信用情報の開示報告書にある$やA・Pの記号にはどういった意味がある?

最終更新日:

信用情報の開示報告書にある$やA・Pの記号にはどういった意味がある?

指定信用情報機関であるCICの開示報告書には入金状況という項目があります。この入金状況は毎月の支払を$やA・Pといった記号で表しています。これらの記号には意味があり、直近24ヶ月分の毎月の支払日の入金状況が分かるようになっています。

スポンサードリンク

$やA・Pの記号は支払日にどのような入金があったか分かる

CICの開示報告書にある入金状況の記号には以下のような意味があります。

記号の種類 記号の意味
$ 請求通りの入金があった
P 請求の一部が入金された
R 本人以外からの入金があった
A 本人の事情で入金が無かった
B 本人の事情とは関係ない理由で入金が無かった
C 入金が無く、その理由が不明
請求も無く入金もなかった
(クレジット利用が無い場合など)
空欄 クレジットカード会社等が何も更新していない
(入力が無い又はクレジット利用が無かった場合など)

通常クレジットカード等の利用があり、支払日に遅れる事なくきちっと請求額が支払われた場合には、「$」マークが付きます。もし、支払日に遅れてしまった場合には「A」の記号が付きます。また、利用が全く無かった場合は「-」のマークや空欄となっています。

クレジットカードを利用している場合には、$、A、P、-、空欄が使われている場合が多いです。

開示報告書の入金状況の記号から分かる事

開示報告書の入金状況の記号を見ることで色々な事が分かります。

$マークが並んでいる

CIC 入金状況 $記号が多い

$マークは請求どおり支払日に支払があった事を意味していますので、このマークが並んでいると毎月利用していてきちっと支払をしているという事実が分かります。

クレヒスとしては良好できちっとしている人で信用できる人と判断することができます。このように良好なクレヒスであれば信用も高く他のクレジットカードやローンなどの審査でも有利となる場合があります。

Aマークが多い

CIC 入金状況 A記号が多い

Aのマークは支払日にきちっと支払されなかった事を意味しています。このマークが1、2つあるくらいであればそこまで問題はありませんが、Aマークが多いときちっと支払日に支払ができない人と判断され、お金に関していい加減な人や、お金に困って居る可能性があると判断されたりする場合があります。

また、連続してAマークが沢山付いている場合はお金が無く支払ができないと言う事が分かります。こうなると一般的によく言われるブラックという状態です。いずれにしてもAマークが多いとマイナス評価となります。

Pマークがある又は並んでいる

CIC 入金状況 P記号が多い

Pマークは請求の一部が入金された事を表す記号です。例えば支払日までに請求額が用意できずにクレジットカード会社と交渉して支払える分だけを取り敢えず支払った場合にPマークが付きます。Pマークが何回かあると金銭的に困る事がある人と判断でき、最悪支払ができなくなる可能性も考えられます。

また、Aがしばらく続きPがその後に並んでいる場合には任意整理や民事再生(個人再生)などの債務整理をした可能性が考えられます。尚、入金状況には債務整理を下かどうかなどは記載されません。

CIC 入金状況 債務整理をした可能性がある

分割やリボ払い、キャッシングを利用していた場合には割賦販売法や貸金業法の項目にも異動情報が登録され、確定した段階で終了状況に法定免責と表示されるようになります。

-や空欄

CIC 入金状況 利用や請求が無いと-の記号が登録

-や空欄は、請求が無かった場合やクレジットカード会社が情報を更新しなかった場合です。

クレジットカードを利用していて支払もきっちりしているのに空欄ばかりで$の記号も付いていないと言う場合もあります。これは単にクレジットカード会社側が更新していないだけで、支払の遅れがった時だけAを登録しているというカード会社もたまにあります。

CIC 入金状況 カード会社によってはきちっと支払をしていれば空欄の場合も

スポンサードリンク

- 信用情報の基礎知識