三井住友カードの海外旅行傷害保険の補償内容や条件、注意点など

最終更新日:

三井住友カードの海外旅行傷害保険の補償内容や条件、注意点など

三井住友カードのクレジットカードには、海外旅行において怪我や病気の治療をした場合や他人の財物に損害を与えてしまった場合など、万が一を補償してくれる海外旅行傷害保険が付いている場合があります。

補償内容や付帯条件などは三井住友カードの各カードの種類によって異なっており注意点などもあります。入会前や旅行前にはある程度の内容を把握していないといざと言う時に補償の対象外であったり補償されない場合もあります。

スポンサードリンク

三井住友カードの海外旅行傷害保険とは

三井住友カードの海外旅行傷害保険とは、海外旅行先での怪我や病気の治療費用や携行品の盗難や破損、他の第三者の財物を破損等して法律上の賠償責任を負った場合などに補償される保険です。

特に海外旅行では治療費などが日本とは異なり高額な場合があります。もちろん日本の健康保険は海外治療費という制度がありますので、帰国後に申請手続きをすることで一部治療費は払い戻されますが、携行品の盗難や他の人の財物を壊してしまい損害の賠償をしなければならなくなった場合などには保険が無ければ思わぬ出費に苦しむ事になる可能性があります。

海外治療費用は海外で受けた治療を日本国内の医療機関などで同じ治療をした場合にかかる治療費用を基準にして算出されます。海外と日本では治療方法や医療制度等がことなるので、海外の医療期間で実際に支払った額と、申請し支給される額が大きく異なる場合があります。
(海外での治療費用の方が低かった場合には低い方の費用が基準となります。)

どんな場合に補償の対象となる?

海外旅行傷害保険はどのクレジットカード会社もほとんど同じような補償内容となっています。三井住友カードの海外旅行傷害保険では以下のような場合に補償があります。

  • 怪我が原因で死亡した場合や後遺障害が残った場合
  • 海外旅行中に怪我をして現地で治療を受けた費用
  • 海外旅行中に病気にかかり現地で治療を受けた費用
  • 他人の財物などを破損等して法律上の賠償責任を負った場合の賠償費用
  • バックやカメラ、時計など持ち物が盗難又は破損等した場合の損害費用
  • 海外旅行中に怪我や死亡した場合に親族が救援のために支出した費用

※ それぞれ細かく保険金が支払われる条件や対象外となる事項が細かく決められています。

補償対象期間はどれくらい?

旅行開始期間から3ヶ月(旅行期間中含む)間が補償対象期間となっています。もし、90日以上の長期に渡って海外に滞在する場合には注意が必要です。

尚、利用付帯の場合も同じですが付帯条件の出国後に公共交通乗用具の利用代金を初めて支払った場合には、その時点(条件を満たした時点)から3ヶ月間が補償対象期間となります。

事前の手続きなどは不要

三井住友カードに付帯する海外旅行傷害保険は別途特別な手続きは必要ありません。旅行をする旨を伝える必要もありませんし保険の申込みや手続きなども不要です。

このサービスは、VJA(VISAジャパン協会)が保険の契約者となり、被保険者が三井住友カードのカード会員という契約となっています。

※ 利用付帯の場合は条件を満たす事で保険が付帯します。

保険金を請求する場合は連絡が必要

病気や怪我、賠償責任などで保険金を請求する場合には、必ずVJ保険デスクへ事故日から30日以内に連絡しなければなりません。そうしなければ保険金が支払われません。とにかく海外で保険対象となるトラブル等が発生した場合にはVJ保険デスクへ連絡をしておくと良いです。

家族特約

家族特約が付いている三井住友カードの場合、本会員の家族が補償の対象となる特約で、対象となる家族は本会員のクレジットカードで決済していなくても家族特約が自動付帯となります。(クラシックカードなど一般カードには家族特約は付帯していません)

カードの種類 対象の範囲
エグゼクティブカード
プライムゴールドカード
ゴールドカード
本会員と生計を共にする19歳未満の同居の親族
本会員と生計を共にする19歳未満の別居の未婚の子
プラチナカード 本会員の配偶者
本会員と生計を共にする同居の親族
本会員と生計を共にする別居の未婚の子

基本的には本会員と生計を共にしている事が条件となっており、対象の家族が仕事をして自分で稼いでいる場合には対象外となります。プラチナカードになると配偶者も対象となり、また年齢条件もなくなり対象範囲が広くなっています。

三井住友カードの種類別保険金額

保険金額については、三井住友カードに限らず、記載されている額が満額支払われる訳ではありません。あくまでも最大の金額や限度の額であり、実際に支払われる保険金額はかかった費用であったり、怪我の程度、手術の種類、過失の度合いなど、さまざまな要素で変わってきます。

また、三井住友カードの全てのクレジットカードに海外旅行傷害保険が付帯している訳ではありませんので注意が必要です。

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカードには国内・海外旅行障害保険が付帯していません。

三井住友VISAクラシックカード

三井住友クラシックカード

担保項目 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害治療費用
(1事故の限度額)
50万円
疾病治療費用
(1疾病の限度額)
50万円
賠償責任
(1事故の限度額)
2,000万円
携行品損害
(1旅行中かつ年間の限度額)
15万円
(自己負担額:1事故3,000円)
救援者費用
(年間の限度額)
100万円

最もスタンダードな三井住友VISAクラシックカードの場合、海外旅行傷害保険は全ての項目において利用付帯となっています。事前に旅費等をクラシックカードで決済していることで保険が付帯しますので、旅費等を現金や別クレジットカードで支払っていた場合には海外旅行傷害保険が付帯しません。

  • 日本出国前に航空機、電車、船舶、バス等の公共交通乗用具の利用代金を決済した場合
  • 日本出国前に宿泊を伴う募集型企画旅行の旅行代金を決済した場合
  • 日本出国後に公共交通乗用具の利用代金をその旅行で初めて決済した場合

これらのいずれかを満たせばクラシックカードに海外旅行傷害保険が付帯します。尚、旅行代金を事前に決済していなくても、現地で鉄道やバスなどの公共交通乗用具の支払をクラシックカードで行えば、その時点から海外旅行傷害保険が付帯します。

三井住友VISAクラシックカードA /
三井住友VISAアミティエカード

三井住友アミティエカード

三井住友VISAクラシックカードAとアミティエカードは同じ保険金額となっています。

担保項目 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
(自動付帯:300万円/利用付帯:1,700万円)
傷害治療費用
(1事故の限度額)
100万円
疾病治療費用
(1疾病の限度額)
100万円
賠償責任
(1事故の限度額)
2,500万円
携行品損害
(1旅行中かつ年間の限度額)
20万円
(自己負担額:1事故3,000円)
救援者費用
(年間の限度額)
150万円

※ 傷害死亡・後遺障害以外の項目は全て自動付帯。

クラシックカードと比較すると治療費用などが若干アップしています。尚、傷害死亡・後遺障害の項目のみ自動付帯と利用付帯で金額が異なります。事前に旅費等を支払っていないと300万円が最高となり、事前に旅費等を支払っていると最高の2,000万円が限度となります。

三井住友VISAエグゼクティブカード

三井住友エグゼクティブカード

担保項目 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高3,000万円
(自動付帯:500万円/利用付帯:2,500万円)
傷害治療費用
(1事故の限度額)
100万円
疾病治療費用
(1疾病の限度額)
100万円
賠償責任
(1事故の限度額)
4,000万円
携行品損害
(1旅行中かつ年間の限度額)
25万円
(自己負担額:1事故3,000円)
救援者費用
(年間の限度額)
150万円

※ 傷害死亡・後遺障害以外の項目は全て自動付帯。

エグゼクティブカードの場合、クラシックAやアミティエよりも傷害死亡や賠償責任などの項目が若干上がっています。こちらも傷害死亡・後遺障害の項目のみ自動付帯と利用付帯で金額が異なります。

エグゼクティブカードの家族特約

エグゼクティブカードの家族特約は全ての項目が自動付帯です。

担保項目 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用
(1事故の限度額)
50万円
疾病治療費用
(1疾病の限度額)
50万円
賠償責任
(1事故の限度額)
2,000万円
携行品損害
(1旅行中かつ年間の限度額)
15万円
(自己負担額:1事故3,000円)
救援者費用
(年間の限度額)
100万円

※ 全て自動付帯。

三井住友VISAプライムゴールドカード /
三井住友VISAゴールドカード

三井住友ゴールドカード

担保項目 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高5,000万円
(自動付帯:1,000万円/利用付帯:4,000万円)
傷害治療費用
(1事故の限度額)
300万円
疾病治療費用
(1疾病の限度額)
300万円
賠償責任
(1事故の限度額)
5,000万円
携行品損害
(1旅行中かつ年間の限度額)
50万円
(自己負担額:1事故3,000円)
救援者費用
(年間の限度額)
500万円

※ 傷害死亡・後遺障害以外の項目は全て自動付帯。

ゴールドカードともなると、保険金額もそれなりに高くなっています。

ゴールドカードの家族特約

プライムゴールド及びゴールドカードの家族特約の保険金額は、本会員よりも低いですが全ての項目が自動付帯となっています。

担保項目 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高1,000万円
傷害治療費用
(1事故の限度額)
200万円
疾病治療費用
(1疾病の限度額)
200万円
賠償責任
(1事故の限度額)
2,000万円
携行品損害
(1旅行中かつ年間の限度額)
50万円
(自己負担額:1事故3,000円)
救援者費用
(年間の限度額)
200万円

※ 全て自動付帯。

三井住友VISAプラチナカード

三井住友プラチナカード

担保項目 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高1億円
傷害治療費用
(1事故の限度額)
500万円
疾病治療費用
(1疾病の限度額)
500万円
賠償責任
(1事故の限度額)
1億円
携行品損害
(1旅行中かつ年間の限度額)
100万円
(自己負担額:1事故3,000円)
救援者費用
(年間の限度額)
1,000万円

※ 全ての項目において自動付帯。

プラチナカードの場合、全ての担保項目において自動付帯となっており、プラチナカードでの決済の有無に関わらず海外旅行傷害保険が付帯しています。また保険金額も傷害死亡や賠償責任では最高1億円となっており、万が一の際でも安心です。

プラチナカードの家族特約

プラチナカードの家族特約の保険金額は、本会員よりも低いですが全ての項目が自動付帯となっています。

担保項目 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高1億円
傷害治療費用
(1事故の限度額)
500万円
疾病治療費用
(1疾病の限度額)
500万円
賠償責任
(1事故の限度額)
1億円
携行品損害
(1旅行中かつ年間の限度額)
100万円
(自己負担額:1事故3,000円)
救援者費用
(年間の限度額)
1,000万円

※ 全ての項目において自動付帯。

プラチナカードの家族特約の場合は、他のクラスの家族特約とは異なり本会員と同じ保険金額になっておりとてもお得です。

海外旅行中でトラブルにより保険請求金する場合

三井住友カードに海外旅行傷害保険が付帯している場合に海外旅行中に怪我などのトラブルに遭った場合、状況に応じた対処方法があります。基本的に保険金を請求する場合にはVJ保険デスクへの速やかな連絡が必須です。

医療サービスが必要な場合には海外緊急アシスタンスサービスが利用でき、医療関連などのトラブルに対応してもらえます。合わせて保険金請求のためにVJ保険デスクへの連絡も必要になります。

また他人の財物を破損等して損害賠償を求められた場合、言語が分からないまま安易に話をすすめると危険ですので注意する必要があります。よく分からないままサインをしたり、示談金額を勝手に当事者同士で決めてしまうと保険金は支払われません。こちらもVJ保険デスクへ連絡をし、状況に応じて海外緊急アシスタンスサービスを利用するのが良いです。

海外緊急アシスタンスサービス

海外緊急アシスタンスサービスは三井住友カード会員(本会員及び家族会員)で、海外旅行傷害保険が付帯されている場合に利用できるサービスで、怪我や病気などのトラブルに電話で対応してもらえます。

怪我をしたけど医療機関がよく分からないといった場合に海外緊急アシスタンスサービスへ電話をすれば対応してもらえます。(連絡の際は手元に対象の三井住友カードが必要)

サービスは状況にもよりますが主に以下のようなものがあります。

  • 医師や医療施設の紹介や案内
  • 医療費キャッシュレスサービス
  • 患者の医療施設への移送
  • 患者の本国への移送
  • 現地での医師や医薬品類の緊急派遣
  • 通訳の紹介や手配
  • 亡くなった場合の本国への遺体の移送又は現地での埋葬
  • 救援者の渡航及び宿泊手配
  • 遭難した場合の捜索や救助
  • 弁護士の紹介や手配

かかる費用は実費ですが、基本的に海外旅行傷害保険で補償される金額までは保険金として精算され、万が一かかった費用が保険金額を超えた場合は自己負担が必要となり、保険の対象外の項目に関してはぞのまま実費とアシスタンスサービスの手数料が発生する形になります。

また、アシスタンスサービスはあくまでもサポート的な形ですので、カード付帯の保険を利用する場合はVJ保険デスクへの連絡も必要となります。

この緊急アシスタンスサービスは三井住友海上が提供するもので、旅行先の国や地域によって連絡先が異なります。また、サービスは三井住友海上が提携するAXAアシスタンス、プレステージ・インターナショナルと提携して提供されるサービスとなります。

VJ保険デスク

VJ保険デスクは三井住友カードの保険関連全般の窓口となっており、保険に関する疑問などの問い合わせからトラブル発生の連絡先、そして保険金請求などもこのVJ保険デスクへとなっています。

保険金を請求する場合、事故日より30日以内にVJ保険デスクへ連絡する必要があります

VJ保険デスクは国内からと海外からで電話番号が異なります。また、海外の場合はコレクトコールを利用して連絡する形になります。

保険金請求には書類が必要

保険金を請求する際には保険金の種類に応じて提出する必要がある書類があり、これがなければ保険金は支払われません。注意したいのは現地で必要な書類をもらい忘れてしまわないようにしなければなりません。

治療を受けた場合には治療を受けた医療期間の医師の診断書や治療費の明細・領収書などが必要となり、携行品損害や賠償責任では現地警察の事故証明書が必要になったりします。これらトラブルが発生した現地で発行してもらう必要のある書類は帰国後に手配は難しいので注意が必要です。

また、賠償請求などで示談をする場合、カード付帯保険を利用するなら示談金額や内容は勝手に当事者同士で決められません。自分が賠償金を支払うのなら自分の納得する金額で示談交渉できますが、保険金から支払う場合には自分が支払う訳では無いので勝手に示談金額を決めてしまうと保険会社は保険金を支払ってくれませんので注意が必要です。

必要書類は状況によっては不要な場合もありますが、いずれにしてもVJ保険デスクでどのような書類が必要になるのかしっかり確認してそろえる必要があります。

デュアル発行していても保険金額が倍になるわけでは無い

三井住友カードの一部クレジットカードは、VISAブランドとMasterCardブランドの2枚を年会費をお得にデュアル発行が可能な場合があります。単純にクレジットカードが2枚あるので、それぞれに海外旅行傷害保険が付帯しているとイメージするかもしれませんが、デュアル発行していても保険金額が倍になったりはしません。

例えば三井住友ゴールドカードをVISA、MasterCardのデュアル発行をしていて治療費用を請求しても上限は300万円です。2枚あるからといって600万円が上限にはなりません。

スポンサードリンク

- 三井住友カード