人や加盟する会社が信用情報を照会した際にその事実が記録され6ヶ月間保管されます。本人なら単なる開示請求で、加盟会社であれば返済能力を調査する途上与信などで利用されます。

スポンサードリンク

全国銀行個人信用情報センターの遅延・異動情報などの登録期間

全国の多くの銀行が全国銀行協会の個人信用情報センターを利用しています。

情報の種類 登録期間
取引情報 契約期間中及び契約終了日から5年を超えない期間
照会記録情報 本人開示の対象は1年を超えない期間
加盟会員への提供は6ヶ月を超えない期間
不渡情報 1回目の不渡は発生日から6ヶ月を超えない期間
取引停止処分は処分日から5年を超えない期間
官報情報 決定日から10年を超えない期間
本人申告情報 登録日から5年を超えない期間

取引情報

取引情報にはローンやクレジットカード等の契約に関する情報や支払・返済の状況などが含まれています。これらの情報は5年間登録保管されます。

入金の有無や支払遅延、代位弁済、強制回収手続きなどの異動情報等も含まれています。

照会記録情報

その信用情報を照会した事実が記録されており、本人であれば1年間登録され、銀行など加盟会員の照会は6ヶ月間となっています。

不渡情報

手形交換所の第1回目不渡りは発生日から6ヶ月、取引停止処分は5年の登録期限となっています。

官報情報

例えば個人再生を裁判所に申立て、裁判所に認可されると官報に掲載されます。この官報に掲載された情報は最長で決定日から10年間登録保管されます。

契約中は異動情報はずっと登録されているので注意

クレジットカードで支払遅延などの異動情報に関しては5年という部分が強調されていますが、異動が解消したとしてもクレジットカードの契約自体が続いていると異動情報は登録されたままで異動が解消して5年経っても消える訳ではありません

たまにクレジットカードの過去の異動情報が消えていると思ってCICに開示請求してみると、異動情報が残っていたという話もありますが、そのクレジットカードを解約となっていない限り異動情報は完済で完了となっていてもその情報は5年を超えても登録されています。

CICの場合、契約期間中及び契約終了後5年間が保管期限なので、クレジットカードを解約する又は強制解約とならない限り、契約は続いているので異動情報はずっと残ったままになります。

また、具体的な日付についてはクレジットカード会社がCICに登録(更新)した日付ですので、自分の認識とズレがある場合もあります。

CICとは異なり、JICCの延滞の場合は延滞が解消したら延滞情報は抹消されますが、新しく延滞解消の情報が1年間登録される形になっています。

スポンサードリンク

- 信用情報の基礎知識