三井住友カードの主な種類の年会費や割引条件など

最終更新日:

三井住友カードは通常は年会費が発生するクレジットカードですが年会費割引のサービスが用意されており、条件を満たすことで年会費の割引が適用されより安くお得に三井住友カードを持つことができます。

スポンサードリンク

三井住友カードの発行する主なクレジットカードの年会費(本会員)

三井住友カードの場合、一般カードからゴールドカードまで条件を満たす事で年会費の割引優遇があります。また、インターネット申込みで初年度年会費が無料になるカードが多いので申込書を書いて郵送で手続きするよりもネット申込みがお得です。

クレジットカードの名称 通常年会費
(割引最大適用)
三井住友VISAデビュープラスカード 1,250円+税*
(無料)
三井住友VISAクラシックカード 1,250円+税*
(無料)
三井住友VISAクラシックカードA 1,500円+税*
(無料)
三井住友VISAアミティエカード 1,250円+税*
(無料)
三井住友VISAエグゼクティブカード 3,000円+税*
(1,000円+税)
三井住友VISAプライムゴールドカード 5,000円+税*
(1,500円+税)
三井住友VISAゴールドカード 10,000円+税*
(4,000円+税)
三井住友VISAプラチナカード 50,000円+税
(割引無し)
三井住友VISAデビュープラスカード(学生) 1,250円+税*
(無料)
三井住友VISAクラシックカード(学生)
三井住友VISAアミティエカード(学生)
在学中無料
三井住友VISAクラシックカードA 250円+税*

※*印のカードはインターネット申込みなら初年度年会費は無料。
※デビュープラスカードなど一部を除いてMasterCardブランドもあります。

三井住友カードのデュアル発行の年会費(VISAとMasterCardの2枚持ち)

三井住友カードはデビュープラスカードなど一部を除いてVISAブランドとMasterCardブランドの両方を発行し持つことができます。

2枚持つということはそれぞれ年会費がかかる訳ですが、2枚目の年会費は優遇され通常よりも安く持つことができます。

クレジットカードの名称 通常年会費
三井住友VISAクラシックカード 250円+税
三井住友VISAクラシックカードA 250円+税
三井住友VISAアミティエカード 250円+税
三井住友VISAエグゼクティブカード 500円+税
三井住友VISAプライムゴールドカード 1,000円+税
三井住友VISAゴールドカード 2,000円+税
三井住友VISAプラチナカード 5,000円+税
三井住友VISAクラシックカード(学生)
三井住友VISAアミティエカード(学生)
在学中無料
三井住友VISAクラシックカードA 250円+税*

※*印は初年度年会費無料。
※ デビュープラスカードはVISAブランドのみ。

三井住友カードの家族カードの年会費

三井住友カードの家族カードの年会費はゴールドカードの場合優遇されており、1人目は無料で持つことができるようになっています。やはりそれなりの利用が見込めるからといった所でしょうか。

特にゴールドカードの家族カードの年会費はとてもお得になっており、1人目は無料、2人目以降も1,000円+税となっており、ゴールドカードの家族会員はお得にゴールドカードを持つことができます。

クレジットカードの名称 年会費
三井住友VISAデビュープラスカード 400円+税
三井住友VISAクラシックカード 400円+税
三井住友VISAクラシックカードA 550円+税
三井住友VISAアミティエカード 400円+税
三井住友VISAエグゼクティブカード 250円+税
三井住友VISAプライムゴールドカード 1人目無料
2人目から1,000円+税
三井住友VISAゴールドカード 1人目無料
2人目から1,000円+税
三井住友VISAプラチナカード 無料
三井住友VISAデビュープラスカード(学生)
三井住友VISAクラシックカード(学生) 在学中無料
(配偶者のみ)
三井住友VISAアミティエカード(学生)
三井住友VISAクラシックカードA 125円+税
(配偶者のみ)

※ 本会員が学生の場合は家族カードは配偶者のみ対象で親などは対象外となっています。
※ 家族カードの請求やポイントなどは本会員宛となります。

家族カードのデュアル発行の場合の年会費

三井住友カードの場合、家族カードもデュアル発行に対応しています。この年会費はVISA、MasterCardの両ブランド2枚の年会費です。2枚でこの年会費となっています。

クレジットカードの名称 年会費
三井住友VISAクラシックカード 650円+税
三井住友VISAクラシックカードA 800円+税
三井住友VISAアミティエカード 650円+税
三井住友VISAエグゼクティブカード 500円+税
三井住友VISAプライムゴールドカード 1人目無料
2人目から2,000円+税
三井住友VISAゴールドカード 1人目無料
2人目から2,000円+税
三井住友VISAプラチナカード 無料
三井住友VISAクラシックカード(学生) 在学中無料
(配偶者のみ)
三井住友VISAアミティエカード(学生)
三井住友VISAクラシックカードA 250円+税
(配偶者のみ)

※ 本会員が学生の場合は家族カードは配偶者のみ対象で親などは対象外となっています。

三井住友カードの年会費割引の種類や条件など

三井住友カードの年会費割引には主に3つの種類があります。

  • WEB明細書サービスの利用割引
  • マイ・ペイすリボ申込み+利用の割引
  • 前年度のカード利用額に応じた割引

それぞれの割引には所定の条件があり、それを満たすことで割引が適用されます。また、WEB明細書サービスの割引は、他の2つの割引のどちらかと組み合わせて適用が可能となっています。

WEB明細書サービスの割引 明細書を紙ではなくWEB明細書にした場合の割引
(過去1年間で6回以上の請求がある事が条件)
マイ・ペイすリボの登録・利用割引 初回手数料無料のリボ払い(フレックス払い)「マイ・ペイすリボ」に申込み(登録)し、
前年1回以上の利用があった場合
前年度のカード利用額に応じた割引 前年度(前年2月~当年1月のサイクル)で、年間100万円以上からが割引の対象

※ 「マイ・ペイすリボの登録・利用割引」と「前年度カード利用額に応じた割引」は重複適用されず、どちらか一方の割引率の高い方が適用されます。

三井住友VISAデビュープラスカードは、前年1回のクレジットカード利用があれば年会費が無料になります。

WEB明細書サービスの利用割引

WEB明細書の割引サービスは、三井住友カードの種類によって割引額が異なります。ゴールドカードなど上位カードの方が割引が多くなっています。

カードの種類 割引額
三井住友VISAプライムゴールドカード
三井住友VISAゴールドカード
三井住友VISAプラチナカード
1,000円+税の割引
三井住友VISAクラシックカード
三井住友VISAクラシックカードA
三井住友VISAアミティエカード
三井住友VISAエグゼクティブカード
など
500円+税の割引

マイ・ペイすリボ申込み(登録)+利用の割引

マイ・ペイすリボへ申込み(登録)して、年1回以上利用していれば翌年度の年会費が無料又は半額になります。

WEB明細書の割引と重複して割引を適用させることができ、特にプライムゴールドカードやゴールドカードで重複適用させることによって最大限年会費を抑えることができます。(前年度のカード利用額に応じた割引とは重複されず、どちらか割引率の高い方が適用されます)

カードの種類 割引額
三井住友VISAエグゼクティブカード
三井住友VISAプライムゴールドカード
三井住友VISAゴールドカード
年会費が半額
三井住友VISAクラシックカード
三井住友VISAクラシックカードA
三井住友VISAアミティエカード
年会費が無料

※ プラチナカードは対象外。

マイ・ペイすリボに登録すると、ショッピング1回払いが自動的にリボ払いとなり、レジで1回払いと伝えても自動的にリボ払いとなります。ただ、通常のリボ払いとは異なり、初回の支払はリボ払い手数料が無料となるいわゆるフレックス払いとなっています。

毎回の支払額は設定が可能で、1回で支払い切る額に設定していれば次月に繰り越す事なく手数料も発生させないようにすることは可能です。

前年度のカード利用額に応じた割引

三井住友カードで支払をした年間利用額に応じて次回年会費の割引が受けられます。対象期間は前年2月~当年1月に支払をした買物累計金額になります。この割引もWEB明細書の割引と重複して割引を適用させることができますが、マイ・ペイすリボの割引とは重複適用されず、どちらか割引率の高い方が適用されます。

前年度のカード利用額の割引は、年間100万円以上の利用からが対象です。三井住友カードをメインカードに様々な支払いを10万円近く毎月していれば対象となってきますが、たまにしか使わないというような場合この割引は難しくなります。

カードの種類 100万円以上
300万円未満
300万円以上
三井住友VISAプライムゴールドカード
三井住友VISAゴールドカード
20%割引 半額
三井住友VISAエグゼクティブカード 25%割引 半額
三井住友VISAクラシックカード
三井住友VISAクラシックカードA
三井住友VISAアミティエカード
半額 無料

※ プラチナカードは対象外。

おわりに

三井住友カードは条件を満たして年会費割引の適用を受ける事で年間のカード維持費を低く抑えることが可能となります。

特に30歳以上の大人向けのゴールドカードは、年会費割引を最大限適用させると4,000円+税、20代向けのプライムゴールドカードは1,500円+税となりとてもお得にゴールドカードを持つことができます。

もちろんクラシックなど一般カードは最大割引で年会費が無料となるのでこちらもお得です。

ただ、年会費割引を最大限適用させるには、WEB明細書サービスとマイ・ペイすリボの割引か年間利用額の割引を適用させる必要があります。マイ・ペイすリボの割引に関しては、全ての1回払いがリボ払いとなり、毎月の支払額を多めに設定しておかないと翌月に残高を繰越てしまいリボ払い手数料が発生する場合もあります。

また、年間利用額に応じた割引は100万円以上の利用から対象になってきますが、一番高い割引率を適用させる場合には年間300万円以上の利用実績が必要となりますので注意が必要です。

25歳未満の方であれば三井住友VISAデビュープラスカードがおすすめです。こちらの場合、年1回でもクレジットカード払いを利用していれば翌年の年会費が無料となり、簡単に年会費割引の条件を達成することができます。

スポンサードリンク

- 三井住友カード