三井住友カードの作り方「入会方法や申込手続の種類、流れなど」

最終更新日:

三井住友カードのクレジットカードの作り方は基本的に3種類の方法があり、20歳以上の方であればインターネットで簡単に申込み手続きができ、最短で1週間程度で自宅に届く仕組みになっています。本人確認書類の提出やカード利用代金の引落口座もネットでできます。

スポンサードリンク

三井住友カードに申し込む方法

三井住友カードの申込方法には主に以下の3つのパターンがあります。

  • インターネットからの申込み(らくらく発行)
  • インターネットで申込み、郵送で手続き
  • 郵送で申込手続き

最も簡単でスピーディーなのがPCやスマホなどでインターネットから申込み、口座設定をする方法(らくらく発行)です。申込み手続きから口座設定までネット上で完結させられるのでとても便利です。

ただ、全ての人がインターネットのみで郵送書類が不要かというとそうではありません。例えば、未成年者の方は民法上では制限行為能力者となり単独では法律行為を行うことができないので、必ず親権者の同意が必要になるのでらくらく発行は利用できず別途書面での手続きが必要となります。

また、クレジットだけでなくお金を借りるキャッシング枠も希望する場合には別途収入を証明する書類の提出が必要だったりしますので、この場合も書類郵送が発生するとその分、自宅に届くまでに日数が必要となります。

らくらく発行 約1週間程度
インターネット+郵送 約3週間程度
郵送 約3~4週間程度

三井住友カードの申込みで必要なもの

申込者によって必要な書類などは変わってきますが基本的には本人を確認するための運転免許証と、カード利用代金の引落口座さえわかればOKです。

  • 本人確認書類
    (運転免許証、パスポート、住民票の写し、等)
  • カード利用代金の引落口座

基本的にはこの2点があれば申込みが可能です。インターネット申込みの場合、本人確認書類はあらかじめスマホなどで運転免許を撮影しておき、インターネットから画像を三井住友カード側へアップロードする形になります。カード利用代金の引落口座に関してはたいていの金融機関に対応しており、これもネット上で簡単に設定ができます。

キャッシング枠を希望する場合

キャッシング枠を希望する場合、給与支払明細(直近2ヶ月)や確定申告書、納税通知書など年収を証明する書類が必要となる場合があります。

  • 申込みの際の借入希望枠と他社の貸金業者を含めた借入残高の合算が100万円を超える場合
  • 三井住友カードのローン残高と今持っているカードのキャッシング利用枠、又は今回借入希望枠の合計が50万円を超える場合

上記2点のいずれかに該当する場合は、後日年収を証明する書類の提出の連絡があります。キャッシングはお金を借りるもので、クレジットとは別に貸金業法に基づいた審査があります。貸金業法では総量規制があり、貸付は原則年収の3分の1までに制限されている為、法律に基づいて必ず申込者の信用情報がチェックされます。

最も早い「インターネット申込み(らくらく発行)」

三井住友カードを手にするまで最もスピーディーなのが、インターネットから申込んでそのまま口座設定まで行うらくらく発行です。最短3営業日発行で自宅に届くまで約1週間程度です。(19:30以降の申込みは翌日扱いで最短3営業日はできません)

※ 申込む時間や審査の混雑状況によって届くタイミングが変わる可能性があります。

(VIA:三井住友カードQ&A)

らくらく発行は利用できる条件

  • 20歳以上
  • オンラインで引落設定できる金融機関口座を持っている
  • キャッシング枠を希望しない又は年収を証明する書類の提出が不要
  • 顔写真入りICカードを希望しない
  • 25歳未満の学生でPiTaPaカードを同時に申し込まない

とまあこんな感じの条件があります。20歳以上の社会人の方で一般的な金融機関に口座があり、顔写真入りのクレジットカードを希望しない限り普通にらくらく発行が利用できます。

キャッシング枠やETCカード、家族カードなど追加カードは後からでも申込みできますので、とにかく早くクレジットカードが欲しいという方にはインターネットで手続きが完了するらくらく発行がおすすめです。

らくらく発行の申込みから届くまでの流れ

  1. 三井住友カードのWEBサイトから希望するカードを選択し申込みボタンを選択
  2. 会員規約や個人情報取扱に関する情報を確認し、同意を選択
  3. 申込フォームに必要事項を入力し手続きを行う
    (引落口座の設定もそのままの流れで金融機関や支店、通帳番号等を入力するだけですので特に難しくはありません)
  4. 申込み情報を元に審査が行われ最短3営業日でカードが発行
  5. 簡易書留にて自宅にカードが届く

申込フォールでは、名前や生年月日、住所などの基本情報の入力、勤務先情報、引落を希望する金融機関の口座、運転免許証の有無などを入力していきます。

マイ・ペイすリボ(フレックス払い)を利用するかの選択もありますが、後から申込みできるのですぐにマイ・ペイすリボに申し込まなくてもOKです。他にも、電子マネーのiDやバーチャルカード、PiTaPaなどの追加カードを申込むかの選択もありますが、これらも後からでも申込みは可能です。

※ ETCカード、家族カード、電子マネーなどは後からでも申込みが可能です。但し、顔写真付きICカードを希望の場合はらくらく発行は利用できません。
※ 主要なカードはたいていらくらく発行に対応していますが、一部の三井住友カードは対応していないものもあります。

らくらく発行対応の主な金融機関

らくらく発行に対応する主な金融機関には以下のようなものがあります。

都市銀行 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、りそな銀行
ゆうちょ
ネット専業
ゆうちょ銀行、ソニー銀行、住信SBIネット銀行、イオン銀行
地銀
(北海道・東北)
北海道銀行、青森銀行、みちのく銀行、秋田銀行、北都銀行、荘内銀行、山形銀行、岩手銀行、東北銀行、七十七銀行、東邦銀行、北洋銀行、北日本銀行、大東銀行、仙台銀行
地銀
(関東)
群馬銀行、足利銀行、常陽銀行、筑波銀行、武蔵野銀行、千葉銀行、千葉興業銀行、きらぼし銀行、横浜銀行、栃木銀行、京葉銀行
地銀
(甲信越)
第四銀行、北越銀行、山梨中央銀行、八十二銀行、北陸銀行、富山銀行、北國銀行、大光銀行、長野銀行
地銀
(中部)
静岡銀行、スルガ銀行、清水銀行、大垣共立銀行、十六銀行、静岡中央銀行、中京銀行
地銀
(近畿)
滋賀銀行、京都銀行、近畿大阪銀行、池田泉州銀行、紀陽銀行、但馬銀行、福邦銀行、みなと銀行
地銀
(中国・四国)
山陽合同銀行、中国銀行、広島銀行、山口銀行、阿波銀行、百十四銀行、伊予銀行、四国銀行、トマト銀行、もみじ銀行、徳島銀行、香川銀行、愛媛銀行、高知銀行
地銀
(九州)
福岡銀行、筑邦銀行、佐賀銀行、十八銀行、親和銀行、大分銀行、宮崎銀行、鹿児島銀行、西日本シティ銀行、北九州銀行、熊本銀行

※ 基本的に引落口座設定は24時間できますが、銀行側のシステムメンテナンス時や一部金融機関ではサービス時間が決まっていて利用できない時間帯がある場合があります。

らくらく発行の注意点

以下の場合はらくらく発行であっても最短3営業日の発行ができないので注意が必要です。

  • 19:30以降の申込みの場合は翌営業日扱いとなり最短3営業日での発行はできない
  • 交通系IC機能付きカードを申込みの場合
  • キャッシング枠を希望する場合で、申込みの際にキャッシング契約内容をインターネット上で確認・保存されない場合
    (この場合最短5営業日かかります)
  • 申込みに不備があった場合

キャッシング枠の契約内容は、申込み手続きの中で契約内容をダウンロードできますが、それができない場合には郵送となりそれからのカード発行となるので最短5営業日かかります。キャッシング枠を希望しなければ関係ありません。

インターネット+郵送での申込み

インターネット+郵送での申込みは、インターネットで申込手続きを行い、後日三井住友カードから申込書類が届くので必要事項を記入したり必要書類を提出する申込方法です。全ての手続きをインターネットでできるわけでは無いので、らくらく発行よりもカード発行や自宅に届くまで約3週間程度必要となります。

(VIA:三井住友カードQ&A)

  • 18~19歳の親権者の同意が必要な未成年者の人
  • オンライン口座設定に対応していない金融機関口座を持っている人
  • 顔写真入りICカードを希望する人
  • 25歳未満の学生でPiTaPaカードを希望する場合
  • キャッシングを同時に希望し、年収を証明する書類が必要な人

インターネット+郵送の申込みから届くまでの流れ

  1. 三井住友カードのWEBサイトから希望するカードを選択し申込みボタンを選択
  2. 会員規約や個人情報取扱に関する情報を確認し、同意を選択
  3. 申込フォームに必要事項を入力し手続きを行う
  4. 申込みに必要な書類が届くので必要事項の記入や必要書類を添付等して返送
  5. 申込み内容を元に審査が行われカードが発行
  6. 簡易書留で自宅に届く

インターネット+郵送の場合は、郵送の時間もありますのでスムーズに進んでも自宅に届くまでに約3週間程度かかります。

郵送での申込み

郵送は記入したり届くまでに時間がかかるので、最近ではインターネットで簡単に申込手続きできるのですが、三井住友カードに資料請求したり店舗に設置されている申込書などから郵送で申込みができます。

特別な理由がない限りは手間のかかる郵送での申込みにメリットはあまり無く、インターネットでのらくらく発行の方がスムーズですし楽です。

三井住友カードは電話での在籍確認はある?

一般的なクレジットカードやカードローンの審査同様に、三井住友カードでも在籍確認が行われる場合があります。

この在籍確認は、申込みで申告した勤務先に間違いなく勤めているかを電話で確認されるもので、申込時に入力した勤務先番号にかかります。営業職など外回りが多い場合や離席している場合でも問題はなく、他の社員さんが出てもOKです。

他の社員さんが出た場合には、申込者がその会社に在籍しているのかわかればOKとなりますので、「○○さんおられますか?」「只今外出しております」でも在籍していると判断は可能です。根掘り葉掘りどんな人ですか?なんて聞かれる事はありません。

あらかじめ自分の部署の人に「カード申し込んだのでもしかしたらそういう電話あるかも知れませんのでよろしく」といった感じで伝えといても良いかも知れません。

在籍確認がない場合もある

他社のクレジットカードを持っていて信用情報機関に信用情報が登録されている場合で、勤務先や電話番号、免許証番号など申込情報と差異がない場合には在籍確認が行われない場合もあります。

もし、信用情報に登録されている情報と異なる勤務先などであった場合には在籍確認が行われます。

入会審査状況の確認

三井住友カードでは、入会審査状況を照会できるサービスが提供されており、審査状況照会ページで確認ができます。

審査状況照会(三井住友カード)

上記三井住友カードのページで、申込み番号、生年月日、申込時の電話番号を入力することで入会審査状況や審査結果が照会できます。

三井住友カードの審査結果の連絡

入会審査状況の確認の他に、インターネットで申込みをした場合にはメールでも連絡があります。但し、入会できない場合には郵送での連絡となります。

スポンサードリンク

- 三井住友カードの作り方