信用情報にどこまでの情報が登録されている?その詳しい内容について

最終更新日:

信用情報にはどのような情報がどこまで登録されているのか気になる方もおられると思います。特に審査では信用情報の内容によって良い影響を与えたり悪い影響を与えたりします。

また、単純に信用情報ってどこまでの情報が取り扱われているのか不安という方もおられると思います。そんな信用情報機関で取り扱われている信用情報の詳細について解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

登録される主な3つの情報

クレジットカード会社等が加盟する信用情報機関に、個人信用情報が登録されるのは以下の3つの情報です。

  • 申込情報
  • 契約情報(クレジット情報)
  • 利用記録
情報の種類 内容
申込情報 個人の利用者がクレジットカードやローン等の申込みをした際に、信用情報機関の会員であるクレジットカード会社等が支払能力を調査するためにアクセスした情報。
契約情報
(クレジット情報)
個人の利用者がクレジットカード会社等と契約した内容や支払状況を示す情報
利用記録 クレジットカード会社等が個人の情報にアクセスした記録

例えば、クレジットカードに申込みをすると申込情報が登録されます。

また、カード会社は申込があると信用情報を照会し、申込情報や契約情報(クレジット情報)を確認し、どれくらいの契約をしているかや、支払いがきちっと行われているか、金融事故などは無いかをチェックします。カード会社が照会した場合には、利用記録として残るようになっています。

個人の趣味や思想などは信用情報には登録されない

次にそれぞれの情報の種類を詳しく紹介しますが、信用情報では客観的にその人個人の信用度が分かるようになっているだけです。

個人の趣味や思想などは分かりませんし登録することもできません。分割払いやローンを利用して買った商品は、ジャンルが表示される様になっており、電化製品、自動車、携帯電話といった表示のみで詳細までは分かりません。

申込情報の詳細

クレジットカード会社やローン会社などが申込みに応じて申込情報を登録します。主に、どのような人がどのような内容の申込みをしてきたか、だいたい分かるようになっています。

信用情報 申込情報
上の画像はCICの申込情報の見本です。必ず全ての項目が埋まっている訳ではなく、カード会社等が登録した情報のみが入力されています。携帯端末本体の分割なども同様にここに表示されます。

項目 内容
登録元会社 カード会社等の名称が表示
氏名
生年月日
郵便番号
電話番号
申込の際に入力又は記載した情報
照会日時 カード会社等がアクセスした日付や時間
照会区分 契約者か保証人かを示す情報
申込区分 クレジットカード等
個別割賦
リース
保証契約
無保証融資
保証融資
住宅ローン
契約予定額 予定限度額など
(0千円と表示されている場合もあり)
支払予定回数 支払の予定回数
商品名 キャッシング付、携帯電話、家電品なといった表示
数量・回数・機関 契約商品の数量や回数、期間があれば表示

クレジットカードの場合は、カード会社の名称、申込者が入力した氏名などの情報、カード等でキャッシングなどを付けるとキャッシング付きといった形で表示されます。

クレジットカードの審査に通るか不安だからといって短期間に何社にも申込みをすると、その分申込情報が登録されいわゆる申込ブラックと判断され審査に通らない可能性があります。

契約情報(クレジット情報)について

クレジットカード会社が加盟するCICの信用情報の場合、契約情報(クレジット情報)では以下のような情報が登録されています。

  • 属性
  • 契約内容
  • 支払状況
  • 入金状況
  • 割賦販売法の登録内容
  • 貸金業法の登録内容

信用情報 契約情報(クレジット情報)

契約情報(クレジット情報)では、その人の支払能力を確認することが可能です。契約状況や支払状況が分かる様になっており、金融事故なども分かる様になっています。

項目 内容
登録元会社名 クレジットカード会社など当該情報を登録した会社の名称
属性 属性はその個人の
・氏名、生年月日、住所
・勤務先、勤務先電話番号
・運転免許証等の公的資料
・配偶者名
などの情報が登録されています
契約内容 カード等でリボ払いの限度額などが表示されます
支払の状況 報告日や請求額、入金額、残債額などが表示されます
支払遅延、債務整理、代位弁済などがあれば異動情報として表示されます
割賦販売法の
登録内容
分割払いなど割賦販売法関連の残債額や年間請求予定額、遅延の有無が表示されます
貸金業法の
登録内容
キャッシング等の貸金業法に関連する残高、契約額や極度額、遅延の有無などが表示されます
入金状況 入金状況は$APといった記号で表示されています
遅れる事無くきちっと支払いをしていれば$マークが並んでいます
(基本的に1回払いの入金状況もここに表示されます)

各項目の詳細

属性

属性では、その人の生年月日や住所、勤務先、勤務先電話番号、配偶者名、運転免許証やパスポートなど本人確認した公的資料の情報などがあります。これらは申込時にその人が申告した情報です。

契約内容

クレジットカードならカード等と表示され、他にも携帯端末の分割払いなら個品割賦というような表示になり、どのような契約内容なのかがわかる様になっています。また、カード会社が設定した極度額も表示されています。

支払の状況

支払の状況では報告日時点の入金額、残債額、返済状況などの情報が表示されます。返済日より61日以上又は3ヶ月以上の支払遅延がある場合、返済できなくなり保証契約により保証履行された場合、裁判所が破産宣告した場合などは異動情報としてその日付などが表示されます。

割賦販売法の登録内容

分割払いで購入した場合にはここに残債額や、契約商品において1年間で支払うことが見込まれる金額などが表示されます。合わせて支払遅延などの情報もあれば表示されます。

貸金業法の登録内容

クレジットカードで言えばキャッシングを利用してお金を借りた場合、ここに残高や契約金額、極度額などの情報が表示されます。もちろん支払遅延などの情報もあれば表示されます。

入金状況

クレジットカード会社等からの毎月の請求に対して支払日の入金状況が記号で表示されます。これを見ると、その人の直近2年間の支払い状況を把握できるようになっています。記号は$やAといった記号でそれを見るとその月の支払状況が分かるようになっています。

契約情報(クレジット情報)は審査のポイントとなってくる

契約情報(クレジット情報)には様々な情報が登録されており、審査に影響を与えます。

当然ながら支払遅延の情報や入金状況が悪かったりすると審査に通る可能性が低くなります。また、$が並んでいると審査ではきちっと支払いのできる人と判断できるので良い印象があります。

また、それ以外にも割賦や貸金の利用状況も審査ではポイントとなってきます。年収に対して契約額が多かったり残債が多いといくら年収があっても支払能力が無いと判断される可能性もあります。

契約情報(クレジット情報)はブラックリストでは無い

この契約情報(クレジット情報)はブラックリストと言われる事もありますが、きちっとした支払いや利用状況など良い情報も把握できるので、ブラックリストと言うのは正確ではありません。

また、金融事故を起こした人がリストでまとめられているという事もありません。

スポンサードリンク

利用記録

利用記録は、CICなどの信用情報機関に加盟するカード会社等が、その情報に対してアクセスし照会した場合に記録が残るようになっています。

信用情報 利用記録

どの会員企業がいつどのような理由でアクセスしたのかが分かるようになっています。

見本では途上与信となっており、これは契約中に任意で入金状況などの確認が行われる与信で、他にも入会時やカード更新時にも与信審査は行われます。法定途上は貸金業法等で条件により国から義務付けられているものです。

利用目的には以下のような目的が表示されます。

利用目的 内容
消費者対応 本人からの開示請求による照会
新規再照会 申込み内容を再度確認するための照会
途上与信 契約中に会員企業が信用情報を確認するため照会
法定途上与信 貸金業法や割賦販売法の規定により契約中に会員企業が信用情報を確認するため照会
配偶者再照会 契約者本人の配偶者から同意を得た配偶者の情報を確認する照会
類似再照会 氏名や生年月日が一緒で電話番号が違う情報において本人を特定するための再照会

社員採用やDM送付などに利用はできない

信用情報機関の決まりとして、登録されている信用情報を社員採用や自社のDMなどの送付には利用できない決まりになっています。法的には規制はありませんが、信用情報機関では発覚すると企業側は加盟会員資格の停止や除名などの処分があります。

参考情報

信用情報 参考情報

他に参考情報というものもあり、登録されている本人が自己申告した情報、同様に日本貸金業協会に登録依頼をした貸金業協会依頼情報、電話帳に掲載されている情報が参考情報として存在します。

自己申告情報としては、住所や連絡先が変更されていない場合、運転免許証やパスポートなど本人確認書類の変更等、登録されている本人が申告した情報があります。

貸金業協会依頼情報については、本人又は親族が日本貸金業協会に貸付自粛の申告をした場合、その情報が協会から依頼され登録されます。

スポンサードリンク

- 信用情報の基礎知識